ロボットによるスパムを排除するため、全板でキャップ必須にしました!

書き込みをされる方は、必ずメール欄に #chronica と入力してください。
sageをする場合は、 sage #chronica としてください(sageのあと半角スペース空ける)。

お手数をお掛けしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたしますm( _ _ )m


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 read.htmlに切り替える
■ 【11】最果てのL 専門スレ

1 名前:ぐっこ@管理人 ★:2015/04/21(火) 22:44:22 ID:fmwE9Otg0
9th Story CD「Nein」のトラック11「最果てのL」についての考察スレです。
全体を通しての考察については、全体考察スレへ
http://gukko.net/i0ch/test/read.cgi/Nein/1429623632/l50

聞き取れない歌詞・セリフなどについては、歌詞スレへ
http://gukko.net/i0ch/test/read.cgi/Nein/1429623487/l50



1. 檻の中の箱庭
2. 名もなき女の詩
3. 食物が連なる世界
4. 言えなかった言の葉
5. 憎しみを花束に代えて
6. 西洋骨董□屋根裏堂
7. 涙では消せない焔
8. 愛という名の咎
9. 忘れな月夜
10. 輪∞廻
11. 最果てのL  ←イマココ!


2 名前:投稿 ★:2015/04/22(水) 08:41:39 0
最後タナトスキャンセルされたな

3 名前:投稿 ★:2015/04/22(水) 10:33:27 0
最果てのLは最果てNoelということではないでしょうか?

4 名前:投稿 ★:2015/04/22(水) 14:08:23 0
微妙にNoelだと納得がいかないんですよね。
このトラックはNeinと星空の詩の二つが入ったトラックって見方をすると、
このLがノエル一人だけを指すにはちょっと弱すぎる気がします。
否定するだけ否定しておいて、他に解釈が思い浮かばないんですけど。
他にLOVEの頭文字を取っているのだとか、そういうのも考えたんですけど、どれも今一つパッとしない……

5 名前:名無しの投稿者@投稿 ★:2015/04/22(水) 17:43:25 0
曲名がまだ確定していない時に最果てのLAというのを見たんですが何か関係しそうですか?

6 名前:投稿 ★:2015/04/22(水) 20:53:48 0
印象でしか無いですけど、この曲の中でのR.E.V.O(便宜上)がすごいヒロインっぽいなぁと思いました。
なので、R.E.V.O(便宜上)女性(?)説と言う戯言をのたまわってみます(笑)。
もちろん、前述の通りノエルとの関係性がすごくヒロインっぽいと言うこともありますが、
1.『檻の中の箱庭』(文脈的にR.E.V.O(便宜上)の独白っぽい?)が女性声
2.『西洋骨董・屋根裏堂』で、店主のR.E.V.O(便宜上)に関する説明(『身を許すなら〜』)が女性的。
と言う根拠も無いではナインです。

7 名前:投稿 ★:2015/04/22(水) 22:21:36 0
>>6
R.E.V.O.も含めミシェルはRevoの女性的側面なのかもな

8 名前:投稿 ★:2015/04/23(木) 01:26:04 0
>>5
そこも含めて自由に解釈して欲しいということじゃないでしょうか?
ただ自分は、『最果てNoel』と『最果ての《神々》(Laurants)』のダブルミーニングなのではないかと思ってます

9 名前:投稿 ★:2015/04/23(木) 13:14:01 0
結果を左(生存)に向け続けた「最果てのLeft」はないでしょうか?

10 名前:投稿 ★:2015/04/23(木) 14:01:26 0
歌詞カードの最果てのLのページの最下部にad921...を繰り返すところがありますが,
2行目の最初の1つが,ad921...9a4で終わっていて,最後の4の後のaがナインですよね。
これは意図的にナインでしょうか。最後のaを外したアドレスは存在しないようですけど

11 名前:投稿 ★:2015/04/24(金) 00:45:28 0
Unknown lady というのがほとんど毎曲入ってるっぽいので、ladyのLということはないでしょうか?

