ロボットによるスパムを排除するため、全板でキャップ必須にしました!

書き込みをされる方は、必ずメール欄に #chronica と入力してください。
sageをする場合は、 sage #chronica としてください(sageのあと半角スペース空ける)。

お手数をお掛けしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたしますm( _ _ )m


■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 最新50 read.htmlに切り替える
■ 三国雑談スレ ◆奥の方のテーブル◆

1 名前::2002/10/26(土) 22:31

japan[関東] 投稿日:2000年12月17日 (日) 01時09分16秒 

こんばんは。高宮様のHPからリンクをたどって
お邪魔させていただきました。
光栄ゲームへの叫びや蒼天航路の人物事典といった
三国迷心(?)をくすぐるコーナーばかりで
とっても楽しみです。

どマイナー人物評OKということなので一つ、
私の最愛の武将は陳泰字は玄伯です。
父・陳羣、母の父・荀イクという超良血にもかかわらず
ローカルで渋く活躍する姿がたまりません。
他にもトウ艾・王経・諸葛セン…と三国末期の武将にばかり
目がいってしまう、どちらかといえば少数派の三国迷ですが、
宜しくお願いいたします。

261 名前:★玉川雄一:2004/02/02(月) 22:31
別冊宝島でまた三国志のが出てましたね。戦争メインだそうな。
大澤教官も執筆してはるらしい。
…例によって三国末期の扱いがぞんざいなので立ち読みで済ませちゃったんですが、
前半は面白いかもしれませんよ?

一般向け三国志書籍で260年代以降の魏VS河西鮮卑の死闘について触れた本なんかそうそうないし…
そういう意味では三國志IXの武将ファイルは大健闘してるんですが。

262 名前:★玉川雄一:2004/02/03(火) 00:19
>河西鮮卑動乱
もう魏じゃねェ、晋ですがな。
胡烈、楊欣、牽弘と州刺史クラスを次々に喪い、
司馬駿、文淑、馬隆らの奮戦でようやく鎮定した一大戦争。
討呉開始を遅らせる要因ともなった重要なファクターにもっと注目しる!
……まァ、私もそんなに詳しくはないのですが(-_-;)

263 名前:★ぐっこ:2004/02/03(火) 01:36
>>260
Σ( ̄□ ̄;)!! 電車の中やん! うー、再放送ビデオ録るか…
ご覧になった方、どんなもんでしたでしょ?
北方謙三か…。「ふざけるな悩む前にソープに行って来い小僧ども」が印象に
残ってるんですが。(↑一理ある) ハードボイルドな北方三国志世界を、さらに
広げるのかしらん?

>>261-262
Σ(;´Д`) また!? 教官とばしてるなあ…。ずっと前掲示板でニセクロ様に
コンタクト取ってた宝島絡みの企画、ってのはコレの執筆だったのかな?

にしても河西の鮮卑との泥沼の戦、これはレアな。晋にとっての外敵は、呉だけ
じゃなかったのね…。異民族がイヤでも戦略を左右する「IX」ともなれば、確かに
ふれてくるでしょうねえ。買おうかな…

264 名前:★玉川雄一:2004/02/03(火) 01:48
>>261
ごめん、立ち読み程度で軽々しく内容を判断しちゃいかんですな。
取り上げられている範囲に関しては、それなりに掘り下げていたみたいです。
じっくり読んでみて損はないかも。つうかもう一回きちんと見てみます。
……いっそ買おうかな(^_^;)

>三國志IX武将ファイル
河西鮮卑動乱については1ページのそのまた小さな囲み内で最小限触れられている程度ですが、
このファクターに注目したという点そのもので評価できます。
それ以外にもなかなか読み応えありますよ。単なるゲームのデータ集じゃあない。
人物によっては扱いがちとアレですが。田豫とか(つДT)

