2009.01.01

35.鼎の軽重

鼎の軽重

  

 建安13年。
 季節は初夏を迎え、統治者にとっては治水の出来不出来が問われる頃である。
 南陽に駐屯している呂布軍団は、後続を待ちつつ、着々と出撃準備をすすめていた。本営の宛から前進基地のある魯陽までの間、南蛮の旌旗が帳の如く地を覆い、刀槍のきらめきが旅人たちを驚かせているという様子だ。
 ――そんな折り、先に汝南攻略の援軍として孫策軍に合流していた、呂刀姫・張遼・張燕の三軍が無事に帰還してきた。
 それぞれ呂布に復命を済ませ、あらたな命を待つつもりであったが…

劉循:――じつは我らも捜しておるのですが… 

黄忠:この大事な時期に、何をやっておるのやら… 


 と、南蛮公・呂布、またしても消息不明という事態であった。
 あたまを軽くおさえた呂刀姫、心当たりがあるのか、困惑する諸将に一礼すると、羚羊のような歩調で政府を出た。そのまままっすぐ、呂布の巨館へ直行する。

 紙燭の微かな灯のほか、一点の明かりもない密室――
 互いの顔も判らぬほどの暗闇の中、数人の人影が円座になってボソボソと密談している。
 ……

呂 布:……結論が出んな。 

関 羽:それがしは主張を曲げる気はござらぬ。

呂 布:ふん、堅物め。貴様のような硬直した教条主義者が、低次元ソフトハウスを肥え太らせる原因になるのだ。

関 羽:……たとえ公といえど、聞き捨てなりませぬぞ…! 

袁 譚:まあ落ち着きなされ、関将軍。客座から一言申してよろしいか。

呂 布:何だ。 

袁 譚:我々は、いま無口っ娘の定義を討議した。だが、今やステレオタイプの無口っ娘はむしろ少数派。我々無口っ娘倶楽部としては、世間に迎合して門戸を広げるよりも、むしろそれら少数の保護を唱えることこそが急務では無かろうか、と。


   ……驚くべし。当初一部の愛好家だけで細々と裏オフをやっていた「無口っ娘倶楽部」は、いまや会員数5万余名を数える大組織となり、呂布は会員の筆頭として彼らを宰領する立場にあった。
 趣味嗜好は国境を、思想を超える。
 たとえば今発言している袁譚などは、袁紹の長子として青州の総帥たる身であるが、最近、嗜好の異なる父・袁紹や末弟・袁尚らと対立して孤立気味であった。
 そのせいか近ごろ足繁く呂布の元に通い、自らのアイデンティティを維持しようと努めているきらいがある(※実際のプレイでも、呂布は一度も袁譚の元を訪れたことがなかったのに、最終的には「親密」になるほど頻繁に遊びにきてました)。
 

関 羽:然り。青州の仰せの通り、我々が求めるべきは、純化された無口っ娘のみに絞るべきである。

呂 布:それは諸生の議論だ。それを言うなら、もはや無口っ娘は楼ちゃん一人に絞られてしまうではないか。無口なだけが無口っ娘ではないぞ。

関 羽:詭弁だ!無口でない無口っ娘など矛盾しているではないか。

呂 布:ええいくそ! まだわからんのか!

???:フォッフォッフォ…若い若い… 


 と――
 ふいに暗室の片隅に、灰色の影が揺らぎ、見る見るうちに人の形を為した。
 鬼道…! 片膝を立てて一斉に佩剣を掴む一同を、呂布は片腕で制した。

呂 布:じいさん、アンタはどう見るんだ。無口っ娘倶楽部は、本当の無口っ娘だけに絞って萌えるべきだと、奴らは言うのだが。

左 慈:さてさて…。汝らの議論はなるほど、双方が正しく、双方が間違っておるように聞こえるわい… 

 
 無口っ娘倶楽部の会長にして、天下の鬼術師である左慈元放は、一同を舐めまわすように睥睨すると、専用の小さな籐台に腰掛けた。


左 慈:さて…関将軍よ。汝が無口っ娘に惹かれる心境を説明できるか。

関 羽:……漠然とならば。  

左 慈:汝は言うに違いあるまい。――昨今氾濫しておるやたら萌え萌えしたキャラどもにない清楚さを、無口っ娘から感じられる、と。

関 羽:――仰せの通りです。師匠。

左 慈:フォっ。それはそれでよろしい。だが一号会員(※呂布)が言うておるのは、それとは少し違う次元の話なのじゃ。

関 羽:違う次元…?

