ロボットによるスパムを排除するため、全板でキャップ必須にしました!

書き込みをされる方は、必ずメール欄に #chronica と入力してください。
sageをする場合は、 sage #chronica としてください(sageのあと半角スペース空ける)。

お手数をお掛けしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたしますm( _ _ )m


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 read.htmlに切り替える
■ 【Roman】08.美しきもの 【考察】

59 名前:あとら:2006/12/31(日) 05:00
こんばんわ。・・・・・・ではなくおはようございます(ぇ
他の曲と繋げての自説を少々書かさせてもらいますね。
僕が思うに『モニカ=hortense』なのでは・・・と。
画布もとい風景画は一口にブックレットにある穴なのではと思うのです。
そしてロマ男と双児の人形はいろんな物語を見て行き、その旅路で時間を感じたため針が進む。
曲中のLaurantが短命なのもロマ男だったからでは?『焔』の時に出会ったからhortenseは姉でロマ男は弟です。
とすると問題点として、ロマ男が人生全うしている事とvioletteがいないという事が出てきます。
おそらく光のロマンの結末に該当すると思うのですが・・・・・・どうでしょうか?

追記?:なぜhortenseが残る側でvioletteがいない側なのかというとアルバムの縦繋がりなのですが
『壊れたマリオネット』のメインがvioletteなのではと。壊れたマリオネットは夜しか動けないようですし、
「雨の葬列」「泣いている少女」「もうひとりの私」・・・と『焔』のワンシーンに非常に酷似しています。
泣いている少女をもう一人の私と言っていることから、哀しみに濡れた方ではないvioletteと考えます。

53KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50 read.htmlに切り替える

名前: E-mail(省略可)

img0ch(CGI)/3.1