ロボットによるスパムを排除するため、全板でキャップ必須にしました!

書き込みをされる方は、必ずメール欄に #chronica と入力してください。
sageをする場合は、 sage #chronica としてください(sageのあと半角スペース空ける)。

お手数をお掛けしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたしますm( _ _ )m


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 read.htmlに切り替える
■ 【Maerchen】イドルフリートについて【謎だらけ】

4 名前:衝動子@投稿 ★:2011/11/26(土) 17:49:21 ID:TlJL9XmE
宵闇の唄の7:15〜のドイツ語の日本語訳を某サイト様からお借りしました
イドルフリートだと思われるイド(井戸の中に潜む衝動)⇒(略:イド)(CV:Sassha)

イド「我はこんな所で死に絶えたくはなかった。少年、それは君も同じだろう。」
メルツ「はい。」
イド「地上で何かやり残した事があるのではないか?」
メルツ「はい!」
イド「機は既に熟した。さあ少年、我を受け入れろ!」
メルツ「うわあー!」
イド「二つの焔を宿し、そちらのお嬢さんも直に目覚めるだろう。」

というものです。
イドさんが先に堕ちて、その後にメルツが堕ちたときに井戸の中で何が起こっているのかをあらわしたシーンです。
二人とも地上でやり残した事がある。
ならば、協力しようではないか!ということですね。
メルツ+イドルフリート、そしてそこにエリーゼが協力すれば、復讐ができますからね。
何故エリーゼが目覚めたのかは不明。
エリーゼもエリザーベト+テレーゼの焔を持つように、二つの焔を持つ同士、何か感じるものがあるのかもしれませんね。

それにしてもイドルフリートさんの「遣り残したこと」、または「こんなところで死に絶えてはいけない理由」は何なのでしょうか。

7KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50 read.htmlに切り替える

名前: E-mail(省略可)

img0ch(CGI)/3.1