左 慈:左様…そうじゃな、たとえばここに無口っ娘がおったとする。公孫楼の如く理想的な無口っ娘じゃ。…が、この無口っ娘が、決して心を開いてくれないし、何をやってもフラグも立たない、ただのネクラ娘だったとしたらどうじゃ? 汝はこのネクラ娘に萌えることができるだろうか?

関 羽:…ム…ム。

左 慈:考えるのではない…感じるのじゃ…  

 左慈老人は、頑迷な生徒を諭す老師のような表情で、一同にも黙考を促した。

関 羽:――残念ながら、それがしは萌えますまい。

 ややあって、関羽が長髯をしごきつつ呟いた。

 

呂 布:そらみろ! 

左 慈:これっ。――で、関将軍。何故に萌えぬか、解らぬ汝ではあるまい。無口っ娘萌えの醍醐味は、無口っ娘が内に秘めておる頑なさを破り、我々に心を開く瞬間――あるいはその階梯――にあるのだ。極論すれば、キャラでなくシチュに萌える、と言っても良い。

袁 譚:! キャラでなくシチュ……!

左 慈:ここまで言えば、あとは汝らで答えを出せよう…。南蛮公もいささか結論を急ぎすぎたようじゃが、無口なだけが無口っ娘では無いという言葉は、一面の真理なのじゃ。むろん、無口あるいは寡黙を条件に入れねば、素直でない意地っ娘属性もまた、無口っ娘に分類されてしまうがな。 

 
 左慈はふぉっふぉと笑うと、懐から掴みだした一巻の巻物を呂布に手渡した。
 

左 慈:まずは合格じゃ、南蛮公。汝のような出来の良い弟子を持って儂も幸せじゃ。

呂 布:こ、これは…!

左 慈:フォッフォッフォ…汝にくれてやろう。汝ならば見事に使いこなすであろう。


 左慈が手渡したのは、奇書「遁甲天書」であった。知力が10上がるうえに、極めれば特技「神眼」が得られるというスペシャルアイテムである。
 これまで幾人もの豪傑や仙人が、求めて得られなかった宝貝だ。

左 慈:フォッフォッ…ようやく受け継ぐに相応しい主が見つかったというわけじゃ!

呂 布:ム…師匠、今回ばかりは礼を言うぞ! …ところで、一巻だけなのか?

左 慈:フォッフォッフォ!第二巻以降は、セット価格3000金で承っておる。

呂 布金とるのかよオイ!  


 ――などと怒鳴りあってるところへ。


呂刀姫:父上っ! また性懲りもなく!

 猛烈な勢いで呂布の娘が押し入ってきた。ポニーテールをぶんぶんと振り回すようにして、片っ端から、四囲の帳を引っ剥がしてゆく。あっというまに、眩しい初夏の光が室内に満ち溢れた。

呂刀姫:何度も言いますけどっ、私の部屋を怪しげな集会に使わないでくださいっ! 

呂 布:はっはっは。何だ、ずいぶんと早かったなあ!

呂刀姫:まっっったくっ!どうして男って生き物はこうも両極端に分かれるのかしら!――関将軍まで! 

 呂刀姫の痛烈な視線を受けても、関羽は黙然と髭をしごいている。呂刀姫の潔癖な視線は、次は関羽の隣に隠れようとしている長身の青年を貫いた。

呂刀姫:あら、袁譚様、今日は定例集会ですか?

袁 譚:い、イヤ。その、ちょっと寄っただけで。 

呂刀姫:孫策様が汝南を足がかりに、豫州・青州へ侵攻されようとしているのに、ずいぶんと余裕ですねっ…!

袁 譚:あの、すぐに戻ります。

 そさくさと腰を上げる、袁紹軍第二軍団長。
 両手を腰に当て、ぷんぷん怒っている15,6の少女ひとりに、大のオトコ数人がすくみ上がっているカタチであった。他の参列者も、自分のところへイヤミが飛んでこないうちにと、我がちに逃げ出していた。気づけば、いつのまにか左慈もいなくなっている。
 さすがの呂布も冷や汗をぬぐっている。
 

呂刀姫:まったく! どーして私の周りはこんなのばっかり…!

呂 布:…あ、すまんすまん、タオルと思ってたら、お前の窮袴だった。こんなトコにぱんつ置きっぱなしにするなよな。

呂刀姫:………っ!


 「バカ――っ!」
 という叫び声と同時に壁が吹き飛び、破片に混ざって呂布の巨体が風を切って吹っ飛んできた。何人かの通行人が、不幸にもその下敷きになって重軽傷を負った。

 ………
 ……一刻後、呂布の執務室。

呂 布:…ふう。アレも難しい年頃だからな。

陳 宮:おそらく年頃の問題ではないような。

小間使い:まっすぐで、立派なお姫様じゃないですかー。…あ、塗り薬、終わりました。

呂 布:おう、サンクス。…しかしあいつが男うんぬんを言い出すとはなあ。汝南で何かあったか。

張 遼:…いえ、別に。

陳 宮:そんなことよりも!――洛陽へはいつ出陣されるのですか?

