ロボットによるスパムを排除するため、全板でキャップ必須にしました!

書き込みをされる方は、必ずメール欄に #chronica と入力してください。
sageをする場合は、 sage #chronica としてください(sageのあと半角スペース空ける)。

お手数をお掛けしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたしますm( _ _ )m


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 read.htmlに切り替える
■ 人形劇三国志

1 名前::2003/02/11(火) 01:06
こんばんは、はじめまして。
私が三国志を知るきっかけとなったNHK人形劇三国志。
心に残る名場面、名台詞について語ってみませんか?

私のイチオシは第21話「玄徳の結婚」での、曹操と郭嘉の別れの場面です。
長くなりますが、台本形式で書いてみました。
ネタばれが嫌な方は、ご注意ください。




    月明の下<曹操>天下の制圧を<郭嘉>に誓う

官渡の戦いで、7万の軍勢により70万の袁紹軍を破った曹操軍は
破竹の勢いで進撃を続け、袁尚に止めを刺すべく北伐へと出立する。
だが、その陰で曹操軍軍師・郭嘉の身体は静かに病に蝕まれていた。


第一幕<砂嵐吹く荒野>

行軍する曹操軍。
せわしげな蹄の音。夏候淵が駆け寄って来る。

夏候淵:丞相様大変です、郭嘉殿が
曹操:郭嘉が如何いたした!


第二幕<天幕の中>

目を瞑って寝台に横たわり、苦しげに息を付く郭嘉。
寝台に歩み寄る曹操。

曹操:郭嘉。わしが悪かった
郭嘉:(目を開く)
曹操:たかが敗残の袁尚を討つためにこのような砂嵐の吹きすさぶ地の果てまで兵を進め、
   そなたに多くの難儀を舐めさせ、果ては病まで与えてしまった――
郭嘉:(咳き込みながら)かたじけないお言葉…たとえわたしのいのちがここで果てても、
   御恩の万分の一もお返ししたことにはなりません
曹操:いのちが果てるなど、縁起でもないぞ郭嘉
郭嘉:いえ…わたしのいのちはこれまでです
曹操:郭嘉!
郭嘉:病は天意…何の悔いることもございません
曹操:(視線を逸らし)この地の果ての厳しさには聞きしに勝るものがある…
   わしは軍勢を返そうと思う。郭嘉、共に都に帰ろう
郭嘉:(目をかっと見開く)いけません!(片肘を突き身体を起こす)
   せっかくここまで押してきて、もうあと一押しでございます
曹操:しかし軍師のそなたまで病を得ては、
郭嘉:(遮るように)兵ハ神速ヲ尊ブ、と申します。
   今遥かに千里の彼方を襲うのに、大部隊で進んではお味方の不利でございます。
   土地の者を雇い道案内をさせて軽装の軍勢をもって一気に押し進み
   敵の虚をつくにこしたことはございません…(激しく咳き込む)
曹操:わかった郭嘉。もう、よい。後でゆっくり聴こうぞ
郭嘉:いえ…もう時間がありません。後のことは一切この中に(震える手で書を差し出す)
曹操:郭嘉!何を申す
郭嘉:(喘ぎながら)殿!進むのです絶対に。絶対に退いてはなりません――

郭嘉、力なく寝台に倒れ込む。
曹操、郭嘉にすがりつく。

曹操:郭嘉!しっかり…しっかりせい!郭嘉――

燭台が風に吹き消える。

曹操:郭嘉…(咽び泣く)


第3幕<月光に照らされる荒野>

荒野に浮かぶ下弦の月。
独り月を仰ぐ曹操。

曹操:郭嘉。わしはお前に、全てを託そうと思っていたのだ。
   お前はわしの部下の中で一番若い。そのお前が、なんでわしを置いて逝く!
   天はわしをほろぼそうとするのか…郭嘉…

曹操、夜空に郭嘉の幻影を見る。

郭嘉の声:殿。進むのです、絶対に。絶対に退いてはなりません――
曹操:郭嘉。そちの、そなたの志はきっと無にせん!



つたない文章ではありますが、雰囲気をお伝えできれば幸いです。



 

11KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50 read.htmlに切り替える

名前: E-mail(省略可)

img0ch(CGI)/3.1