2009.01.01

21.成都大評定!?

 成都大評定!?

 

 

 一通り年賀の儀式を済ませ、成都宮はそろそろ日常の繁雑を取り戻しつつある。南蛮の王者・呂布は、あらためて宰相・張に大評定開催の意志をつたえた。

 ――こうして、建安年1月、成都城内に呂布幕下の俊傑が集うこととなった。

 

 呂布、例によって立派な獣皮を座に敷き詰め、そのうえでふんぞり返っている。以前狩りの最中遭遇し、手ずから仕留めた大虎の毛皮である。虎にとってはとんだ災難であったろう。

 

呂 布:しばらく見ない間に、みんな変ったなぁ!

陳 宮:そういう殿も悪人面になりましたぞ。

呂 布:いや、俺なんかまだマシな方だぞ。馬超なんか、見てみろよ。

馬 超:はっはっは。

法 正:今作は獅子の噛み方が足りませんな。

 

 いきなり雑談から始まる大評定。

 旧劉璋陣営の連中も、だいぶ呂布のペースに慣れてきたようだ。呂布を中点に半円座に席を設け、互いの顔について好き勝手なことを言い合っている。

 

呉 懿:では、将軍、当座の結論を。

呂 布:うむ。では……「今作は使い回しが多い」。

一 同:御意!

 

 だいぶ議論が白熱した様子で、いちど休憩を挟む。

 その合間にも、他国へ飛ばしていた密偵が次々と情報を持ち帰ってくる。さすがに陳宮や法正ら軍師たちは、にわかに表情をあらためて復命をうけていた。

 やがて、一同を代表して陳宮が呂布のもとへ報告を上げる。

 

陳 宮:まず、中原の状況からです。曹操はこの旦日をもって許を急襲し、劉備を汝南へ逐いやったそうです。

呂 布:はやっ!

 

 呂布は呆れた。

 中原を大いにかき回してくれそうだった劉備勢力は、全勢力をCOMに任せた瞬間、あっけなく中原から追い払われてしまったのである。(註:ちなみにこのとき、まだ劉備はCOMではない)

 劉備軍は正規軍・援軍ともどもほぼ全滅し、七万を数えた軍兵をことごとく失った。

 

陳 宮:劉備一党は、汝南を放棄して放浪の旅に出ました。

呂 布:またかよ!

 

 またまた呂布は呆れた。

 もっとも、汝南へ落ち延びた時点で劉備軍の全兵力は三万ちょっと。これでは孫策の援軍を仰いだところで、1ターンと保ちそうにない。劉備は拠点を死守する愚を悟り、一族郎党をつれて亡命を決行したのである。

 彼らはいま、荊州牧劉表の庇護を求めて、トボトボと南下中である(以後、COM)。

 

陳 宮:…彼が洛陽とか陥としてたら、この先面白い展開になってたんですけどねえ…。

呂 布:まあそうだけどなあ…。

 

 

呂 布:……おい。

陳 宮:なんです?

呂 布:いま改めて見ると、まずくないかこの状況。

陳 宮:ほお、さすがに気づかれましたか。

 

 読者諸兄もよくご覧頂きたい。

 南蛮の版図が、危殆に瀕していることがお解り頂けると思う。

 

呂 布:涼州が、孤立してるじゃん!

 

 その通り! どういう天変地異があったのか、武都と梓潼()との連絡が絶たれてしまったため、北へのルートは漢中経由のただ一本だけになってしまったのである!

 

馬 超:何!? これは困ったぞ!

呂 布:おまえは気づかなかったのか!?

公孫楼:……殿より莫迦だ。

 

 しかし馬超が成都にこうやって居るように、同盟国である漢中の五斗米道教団は、人員の移動は許可をしてくれている。ただし、軍兵や物資などの通過はさすがに不可能であるらしい。

 

呂 布:う~ん。こりゃあ、しばらく涼州方面は貴様らに全面的に任せることになるなあ。兵とか米とか、なんとかそちらで遣り繰りしろ。

馬 超:はっはっは。

呂 布:歯を光らせるな! 俺様は深刻になっているんだ!

法 正:しかし殿、深刻なのは我々だけではございますまい。荊南をご覧あれ。

呂 布:…お!

 

 なんと劉表領荊南もまた、呂布と同じような事態が発生していた! 