呂 布:まあ、そう急くな。俺様の神眼が、いましばらく待てと言っておる。

 呂布が手に入れた「神眼」は、非常に便利であった。あらゆる勢力のすべての都市情報が、居ながらにして手にはいるのだ(※結局金を払った)。むろん、この能力で色んな娘たちの入浴シーンとかを覗いていることは言うまでもない。

 ――呂布の言う「機」が動き出した。
 先に指令を受けた長安駐留の馬軍団が、潼関を抜けて弘農へなだれ込んだのだ。
 馬超を主将、韓遂を副将とした15万の騎馬軍団は、関中の地を我が物顔で蹂躙し尽くした。この戦闘で曹操軍は11万の将兵を失い、全戦力で見て20パーセント近くの低下を余儀なくされた。
 そして何より痛かったのは、族弟・曹洪の死であろう
 曹操挙兵より数えて20年。常に曹操の元で血戦し、曹操の危機には身代わりとなり、兵力不足のおりは四方奔走して兵馬を掻き集めたという。
 多少軽佻な所もあったが、広大な領土の総督としても、一軍の将帥としても、過不足ない力量を有していた。享年、40歳。
 ――曹操は先の夏侯淵についで、またしても股肱を失なったのである。

 呂布が動いたのは、その報がもたらされる10日も前であった。むろん、「神眼」によって、彼はすべてを見通しているのだ。
 呂布を主将とする今回の遠征軍団は、端から意気込みが違う。実のところ、馬超軍単独でも洛陽攻略は十分に可能なのだが、いかなる状況、シリーズの第何作目であろうと、「洛陽攻略戦」というモノは、ゲームの分岐点となりうる重要な戦さなのだ。
  歩騎象あわせて17万、従う将帥もまた、長安攻めに動員された時以来のフルメンバーである。
 
 南から攻め上がる戦場「洛陽」は、 マップ中央を横切る河(洛水?)くらいが遮蔽物となる程度の、平坦な地形である。渡河地点をわずかに越えた中州あたりに砦があり、ここの奪取こそが全戦線の帰趨を占うポイントになりそうだった。
 

呂 布:つづけ――っ!

陳 宮:あ…また!


 呂布が赤兎を駆って一騎駆けするや、17万の大軍団が、その魁偉な背中を追って移動を開始する。呂布軍の兵士たちは皆、呂布の顔は知らずとも背中は知っている、と評される所以であり、その風は二代目呂鳳にも受け継がれた。
 幸い直線上に罠は仕掛けられておらず、かっ飛ばす騎馬軍団は、たちまちマップ中央部の州上砦付近で、密集した曹操軍と接触する。
 

陳 宮:力攻めだ!押し負けるなよ!


 陳宮にしては珍しく、単純な指示であった。が、もはやここまで密集した大軍団同士の衝突になれば、区々たる用兵など必要ないかもしれない。
 制圧前進こそ、大軍の本領である。
  

徐 晃:押し包め! 呂布を絶対に通すな!

楽 進:李典の仇!

呂 布:フッフッフ、馬鹿者どもめが!


 曹操軍の名だたる驍将たちに包囲されようと、呂布の隊はそよ風ほどにも動じない。
 密集戦こそ、呂布軍団の極レベル「乱撃」の見せ場であった。
 まして周囲はなだらかな丘陵にかこまれた平地であり、呂布の乱撃はことごとくが成功する。呂布の1ターン損害、600前後に対し、周囲の受ける損害は2000×3。文字通り桁が違うのだ。
 勢いの違いもあるだろう。高順、張遼軍もくさびのように曹操軍の陣列に割り込み、極レベルの突撃と乱撃を繰り返し始めた。
 乱戦の中、徐晃はなぜか執拗に陳宮へ一騎討ちを挑んできたが、そこへ通りかかった張飛が、逆に一騎討ちへ持ち込む。
 これが張飛でなく関羽であれば、さぞかし感慨深い対決であったろうが、ともかく武力100になんなんとするS級の豪勇同士の一騎討ち、呂布も突撃を一時中断し、鉦鼓でもって華やかな演出を添える。

呂 布:張飛ーっ!負けるなーっ!

劉 備:益徳、根性決めろ――っ!

張 飛:まあ見てろって!