12 名前:投稿 ★:2015/04/24(金) 13:01:44 0
Lじゃなくて¬(否定)と言う説も

13 名前:投稿 ★:2015/04/24(金) 15:15:44 0
歌詞カードの裏表紙を右に90度回転させて
その左側「最果てのL」の辺りに鏡を置くとグラサンみたいに見えますよね。
(唇マークが目に見える)

その状態で右側(鏡の中)の最果てを見ると確かに¬(否定)になってますね。。。

14 名前:投稿 ★:2015/04/24(金) 19:26:17 0
ふむ…Lにも色々解釈があるのですね…
自分は歌詞カードの裏表紙?の9のマーク?に区切られているところが
最果て/のL
になるところから最果てNoelと考えていました

15 名前:投稿 ★:2015/04/24(金) 20:04:24 0
賽は手Noel?

16 名前:投稿 ★:2015/04/24(金) 21:28:13 0
>>13
「口」の場所には本来、「目」があるはずの場所で
「目」の二本の檻が外れてしまい、ノエルが本来揺らぎであるはずのミシェルの場所に迷い込んでしまったのだろう

17 名前:投稿 ★:2015/04/24(金) 23:36:18 0
最果てのLAはL=エル=エリュシオン=楽園 A=アビス=奈落
でそこからA(アビス=奈落=不幸な結末)が消えた=Neinの楽曲
かなぁとチラッと思ったのですが…すみません全然考えまとまってないですね…

18 名前:投稿 ★:2015/04/25(土) 00:13:07 0
自分は"L"(もしくは"LA")よりも"最果て"の方が気になっています。
最果てと聞くと、やはり屋根裏ロマンの「行き止まり、不毛の世界」を思い出すのですが、全然そんな感じではないですし…
歌詞カードの光も、スタッフロールに続いた後、一方は輪廻方向、一方は再び1ページ目へ戻っているので最果てとは一体…?

19 名前:投稿 ★:2015/04/25(土) 11:31:15 0
>>18
曲名に含まれる意味の一つが「最果ての否定」だとしたら
屋根裏Romanを否定するという解釈も出来ますね
「この世界は不毛ではないし新しいものを生み繋げる事ができる」的な

何にせよノエルが自分自身で納得のいく確かな答えに辿り着けたのであれば
これからの彼の人生は幸せなものになるだろうからそうであれば良いなと

勝手な解釈ですが二又に分かれた光の3896512107114の先は途切れているのではなく
歌詞カードを読んでいるローランたちに繋がっているのではないでしょうか

20 名前:投稿 ★:2015/04/25(土) 11:44:42 0
最果てのLA
回転した論理の記号としてみると
¬∀(すべての否定、全否定)

「最果ての全否定」から「最果ての否定」に変わったと捉えるべきか

21 名前:投稿 ★:2015/04/25(土) 13:07:26 0
ちなみに記号論理学的には
¬∀

∃(存在する)
と同義になります
関係ないかもしれませんが

22 名前:投稿 ★:2015/04/25(土) 13:10:44 0
仏教の輪廻転生でいうと、輪廻から解脱することがハッピーエンドといえます。
ですので、廻らないことが必ずしも不毛の地ではないと思うんですよね。

今までのサンホラ的には最果て=不毛のイメージですがw
19さんのいうように屋根裏romanの否定をすることで
輪廻ルートでもなく
輪廻以外のルート(行き止まり)でもなく
輪廻以外のルートでも行き止まりでもないルートを肯定するのかな

23 名前:投稿 ★:2015/04/25(土) 13:11:06 0
間違えました
¬∀(P)=∃(¬P)
ですね
Pでないものは存在しない

24 名前:投稿 ★:2015/04/26(日) 00:41:07 0
この曲の歌詞の上に書いてあるR.E.V.O.の言葉が【彼の】になってる。
今まででは【彼】の だったのに。。

25 名前:投稿 ★:2015/04/26(日) 11:10:31 0
歌詞上にレボ(R.E.V.O.(便宜上))と言う呼び名が登場する唯一の曲なんですよね。
ソレを考えると、このサングラスにR.E.V.O.と言う愛称を付けたのはノエルくんなのかも……と言う可能性も無いではナインですかね
いやまぁ、デラックス版の情報を聞くと微妙なところではありますけど。
そうでなくても、<<何だかんだ悪態付きつつも、尊敬しているプロデューサー>>と同じ名前でR.E.V.O.(便宜上)に熱く呼びかけたノエルの心情はいかばかりかと想像したくなるところ。
キャラ萌え的にも、ノエルとR.E.V.O.(便宜上)の交流を妄想するのは面白そうではありますし(笑)