265 名前:惟新:2004/02/04(水) 21:22
>NHK人間講座
いやー北方節バリバリでした。
氏の小説観、三国志観を熱く語っておられましたよ。
演目の通り「正史」と「演義」を引き合いに出しつつ
自分が三国志を書こうと思った理由、作家として見出したその魅力…
と、まぁ何処かのインタビューで聞いた覚えのある話でしたが(^_^;)
妙に芝居がかったナレーションはちと気になりましたが、
「そのとき歴史〜」に比べれば私は好感が持てました。
次回は「男と男が出会うとき」。
劉備、関羽、張飛について語るみたいですよー。

266 名前:★ぐっこ:2004/02/06(金) 00:14
>>264
本屋で探す時間無かった…。私もみたいものよ…
あと、武将ファイル、全作ずらりと並ぶと壮観ですが、どれもこれも、結構
書いてあることは「三オタ納得」のモノが多いので手放せず…。IXもイイもの
ですか…

>>265
やや、北方節バリバリ!? それは是非とも録画せねば…
演義と正史の比較論とかを、氏がされてるのですかにゃ?
それか北方三国志世界を「いいからソープに逝け」という具合に
解説してるのか…

次回もまた、濃ゆそう…

267 名前:★玉川雄一:2004/02/17(火) 00:22
ゴメン、宝島の三国志本2、侮ってた私が悪かった。

正史に準拠して、折々に演義のエピソードも交えながらキーポイントとなる「戦争」を
解説してます。戦術レベルというより、戦略レベルに重きを置いてるっぽい。
(少なくとも私には)斬新な切り口があったりして読み応えがありそう。

まだ官渡の前ぐらいまでしか読んでないのですが、
南陽にいた袁術が曹操にちょっかいを出して完敗を繰り返し、寿春に逃れたという
192〜3年の一連のキャンペーンなんか目からウロコでしたわ。
袁術ってどうしていつの間にか寿春に移ってたんだろうとずっと不思議に思っていたんですけど。

案外とマクロ視点から見ているので、各時期の情勢とかも掴みやすいかも。

268 名前:★ぐっこ:2004/02/17(火) 00:27
あー! どっちも忘れてた_| ̄|○
北方…っ! そして別冊宝島…っ! まあ別冊の方は本屋に行けば
あるか(^_^;)
ほほゥ、なかなか読み応えあるですか!? 大澤教官ガンガレ!
戦略orマクロレベル…
ニセクロさまあたりの考察が真っ先に浮かびますが、戦争ったって将軍が
突進したら始まるモノで無し、色々な情勢が搦んで推移するんですやね…
いっぺん通しでそういう三国志考察を読みたい年頃ですし、今度こそゲト。

269 名前:左平(仮名):2004/02/28(土) 17:54
さて、いつもの様に新聞を開いてみると…
伴野朗氏の訃報が書かれてました(我が家では3紙とってるのですが、うち中国・日経に載ってました)。
今日の訃報については、網野善彦氏のそれが大きいので全くといっていいほど目立ってませんでしたけど。

略歴については、朝日新聞社在籍時に小説を発表してたという事でそのタイトルも書かれてましたが…
それはそうとして、まさか、あの「呉・三国志」が最後って事はないでしょうね。

もしそうだとすると、不評なところがあったのも、病のせいで筆が弱っていた?という気が。

270 名前:★玉川雄一:2004/03/01(月) 21:25
ところで、郭淮の一族ってけっこういろんな名家と縁戚関係にあったと思うんですけど、
どんなカンジでしたっけ?
自分でも確認してみますが、ご存じの方援護射撃おながいします<(_ _)>

271 名前:★玉川雄一:2004/03/01(月) 23:25
↑なんですが。郭淮伝の註を読んだ記憶があったんですわ。

●郭淮の妻は王凌の妹
●郭淮の弟・郭配の女婿に裴秀・賈充
●郭配の次子・郭予の女婿に王衍

こんなところかしら。

ところで、徳間の『三国志人名事典』に「郭予は郭淮の弟」ってあるのおかしくないですかね。
ちくま和訳の記述から見ると
郭淮の弟が郭配→その子の郭展→“次弟の”郭予→“郭配の弟の”郭鎮
で、郭予は郭展の弟ですよね。字を見ても「泰舒」と「泰寧」の組になるわけですし。

