2005.05.30

ミッキー様GJぉおおぶ(*´ヮ`)!

ミッキー様GJぉおおぶ(*´ヮ`)!

「ああ──」

 と、女王はばつがわるそうな表情で、一同を省み、アルヴァレスの方へ半歩体を開いた。

「皆にも紹介します。此方の騎士殿が、グラスミアの郷下で、帝国軍の暴虐から私を救い出してくれた勇者です。彼は私の為に乱刃を冒して血路を斬り開いてくれたのです」

 そのことばで、広間に集う騎士らは、まだ見ぬ白騎士の武勇に嗟嘆した。
「飛箭が降り注ぐ中、彼は左手に私を護り、右手に剣を揮い、雷霆で一撃するように幾多のフランドル聖騎士を討ち退け、群がる暴兵をちぎっては投げちぎっては投げ…」

 女王は手振りを交え、迫力をこめて白騎士の活躍を説明しはじめた。
 女王の物語りは決して下手ではなかったので、一同はその都度、驚嘆したり拍手をしたりと、大いに盛り上がった。
 ──一方、話題の白騎士の方は、唖然とした顔で女王を眺めている。
 少なくとも彼の記憶とは、まるで話が違うからだ。
 そもそも女王はウィンダミア湖畔に至る間まで、気絶をしていたのではなかったか。
 しかしアルヴァレスが、物言いたげに女王の美しい貌へ視線を投げかけるたび、女王は怖い顔をして白騎士を黙らせるのである。
     (第一話 ランカスター城 より)

↑↑↑↑
本文込みで再掲載~ヽ(´∀`)ノ
ああああああ!素敵な口絵ありがとうございますーっ!
なんか私のへもっちょい文章が、なんだかいっぱしの小説に見える(*´ヮ`)
キルやぼのメインとなるであろう、口絵集コーナー、こんなカンジで盛り上がればいいな~。絵師さんもSS書きさんも、一緒に楽しんでくれるかな? かな?

…先日の私のクソ長い分みたいなのは、おそらく絵がつかないまま下へ沈んでいくんだろうな(;´Д`)

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)