26 名前:投稿 ★:2015/04/26(日) 21:56:08 0
なんでこの曲だけ歌詞にふりがなふってあるんでしょうね…。
ある奴の影響で読み方が複雑な歌詞を書いたけどちゃんとふりがなふってある辺り、ある奴より鬼じゃないということなのか…

27 名前:投稿 ★:2015/04/26(日) 22:08:17 0
>>26
ノエル君はちゃんと振り仮名振ってくれる優しい子だぜ。
よだかの時もそうだった。

28 名前:投稿 ★:2015/04/27(月) 10:25:28 0
ノエル君、大物かも知れないという仮説。
短歌とかでよく「生の一回性」とか「生の唯一性」とか言われます。
これは「いま、ここ」という代替不能なものをどう生きるかくらいの
意味なんですが、クロニカ様とかミシェル様みたいにやたらと
歴史を書き換えたり冬に傾ける方々に対抗し得る唯一の人物かと。

ノエル君は悲劇だとか不幸だとかは勝手な解釈だ、問題はそいつがどう
懸命に生きたかで全て決まるんだ、と全て肯定してみせます。熱い。
円環し矛盾しがちな物語の中で翻弄される人々を全肯定する人物って
今まで居なかったんじゃないか、と。だから今後もお世話になるかも?

29 名前:投稿 ★:2015/04/27(月) 10:59:40 0
>>28
ノエルという名前のキャラは特別な存在の可能性はありますね
ノエルというキャラは3人いて、全員がミシェルが関係する曲に登場していますし。

檻花シリーズに出てくる ノエル・マールブランシェ
イヴェールの妹である  ノエル・ローラン
ヴァニスタの主人公   ノエル

30 名前:投稿 ★:2015/04/27(月) 17:44:47 0
サンホラ世界的には「流れていく=先が悲劇ばかりでも歩み続ける」ことが
是とされているようなので、一応ハッピーエンドだけどそこから話が
広がらなくなってしまうルーナやミーシャは行き止まり扱いなんだろうな…

31 名前:投稿 ★:2015/04/27(月) 22:57:25 0
今更&関係があるか分からないですが

歌詞カードのページをまたぐ青線
総てつなげると大きな9になる?

「最果てのL」だけタイトルが9の○のなかに入ってるように見える

32 名前:投稿 ★:2015/04/29(水) 21:33:10 i
ていうかR.E.V.OがサングラスならNeinって何者なんでしょうかね?

33 名前:投稿 ★:2015/04/30(木) 01:08:10 0
「聴いてくれ!『Nein』!」は曲のタイトルを叫んでるんだと思いますが
Neinという誰かに語り掛けているととることもできそうですね
story CDの名を関している辺り実は表題曲?なのかな?

34 名前:投稿 ★:2015/04/30(木) 07:18:15 i
なるほど曲名という解釈があったんですね
最初のサビでNeinに対して否定しないでくれと言って
その後のサビでR.E.V.Oには不幸にしないでくれと言っていたので
その2つは別物だったのかと
なのでNeinはR.E.V.Oが創り出したもう一つの人格?の様なもので
R.E.V.OはNeinが否定したものをふまえて物語を再編した言わば作者の様なものかと思ってました

35 名前:投稿 ★:2015/05/02(土) 00:34:33 0
曲名という解釈って…
割れなの?