もっとも、原文で読むと親子兄弟の順番が分かりづらかったり紛らわしかったりすることは
しょっちゅうあるわけですが。

272 名前:★ぐっこ:2004/03/02(火) 00:18
>>269
バンヤロー死す!?
超先生に続いて、伴先生が逝かれたか…。と、茶化すのはこれまでにしといて、
本当に意外な…。呉・三国志が三国志モノの最後の作品ということでしょうか…
あの素っ頓狂な三国志も、病をおしていたからなんでしょうか…

>>270-271
大原の郭氏ってだけで、なんか名族の雰囲気バリバリですやね(^_^;)
そして本人周辺の姻戚関係も、晋系でかなり中心部に入ってると…
今日はちと力つきたので、私の調査は明日以降…
どなたか助太刀きぼんぬ…

273 名前:惟新:2004/03/28(日) 00:45
私も結局北方見てない_| ̄|○
再放送で回収するか…

とそれはさておき、↓思わず衝動買いしてしまいました。
http://www.synforest.com/sangokushi/ target=_blank>http://www.synforest.com/sangokushi/
無双はさておき普通の武将絵はやっぱり素敵っすよ諏訪原さん。
おかげでDQ5が買えなくなりましたが私は満足です。ええ、ええ。
寝起きにパソコン立ち上げて董卓とか出るとちょっと吃驚しますけど(^_^;)

274 名前:左平(仮名) :2004/03/28(日) 22:31
見ました見ました(トップぺ−ジを見たくらいですが)。
諏訪原さんって、ゲ−ムのパッケ−ジのイラストを描かれてる方でいいんですよね?
しかし、凄い画力です。髭がなくても充分ごつい漢が描かれてます。ここ最近の顔
グラフィックは妙に優男が増えてますが、できるんじゃないですか−!

275 名前:★ぐっこ:2004/03/28(日) 23:54
うお、諏訪原絵カコイイ! つか、こないだ黒端と諏訪原センセのOHP
詣でて、絵をじっくり鑑賞してたんですが、彼ってば一言も喋って
くれないんですよ。凄い形相で固まってて。

んで、だしぬけに「暇があったら何か三国志の文章書いてくれ」と
言われたんで即OK。場合によったら合体本出すかも。さしあたって
今ある関羽の分とかだけになるだろうけど…

さておき、収録武将に曹豹入ってるのがワロタ。

276 名前:惟新:2004/04/15(木) 12:29
横山光輝先生火事で重体…
http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20040415i503.htm target=_blank>http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20040415i503.htm
数年前から寝たきりだったんですね…
頼むから助かってくれ…。・゚・(ノД`)・゚・。

277 名前:左平(仮名) :2004/04/15(木) 23:34
まだ続報は入ってない様ですね…。
心配です。

278 名前:惟新:2004/04/15(木) 23:55
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=FLASH target=_blank>http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=FLASH
お悔やみ申し上げます…

279 名前: 左平(仮名):2004/04/15(木) 23:58
えっ!…

280 名前:惟新:2004/04/16(金) 00:24
278は速報なのでソースを差し替えます。
http://www.asahi.com/national/update/0416/001.html target=_blank>http://www.asahi.com/national/update/0416/001.html
殷周伝説が絶筆になるんでしょうか。
偉人の早すぎる最期が残念でなりません…

281 名前:★ヤッサバ隊長:2004/04/16(金) 02:04
あまりに唐突な出来事に、この板をチェックするのも忘れて、
私もメイン板にその旨を投稿してしまいましたが…・゚・(ノД`)・゚・
ともあれお悔やみ申し上げます…。

282 名前:左平(仮名) :2004/04/18(日) 00:45
三国志との関連がちょっとあり?のこんなネタがありました。少しは皆さんの慰安になるでしょうか。

3月某日
講談社で打合せ。中国史シリーズ(全12巻)の月報に連載がきまる。
月報とは本にはさみ込むパンフレットのことで、現代思想シリーズでも同様の仕事をしている。
さすがはスキマ漫画家だ。     石 井

文末に「石井」とありますが、これ、いしいひさいち氏のことです(いしいひさいちというのは漢字で書けば本名です。確か、石井寿一。
やしきたかじんと同じです)。
現代思想シリーズというのは、単行本になった「現代思想の遭難者たち」の掲載元。
ひょっとしたら、「タブチくん」「バイトくん」みたいな曹操や劉備が拝めるかも…!

