Home > 11月 1st, 2005

2005.11.01

ステラな彼女

ステラな彼女

>久々ですなあ…(’ω`;)

基本的に週の頭3日を神戸で、残りを大阪で過ごす彼女ですが、ダンナが一月ほどパートナー探しにイタリアに行っちゃったので、大阪でお留守番。
今日が今月最初で最後の神戸…のハズなんですけど。

躁転しとるやん(’ω`;)

たまたまニュースで安部幹事長が出てたのですが、途中から「安部…安部…」とブツブツ。で唐突に「このひと私の一族よね。だからよね、私たちが凄いのは」。とびっきりの頬笑みで無邪気に問いかけてくる。
顔を見合わせるママンと私。
そういやウチの母方の姓は「阿倍」で、私らもしばらく山口にいたもんだから。もう彼女の中では、それらが結びついてる。
躁病の人間は、傍目には荒唐無稽ながら、発想には堅固なロジックを持っていて、「私はなぜこんなに偉大なんだろう」という多幸感に対する理由を、後から探してきて組み立てて既成事実にして、さらに論理を肉付けしてゆく。
…今回は安部幹事長に白羽の矢が立ったということらしい。
前回は元父が日本の黒幕になっていたけど(だから家を出ていった、という具合に理論展開)、最終的には宇宙人がどうこういう話になってたから、今回もそのへんまでいくのかしら。

ひぐらしのレナを笑っちゃいけない。ドーパミン過多の人間とは、本当にああいう言動をするわけで。そういう意味で竜騎士さんよく勉強していると思う。

…とか言ってる場合じゃなく(’ω`;)

まず緊急に身体拘束の必要があるか? 
否。言質は凄いことになってるけど、本人は自分が躁転していることを自覚している。まず彼女がやったことは、財布と身分証明書の類を母に渡したことだったらしい。わが姉ながら超人的な精神力だ。
かといって、このまま明日大阪に戻してよいか?
否。もう義兄は今日イタリアに発っている。逃げたのでなければ、躁転したのはこの5時間以内だったのだろう。
どちらにしても大阪へは戻せない。今日の時点で私が彼女の財産を全て預かっているので。
明日まず車出して病院へ連れて行く。本人は入院を望んでいないので、任意入院は無理。
ただ前回と違って、薬で躁も相当抑えられているみたいだし、何より夜になって眠くなって寝てしまっている。まだ半分正常な脳が残っているというカンジ。少しだけ猶予がある。
うーん…この一週間で、色々と状況が動く事になるかも。

義兄の話だと、時々、こういう状態になるけど、一晩休めば(見た目は)元に戻っている…ということらしいから、このまま早まって閉鎖病棟送りみたいな騒ぎにせず、穏やかに事態を先送りしたい…
ただ、我が家はママンの方がもう限界なんだ…。神戸のこの家で長期預かるというのも無理…
うーん…
先週までうまくいってたのになー…