36 名前:投稿 ★:2015/05/02(土) 01:07:10 0
>>35 DL購入で歌詞カード無いとかなんじゃない?
ちなみに歌詞カードでは
ノエル側の曲名として『Nein[First Inspiration Ver.]』、
R.E.V.O.側の曲名として『星空の詩』
この2つで『最果てのL』となってる。

37 名前:投稿 ★:2015/05/02(土) 01:08:41 0
あー、配信もあるのか
でもそれで考察入ってくるのはちょっときついよな

38 名前:投稿 ★:2015/05/02(土) 01:26:55 0
まぁいくら既に歌詞カードの内容がぶっ飛んでるサンホラでも、
歌詞カードの記述(とCD外装)は重要な考察材料だからねぇ…

39 名前:投稿 ★:2015/05/03(日) 23:31:18 0
>>34 のレス見てNeinって単語を
改竄された後のヒロイン達の総称とも取れるのかなって思った
各曲のナレーションで『She is the Nein.』って言ってるみたいだし


40 名前:投稿 ★:2015/05/08(金) 12:26:37 0
最後のタナトスキャンセル……
R.E.V.Oはノエルと出会って、やっと眠りにつくことができたのかな

41 名前:投稿 ★:2015/05/15(金) 07:55:21 0
>>40

タナトスキャンセルてことは逆に眠ることができなかったのでは?
今まで登場人物が亡くなる時に流れていたメロディーですし


42 名前:投稿 ★:2015/05/15(金) 09:03:09 0
>>41
最後の機会音がシャットダウン的な意味かとも思ったけど、
そう考えると再起動の起動音とも読み取れるのか。

43 名前:投稿 ★:2015/05/15(金) 23:46:10 0
むしろノエルが危険で、R.E.V.Oが無理やりシャットダウンして守ったのかなって思ってしまった。
最後の機械音で笑っているように感じてしまったのが原因なのですが……

44 名前:a@投稿 ★:2015/05/18(月) 01:06:54 0
ノエルが西洋骨董屋で買ったのって、今までの ”地平線”を見る何かってことですか?
『もうやめてくれ…』と言うからには、何かあったのかなぁと思ったんですが。

45 名前:投稿 ★:2015/05/18(月) 01:13:10 0
>>44
サングラスみたいですよ。
便宜上R.E.V.O.と呼ばれている、今回の似て非なる人になります。

46 名前:a@投稿 ★:2015/05/18(月) 01:16:29 0
>>45
なるほど!ありがとうございます!すっきりしました!

47 名前:投稿 ★:2015/05/19(火) 17:31:38 0
幸い何を否定したとしても<<対象>>の<<心>>と呼ばれる機構の辻褄は、強引にでも合うようにできているようだ……。
辻褄は強引にでも合う。どことなくブラッククロニクルを彷彿とさせる一文ですね。

それと、なぜ否定することだけが生き甲斐のようになっているR.E.V.Oは「幸い」と言ったんでしょう……?



話はかわりまして……

此の悲劇の結末を左←→右すると予想される<<因子>>

ここから他の曲の考察も混ざってしまいますが、
ノエルの<<人生>>はまだ終わっていないから、悲劇と結論づけるのは早すぎる気がしますし。
前の曲に至っては<<人生>>は始まってすらいない。
もしかして、R.E.V.Oが否定できるのは、「登場人物の感情」ではなく、「完結した物語の登場人物の感情」なのではないか。

48 名前:投稿 ★:2015/05/19(火) 18:50:00 0
これは、この曲の板でいいのか悩みますが、
ノエルが仮に「ミシェル マールブランシェ」が13人の少年の犠牲の上に、
生まれた性別の檻を抜けた「ノエル」だとしたら、
まずノエルがこれらの物語を否定する要因にならないでしょうか。

13番目のお客様と言われているので、ノエルが被害者だった可能性もあり、
かつ、そのノエルをベースとして男性になったミシェル自身であった場合、
地平の否定はくしくも存在の否定となってしまう。
だからこそ、この時空を垣間見てしまい「愛されてもいいのか」が強化
されつつも、今回の便宜上Revoを否定するのかと。


49 名前:投稿 ★:2015/05/20(水) 03:08:40 0
>>47
「幸い」と言ったのは、
便宜上R.E.V.O.の目的が「幸せな結末」だからではないでしょうか。

それぞれが否定されたものは、それぞれのアイデンティティに関わるもののように思えます。
その人物の心が否定されたことを納得できずに、乱れることはないという意味ではないでしょうか。