↓いしい氏の公式サイト?の(笑)いしい商店
http://www.asahi-net.or.jp/~eb9y-tmok/ target=_blank>http://www.asahi-net.or.jp/~eb9y-tmok/
                 

283 名前:惟新:2004/04/18(日) 02:43
横山先生追悼flashが出来ていました。
http://oresama-cinema.hp.infoseek.co.jp/tuitou.htm target=_blank>http://oresama-cinema.hp.infoseek.co.jp/tuitou.htm
たまには、感傷に浸るのもよいかもしれません。

>>282
いしい氏の描く三国志の英傑…期待…!

284 名前:★ぐっこ:2004/04/23(金) 00:32
。・゚・(ノД`)・゚・
ひどく遅れましたが、御大のご冥福をお祈り申し上げます…

確か当日、ヤフーニュースで火災の記事みて、制作一同「えっ」てなりました。
みんな三国志よりもバビル二世の方が印象にあるみたいでした。
そういや営業さんの一人が、前勤めてた出版社でちょっと関係があったみたい。
で、夜中に訃報が入って、残ってたメンバーでまた驚愕。ちょっとした横山談論に。

うーん、追悼フラッシュ見てると、小学生の頃を本当に思い出す…

285 名前:★玉川雄一:2004/04/27(火) 20:44
ログインに三國志Xの記事載ってたんですが。
画面スチルを目を凝らしてみていたら、馬玩のパラが一部見えた。



…統率70、戦闘71とかそんなカンジだった(つДT)

286 名前:左平(仮名):2004/04/28(水) 01:06
>…統率70、戦闘71とかそんなカンジ

でも、以前は40〜50台がせいぜいだったわけなので…蒼天の効果ありなのでは?
というか、顔グラフィックが気になるところ…。

287 名前:★玉川雄一:2004/04/29(木) 21:15
うーん、それが最近はコーエーでもデフォルトで70前後までは行ってるんですよね。
IXでは統率63、戦闘73と他の「旗本八騎」(コーエー的にはこの認識)に比べて少々後れをとっていましたが、
それに比べれば少々は進歩した…のかしら?

それでも、彼ら関西軍閥が戦闘80を突破することはないのでしょうね…
みんな揃って60〜70台を行ったり来たり。今回もエディター待ちか。

288 名前:岡本:2004/04/29(木) 22:48
少々、方向性がずれるかもしれませんが。
コーエー三国志の”一般的な”武官・文官のパラメータ割り振りって
どういう定義なのでしょうね。
個人的にはIXの4パラーメータは
文官も武官も無い器用貧乏武将 武50 統50 知50 政50
を基準として一般レベルの武将は
猪武者タイプ 武70 統60 知40 政30
将官タイプ  武40 統70 知50 政40
知識人タイプ 武30 統50 知70 政50
政務家タイプ 武20 統50 知60 政70

ぐらいだろうと考えていたので、
関西軍閥が曹操軍団との激突の初期はホームグラウンド勝負だったとはいえ
おしぎみだったことを考えると並は超えているでしょうから、
武=80台 統=70台はやってもいいと思うんですけどね。

289 名前:★ぐっこ:2004/05/03(月) 21:56
うーん、演義準拠である以上、避けて通れない運命なんでしょうねえ…
つうか「韓遂の旗本」って段階でアレですし。
しかしまー、演義に名が出る人物ってのは、たいがいそれなりの事跡を
残してますから、正史準拠でパラメータ付けていったら、みんな高能力に…
なかなか難しいモノですやね…