 長沙と江陵を繋ぐルートが、やはり何故か消滅しているため、長沙・零陵・桂陽が孤立してしまっているのだ!

 

呂 布:こりゃあ、天与だ!

陳 宮:うお、難しい言葉を。

呂 布:武陵を保持している限り、荊州南部は好き放題獲り放題ではないか!

 

 呂布の言は正しい。だが、やはり劉表と敵対している孫策もまた、同じ事を考えているだろう。孫策はいつでも紫桑から荊南へ進出することができるのだ。

 

呂 布:こりゃあ、早い者勝ちだな。とりあえず、今月の目標は荊州南部の制圧!ぱんぱかぱーん!

陳 宮:だからそのファンファーレはやめれ。

 

 足かけ三日に渡った成都大評定は、珍しくまともな議決を見て解散した。

 呂布と固く握手して、長安方面へ去りゆく義弟・馬超。荊州方面を総監するために武陵へ赴任する法正。永安軍団の編成を急ぐ高順・張遼。

 ――彼らを城門のそとまで見送った呂布は、城邑にはいると扈従を追っ払って、ひとり帰路についた。

 

呂 布:帰ったぞー。

 

 私邸の門をくぐった呂布は、邸内に声をかける。

 が、常になく、邸内は静かであった。

 

呂 布:……?

 

 眉を顰め佩剣の把に手をやる呂布。が、ちょっと間をおいて、いつもの稚ない声が屋敷の裏側から聞えてきた。

 

小間使い:申し訳ありませんー! いま参りますー!

呂 布:…。俺様が帰ったら5秒以内にお帰りなさいを言えと言っただろうか!

小間使い:はーい! お帰りなさいませーっ!

 

 とたとたと、走りながら挨拶してるのだろう。声がどんどん近づいてきた。

 みると、小間使いは犬の引き綱を持っている。

 

呂 布:ん?今日の忠吉さんの散歩当番って俺じゃなかったか?

小間使い:はい、でも、さっきから忠吉さんがいないんですー!だから裏に居るのかなと思って。

呂 布:何だ? 家出でもしたのかな?

 

 邸内に上がりもせず、呂布は小間使いとともに忠吉さん探しを始める。

 ややあって、呂布が門のそばの木陰にいる忠吉さんを発見した。忠吉さんは、何かに憑かれたように猛然と穴を掘っている。

 

呂 布:――随分ふかく掘ってるな。何だろ?

小間使い:何か隠してあるのかもしれませんねー。

呂 布:掘り起こしてみようか。忠吉さん、そこをどけ。

 

 忠吉さんを押しのけると、呂布は方天画戟の石突きでガリガリ地面を掘り起こし始めた。さすがに犬が掘るのよりはずっと速い。

 

呂 布:しかしアレだな、怖いモノとか出てきそうで緊張するな。

小間使い:怖いもの?

呂 布:ああ。こうやって掘り進んでだな、いきなり腹に電話機を詰込まれた子グマのぬいぐるみとかが出てきたら、怖いよなー。

小間使い:怖いですねー。

呂 布:出てきたらどうしよう?

小間使い:わ、私が付いてますから大丈夫です!…でも、「スペランカー」とかが出てきたらもっと怖くありませんか?

呂 布:そ、そうだな…。

 

 結局、直系一メートルの大穴を天下の公道に穿ったところで、二人はそれ以上の穴掘りを断念した。

 

呂 布:つ、疲れた…。

小間使い:何も出てきませんでしたね…。

忠吉さん:…。

呂 布:ふう。無駄に行動力を消費した気分がする。

 

 せっかく掘った穴がもったいないので、手早く落し穴を仕掛けてから立ち去る呂布。その夜、呂布に不埒な相談を持ち掛けようとした悪徳商人が、見事その落し穴に落ちて重傷を負うのだが、呂布たちはそのことを結局知ることがなかった。

 

 

 ――穏やかに終わるはずだったこの月の末、荊州方面から飛び込んできた一報をうけ、呂布はかつて無いほどに赫怒した。もしこの場に法正がおれば、間違いなく斬られていたであろう。

 その法正、このターンのうちに、戦略拠点である武陵を失ったというのである。

 

 

ようやく始まりました新生第4部!数々の無理と矛盾を抱えつつ、星弐号作戦は軌道に乗ってます!次回、いよいよ三国志VIII初の戦闘に突入!

« | »

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.