どんな幸せな結末でも、当事者が納得しなければ幸せとは言えないですからね。

50 名前:投稿 ★:2015/05/21(木) 00:03:19 0
>>40
タナトス=死なので、ストコンで最後ノエルが外して歌い始め、
それにこたえる便宜上のREVOの歌に寄り添うようなシーンもあったので、
無理やり書庫との接続を切って消滅を回避したようにも見えました。
このサングラスが主の元に帰って、通常REVOのサングラスに戻る
ような、感じにも別の何かに接続したとも取れる音ですね。

51 名前:投稿 ★:2015/06/03(水) 07:04:59 0
>>40です、いくつかレスもらえていたので、
だいぶ時間たったけど異なる可能性も探してみた結果

@この曲の最後のタナトス、必ずしも死であるとは限らないかもしれません。
というのも、檻の中の箱庭で死と眠りをR.E.V.Oが同一視していると思われる場面があるからです。

狭義の眠りとは、短き死に他ならず
謂わば長き死とは、永遠の眠り

檻の中の箱庭は、猫の部分以外はR.E.V.Oが謳っていると解釈しています、そして星空の詩はR.E.V.Oが謳っています。
つまり、今回のタナトスの旋律は、眠りを意味している可能性があります。

逆に、タナトス=死と定義した場合、
最後までいったら長き死、キャンセルなら短き死、と考えることができます。

短き死=狭義の眠り
長き死=永遠の眠り

つまり狭義の眠りにつくことができた、という解釈。

Aもうひとつの可能性
眠れたとしても、そうでないとしても
単純に眠りが死であるという、それまでのR.E.V.Oの価値観を自分で否定した、という解釈。

タナトスキャンセルのあとの機械音は、@でもAでも、起動音と捉えることができます。

以上が、私の中でのタナトスキャンセルの解釈です。
ありがとうございました。

52 名前:投稿 ★:2015/07/06(月) 16:59:36 0
タナトスキャンセルについては3音目にあたる音がどうなるかで
「焔」や「忘れな月夜」の旋律か、「冥王」旋律になるかが分かれているのではと感じていました。
なので、3音目がキャンセルになる事で「生きているのか死んでいるのか解らない」表現なのでは、と解釈しています。

53 名前:投稿 ★:2015/07/17(金) 23:55:02 0
流れぶった切ってごめんなさい。
そういえば誰一人としてスレ内では指摘してませんでしたけど
この曲の最初のオルゴール部分って「Inteview with Noel」の「滲んで読めないほどに ぼろぼろになった手紙……」と同じですよね。
ということは「最果てのL」の冒頭部分で他の曲と同じようにノエルには何かを否定した結果幸せなように見えるようになった自分の人生を見ているのではないかと感じました。
ノエルが主人公じゃなかったにしてもノエル母の物語を一部否定して見せている可能性もあります。

その結果が「もうやめてくれ……」といってると考えるとどんな話だったのか二通り考えられそうです。

@ノエルが母を恨む気持ちをなくしていた場合
→今の自分と比べての発言か?
Aノエルの母が生んだことを後悔し、祖母の家においていく気持ちをなくしていた場合
→実際の行動との差により、絶望した?

と、このようにも妄想が広がっていきますね。
駄文失礼しました。


54 名前:投稿 ★:2015/07/18(土) 15:03:07 0
das Rührendes,Evolutionäres und Vorzügliches Optikgerät
 
the touching, Evolutionary and exquisite optics unit

55 名前:投稿 ★:2015/10/04(日) 10:46:43 0
「星空で燃えたんだ」のメロディーが、進撃の巨人中学校のOP
「青春は花火のように」でも使われてました サンホラでなくリンホラですが

56 名前:投稿 ★:2015/12/22(火) 19:21:51 0
リンホラは多少なりとも関係あると思っています。
Theme of the Linked Horizon中に、

・君が見上げている星空
・感じている寂しさが同じ色
etc...

がある事と、Interview with Noelでも同じ曲のフレーズが
入っていたりするので…。

あと、『最果てで繋がり続ける世界』という歌詞もあるので、
“L”はLinked Horizonの意味も含まれているのかな、と思います。


15KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50 read.htmlに切り替える

名前: E-mail(省略可)

img0ch(CGI)/3.1