290 名前:もう:2004/08/02(月) 01:27
スレ違いかもしれませんが、ご容赦ください。
いつも楽しくこちらのページを拝見させてもらっています。
「南蛮王呂布」では、たまーにおいしい場面にヒソリといる
劉楯クンが大好きです。ヾ(@^▽^@)ノ
ところで今、スーファミ<死語>の「史記列伝」なるゲーム
をはじめちゃったんですが・・・・。
説明書もなく、全く展開がわかりません!
90年代のRPG&歴ゲー全盛期頃の作品だと思われます。
サブタイトルは「人竜伝説」だったかな?
情報下さってよろしいでしょうか?
すいません。突然・・・・。。。。

291 名前:★ぐっこ:2004/08/02(月) 01:40
単発情報と思いましたので、こちらへ移転(^_^;)
うーん、解らないですー。
まず調べものはグーグルで検索されては?

http://doubleofourofouro.tripod.com/index.html
http://www7.big.or.jp/~sosan/games/shikieiyuuden.html

と、こんなカンジで見つかりますので。

292 名前:たくや:2004/09/12(日) 15:58
はじめまして↓ここの管理人のたくやです。三国志同盟というサイトです。
突然ですが貴方のサイトも同盟しませんか?
URLは
http://chiba.cool.ne.jp/takutakutaku/sangoku.html target=_blank>http://chiba.cool.ne.jp/takutakutaku/sangoku.html
です。

293 名前:★ぐっこ:2004/09/12(日) 22:49
単発的話題だったので、スレこちらに移しました(^_^;)

294 名前:★玉川雄一:2004/09/19(日) 02:21
片山まさゆきの『SWEET三国志』第一巻が文庫で出ていたので買ってみました。
全三巻で、第一巻は曹操、劉備、呂布、孫策が袁術をフクロにするところまで。
私、このマンガ初めて読んだんですけど、なかなか演義を再現していますね。

董卓追撃戦で曹操が曹洪に助けられ、帰還して胴上げされながら
敗北から学ぶものもある、と感慨に耽るシーンを見たら、
何故か横山漫画が思い出されました。これらの作品だと
曹操は“デフォルト悪役→たまにイイ話”で描かれてるからかなあ。
蒼天航路だとあの戦い、曹操全然負けてないし。
というか徐栄の見せ場だし(^_^;)

次官予告のピロピロ諸葛亮のカットを見て、
ああ、そういえば三國志VIIで香香さんが諸葛亮の顔グラを改造していたな、
となんだか無性に懐かしくなりました。

295 名前:★玉川雄一:2004/09/19(日) 02:53
>>294
ゴメン、ピロピロ改造したのぐっこさんだった。しかもVIII。(南蛮王・不思議の国3)
香香さんは諸葛亮と釣りオヤジとの顔交換でしたわ。記憶が混濁しておる。
ううっ、香香さんカムバーック! また以前のようにお話したいよう(つДT)

296 名前:★ぐっこ:2004/09/20(月) 19:21
SWEETも文庫本化されてましたか(^_^;) 今園田探してるけど
見つからないなあ…
アレ、結構な良作と思うのですよ。何か色々な意味で。何でだろ、
って思ってたら、アレだ、劉備のキャラがしっくりくるからだ…

>鼻ストロー
(゚∀゚)懐かしい…。そーそー、「7」って蒼天の影響で孔明が
エラいことになってから、改造したんでしたっけ。
南蛮王の中の孔明は、脳内デフォルトで鼻ストロー姿なので。
そして香香姐さま。・゚・(ノД`)・゚・

297 名前:★玉川雄一:2004/10/06(水) 23:00
SWEET文庫版第二巻ゲト。
張繍攻め〜赤壁前哨戦(蔡瑁・張允アボーン)まで。

今にして知った衝撃の事実!(※俺限定)
諸葛亮の頬の落書きと鼻ストローって張飛の仕業だったんか!
それと、劉琮は本当に「なんかちょっともったいないキャラ」だった(^_^;)

