2007.06.04

(((‘; , ゚ω。)))ノ

(゚∀゚;) なんか忙しい自慢とか病気自慢って、メンタル的にアレな日記っぽくて避けたいのだけど、私の場合自慢半分・言い訳半分なので我慢して聴いてくれい。

状況はと言うと、まあここ二週間ほど仕事大量にぶち込まれて、外注に振るタイミングを逸した結果、とりあえず過労でぶっ倒れました(゚∀。)疲労のあまり風邪を引く、ってのはあったけど、今回は私にとっても初めてのオーバーワークダウン。貴重な体験でした…。

アレですね、過労の怖いところは、快復しようとしまいと、仕事の締め切りが迫って来るという恐怖。熱が40度ちょいあろうが血痰を吐こうが、誰も代わってくれないのです。自分でやるしかないのですねい…。土曜午前の診断は合併を伴う急性胃炎。営業が言ったとおり、病院は即転院・入院の手配までしてくれましたが、断ってその足で帰社(`・ω・´) 仕事あるしね。土曜、つまり昨日の夜なのだけど、熱さまシートつけて働いてた私が、とうとう椅子から転げ落ちて(寝てしまったらしい)ダウン。その場にいた営業部長(私の組版の仕事分担してくれてた)が、まだ終電ある時間だからって、強く帰るのを薦めてくれた。んで、久々に家のベッドでぐっすり寝ようってんで、仕事一式を自宅に持って帰る。帰った時点で、40度越してたので恒例の記念カキコしようと思ったら携帯会社忘れた。 →白い悪魔(座薬)投入。 うどんげに蹂躙される素敵な夢を見る。朝、35度という冗談みたいな体温。体温計の故障と思われるが、平癒なのだろう。仕事開始。

昼、ふたたび38度台。うどんげに治して貰う。夕方仕事再開。

現在、最後のチェックが終わり、明日に備えて寝る直前。

こんなかんじ( ´ー`)y-~~。明日からがんばるよー。まあ予定通りなら、今週いっぱいで一段落するはず…。

コメントのレス、こちらで。

>陣営さまどうもー。ご心配をおかけしました。仕事はデザイン会社みたいなところです。ちっちゃい会社だけど、クライアントはそこそこおっきいところなので、社員が死んだくらいじゃ納期伸ばせない立場なのです。多少血を吐いたところで、周瑜が血を吐く程にも珍しくないです。なのでがんばりやさんのデザイナーさんから順番に壊れてやめていきます。私ゃ今まで比較的安全なポジション(社長の秘書兼雑用係)にいたのですけど、とうとう実制作部隊に放り込まれてしまいこのザマです(´・ω・`)

>アサハルさま(´;ω;`)ブワッ  神戸の印刷・デザイン会社の見えざる実体。いや今回は特に珍しいくらい仕事が重なったのだけど。でも営業さんなんか、言ってしまえば年中こんなカンジで働いてるしなあ…。この期間中でも、営業部長は私以上に家に帰ってないし。5時とか明るいウチにで退社できる職場なんか都市伝説。

>維新さま病院いってきた…(゚дÅ)やっぱり入院云々…。なんかむかし幕張だったか、こういうネタあったみたいな…。「入院のためには検査が必要ですが、次いつこれるんです」「半年後…」みたいなの。中途半端に頑丈な木多とちがって、やはり血を吐くインパクトは強い模様(即入院)。まあ私の場合、吐血じゃなくて、胃の炎症で痰つば・吐瀉物に血が混じる、って程度ですけんど(’ω`;)

んでまあ、とりあえず俺の妻の画像でも貼っておく(`・ω・´)絵自体は一番最初に描けてたのだけどストックしてたぶんね。

あと密かにキョンの絵とかも修正していたり。あああハルヒ三国志はやく書きたいなあ…。絵の方は私の練習台なのだしどうでもいい(;゚Д゚)本文を早く書かなきゃ…でも一年前にくらべたら上達したじょ(゚∀゚)?

« | »

Trackback URL

Comment & Trackback

オワ━━ッΣ(゚∀゚;) 清岡さまへのレスが抜けてたいっ

過去ログ修復中! こんどは腐海に沈んだ味好漢掲示板とかも復旧する予定です!三国迷掲示板も!
やはり今見ても、かなり白熱した議論ですなあ…。当時にあっては、相当に濃い部類にあったのではないかと自負。

そしてなんと(゚∀゚)! あの党錮小説をお読みいただけるとわ! アサハル様くらいしかニーズ無いんじゃないかと思ってた…

て。

ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!?

ホントだ、可[禺頁]になってら…Σ(゚∀゚;)
さ、さいしょに単語登録して以来気づかなかったのか…っ!この何年間も!
ご指摘ありがとうございます!!

あ゛あ゛…学三とか味好漢とかは大丈夫なのになあ…
…面目ない(´・∀・`;) 直すです。

そして、舞台のレポート拝見して興奮ですよ!
「濁流を清めるは清流なり」!!
見てえええええ!
さっそくDVDをチェックするです!そしてコミュにも参加してこよう…!
何[禺頁]は、もちろん私の中でのみ天下に縦横する回天の志士みたいな英雄になっちゃってますが、やっぱり歴史的役どころを見ると、旧世代の巨魁連中と曹操以下三国志の英雄達との、ちょうど中間地点で活躍した快男児!てな見方で間違いはないと思ってます(`・ω・´) ついでに許攸とか袁紹も。
そーいう人々にスポットの当たった作品、まだまだ見てみたいなあ…(*゚ー゚)

ま、まぁ壊れない程度にがんばって南蛮王の続きを(悪魔w)

しかし、よく聞くキツイ下請け会社みたいなもんなんですかね。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)