あと、おさかな魯粛見た!
むかし、ここの掲示板がアイコン表示式だったとき、管理人専用でしたよねえ。懐かしい…

やっぱ演義というか横山・吉川の影響なのか、時折曹操がめちゃめちゃカコイイ。
それにつけても劉備は(ry

もう一点、民を引きつれ逃避行を続ける劉備一行のシーンで、
諸葛亮が民衆に対してやけにクール(劉備評)なのはどこか蒼天孔明に通じるような。
蒼天でも、襄陽乗っ取りを進言する諸葛亮がそんな感じでしたよね。

どうでもいいけど、以前古本屋で元版の最後の方だけ立ち読みしたときに見た
「胸囲さん」だけ記憶に残ってる。

298 名前:★ぐっこ:2004/10/10(日) 16:25
2巻ゲトおめ。
何度読み返しても、そこそこ納得させられる展開が上手いわ…
陳宮の扱いが残念でしたが、袁紹が木の上でバカ笑いしてる下で、曹操とトニーが
ノコギリ引いてる絵がツボ。アレうまい…

>孔明のアレ

そうそう、アレは張飛が火ィつける代わりにやっちゃったんですやね。

お魚魯粛…

うーん、懐かしい(^_^;)

>胸囲さん
え、そんなのいましたっけ(;´Д`)

299 名前:★玉川雄一:2004/11/27(土) 15:23
SWEET第三巻読んだ。完結。

確かに胸囲さんいないや。というか姜維の名前自体出てないし。
でもラストで出てた、魏延が燭台踏み倒したのにキレてたのは明らかに姜維ですよね。
そしてなぜか無双似(^_^)

私が見たの「胸囲さん」てのはパツキンのばいんばいんのおねーちゃんで、
あれ明らかに片チンの漫画だったと思ったんだけどなあ…
SWEET三国志じゃあなかったのか。

トータルとしては、演義(吉川)ベースとして上手く片チンアレンジが効いていましたね。
時折シリアス風味になるとグッと来るものがあったり。
細かい点を突っ込んでゆくのも野暮ですけど、三国鼎立のころから
事実誤認というかそりゃアレンジしすぎやろ、と感じた点がチラホラとは見えましたが。
でも読めて良かった。

300 名前:MM2:2005/01/01(土) 00:14
あけましておめでとうございます。
2004年はお世話になりました。

最近物凄い寒くて、今日は珍しく雪なんて見ましたけど大事無いでしょうか。
また何かの話題に紛れて書き込みたいと思います。

>SWEET三国志
1巻だけ買ったのですが、以降買えてません。
蒼天航路も凄い人物のデザインでしたが、こちらも負けてませんね。

301 名前:★ぐっこ:2005/01/03(月) 23:30
明けましておめでとうございます!MM2様!
ご無沙汰しております。昨年は色々とお世話になりました…
いやあ、三国志関連のコンテンツが開店休業状態な感がありますが、
今年から三国志熱が再燃しているところですので、またお助け頂ければ
幸いですm(__)m
おそらくまた、事典をフルに活用させて頂くことにもなると思いますし(^_^;)

>sweet三国志
あれはあれで、どうしてなかなかの作品と思ってます。ワンシーンごとの心情
描写が、結構真に迫っているからかなあ、と思いますが…
キャラデザ…人類でないいきものとかも居ますしねえ(^_^;)

302 名前:MM2:2005/02/01(火) 22:09
皆様、三国志マガジン買われたでしょうか?

コンビニに結構な数が入荷してるのを見て「こんなに入れても売れんだろ〜」とか思いながら買いました。
それなりに読めるものはあったのですが、全体として押しが弱いという印象を受けました。
これといったセールスポイントがない。というかそんな感じです。

303 名前:★玉川雄一:2005/02/01(火) 23:12
三国志マガジン、私も先日見かけたので買いました。
まだ詳しくは読んでないのですが、やはり“大衆向け”のようですね。
ただ大澤教官監修の濃いィネタがあったりもしましたが。
果たしていつまで続くのか…

304 名前:左平(仮名):2005/02/01(火) 23:13
>三国志マガジン
先日書店で見て、立ち読みしましたが…ちょっと、という感じですね。

ネットの普及もあって、三国志ファンの知識量も相当上がっている事を
考えると、これではまだまだ、という感じです。

305 名前:MM2:2005/02/04(金) 23:59
雑誌でにまでそんな濃いものを求めなくてもいいとは思うのですが、
どんな三国志ファンをメインの顧客としているのかがはっきりしてないとは思います。
本当にどこまで続くか分かりませんが、粘り強く出し続ければ変わる機会も増えるでしょう。
とりあえず三国志新聞の補完分があるのと、大澤さん原作の正史三国志漫画とやらが楽しみなので
買っていこうと思います。って、全部大澤さん絡みだ…

306 名前:★玉川雄一:2005/03/29(火) 19:48
さて、例の三国志マガジン第二号が出ていたので買ってきました。
とりあえず目についた羊コvs陸抗だけ読んでみました。

あー… ねえ?

知らない人にとっては目新しいのかもしれませんが、
知ってる人にとっては「まあ、そうだよね」としか。
また、羊コをアウトロー系の人物として描いているのですが、
描写自体は面白いのだけれどいかんせんよりによって羊コのキャラではないでしょう。
あと陽肇じゃなくて楊肇ですから。

どうせ三国後期の戦いを取り上げるなら、268年の交趾争奪戦とか
270年代の河西鮮卑動乱期とかそこまで突っ込んでくれれば…


無理ですよね(-_-;)

307 名前:★玉川雄一:2005/03/29(火) 20:28
そうそう、別冊宝島で三国志系の新巻が出ていました。
『三国志 僕達の英雄伝説』
例によって基本的にはライトユーザー向け(だと思う)ではありますが、
敢えてそういったポイントでニヤリとさせられるネタも盛り込まれており
案外と楽しく読んでしまうものです。
コラムでは昨年話題に上った「新説! 曹操と劉備が親戚だった!」騒動の
顛末記にも触れられており、沈先生の濡れ衣(?)も晴らされております。

308 名前:左平(仮名):2005/07/24(日) 20:20
三戦板の蒼天スレにこんな話が載ってました。yahooを確認。ガセではありません。

ハリウッドで活躍する香港の呉宇森(ジョン・ウー)監督が長年温めてきた「三国演義」の映画化
計画が、ついに始動か。22日付中国新聞社は上海青年報の報道を引用して、「主演の3人は周潤発
(チョウ・ユンファ)、梁朝偉(トニー・レオン)、そして日本の渡辺謙に決まったもようだ」と
伝えた。
映画のタイトルは『赤壁之戦』。劉備役をチョウ・ユンファ、諸葛亮役をトニー・レオン、曹操役
を渡辺謙にそれぞれオファーしたという。
(中略)
渡辺謙を主役級に抜擢したい理由は、「中華圏だけでなく、ハリウッドや東南アジアの市場も狙う
ため」とみられている。

身の丈八尺の堂々たる体躯の曹操…

309 名前:サムさん:2005/07/27(水) 16:39
どもお久でーす
僕も左平さんのネタはさっきYahooのトピックスで
確認しました
曹操とかも気になるけど赤壁だったら、
黄蓋誰がやるんだろう?
曹仁は僕と弟的には、
キムキム兄やんこと木村祐一氏でFAですけど(マテ)

310 名前:★ぐっこ:2005/07/30(土) 01:16
うははは!ついに実現するのか!一年か二年前、ネタじゃねえの、
とか言われてましたよねえ…。ここでも扱ったような。

しかしなんで曹操が…。

311 名前:nemoto:2011/10/27(木) 03:24:53 ID:/1wPCFkH0
>今回だけだぞ(*・ω・)★ hemn.me/

154KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50 read.htmlに切り替える

名前: E-mail(省略可)

img0ch(CGI)/3.1