 騒がしい観客に向かって手を振ってみせる張飛。妙に悲壮感の漂う曹操陣営セコンドとはエライ違いである。やがて双方、馬腹を蹴って肉薄すると、目にも止まらぬ勢いで斬撃を繰り出しあった。
 大斧と蛇矛が、信じられない程の勢いでブンブン旋回しあい、人間とは思えない反射神経で、双方それを捌いてゆく。
 張飛と徐晃の一騎討ちは、かつて呂布と馬超がくりひろげたものに等しい、激烈なものであった。
 と――

徐 晃:食らえ、徐家奥義ッ! 

張 飛:ぬお…!?。


 徐晃の大斧が、ふいに変幻の妙を見せて張飛の身体をとらえた。張飛、血飛沫をあげながら、思わず後ずさる。
 ――オオ、と戦場が響動めいた。
 

関 羽:ムウあの技は!

呂 布:知っておるのか関羽……!?

関 羽:あれこそ戦斧を使う者の究極奥義「剛刃斧旋斬」!!

呂 布:「剛刃斧旋斬」だと!?

関 羽:まさかあの技を公明が体得していたとは…!


 剛刃斧旋斬(ごうじんふせんざん)。
 遙か殷の時代、周の文公が青銅の鼎を砕く際に体得したとされる剣聖技。
 春秋の頃、晋の勇者・士潘がこの技を用い、悪辣な奸臣・華伯を、その妻ごと斬り殺した話はあまりにも有名である。(※民明書房「正直VIの一騎討ちってどうよ」より抜粋)

関 羽:しかしあの技は、使う者の靱帯に過剰な負担を強い申す。二撃目が無い以上、一撃で討ち取れなかった公明に勝ちはござらぬ!


 関羽の言うとおりで、気力をも使い果たした徐晃に対し、張飛は一挙に反撃に転じる。

張 飛オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!


 張飛必殺のオラオララッシュが始まると、もはや徐晃は防御がやっと。それでも支えきれず、一撃、二撃と喰らい始めると、さらに腕が下がって新たな刺突を次々と喰らう。
 ――結局、張飛のラッシュによって、徐晃は馬上から吹き飛ばされて、地面に叩き付けられた。
 張飛、際どいところであったが、まずは雄敵・徐晃を下して一安心と言ったところである。
 呂布軍の将兵たちは、歓声を上げて勇者を出迎えた。

呂 布:そういえばVIの必殺技って「刺武叉把攻(しぶさわこう)」とかもあったなあ。

公孫楼:……甘家奥義「大海の黒い鮫」とか…

呂 布:あー。あったあった。

陳 宮:殿のって何でしたっけ?

呂 布:「真・鬼哭」。こないだ白虎退治行ったとき使っただろうが。

 すでに雑談に移っている呂布軍中枢だが、とにかく張飛の勇戦を称え、後方へ下がらせる。
 
 …別にこの一騎討ちで勝敗が決まったわけではないが、これに象徴されるかの如く、呂布軍の優勢は最後まで続いた。
 敵味方の援軍が戦場へ到着し、相次いで連合軍が駆けつけ、セオリーの底なし消耗戦へもつれ込もうかと言うとき、急進した高順軍が敵太守・鍾ヨウの軍を潰走させ、勝敗は決した。
 建安13年 10月
 旧帝都・洛陽は、南蛮軍の制圧するところとなった。

………
……

呂 布:洛陽か。何もかも懐かしいな

陳 宮:…。董卓に焼かれてから、また曹操が建て直したのでは。

呂 布:そーゆー意味じゃねえよ。 


 呂布にとっては、17年ぶりの王城の地であった。
 ――東の空がうっすらと明るくなってくる時間だった。
 冬の朝もやの中、ふたりは閑散とした大街を歩いている。
 曹操の復元もなかなか心にくい気の使いようで、新旧を調和させた見事なつくりとなっている。城市内部を散策すると、洛陽の過去を偲ばせるものは、随所に散見できる。 


呂 布:なんかこー、ココを陥とすと、俺様もいよいよ天下人か、って気になるよな。

陳 宮:それは確かに。許の都よりも「重い」ですからな。

 洛陽の帝都としての歴史は、許などと比較するのがばかばかしくなるほどに旧い。幾度か遷都があったとはいえ、起源を辿るとほとんど神話の時代からの都と言ってよかった。
 

呂 布:決めた。俺様の都は洛陽に置くぞ。

陳 宮:御意――。


 周囲には誰もおらぬ。
 呂布の言葉は、すでに大逆の言葉でもあるわけだが、陳宮は清流派の腐れ儒者ではない。
 主君の何気ない一言に、むしろ神妙な表情をして拱手する。
 

呂 布:はっはっは! そーいえば、何とか言う覇者が、周王朝に鼎の軽重を問うたというが、俺様も真似してはならぬ法はあるまい。

 意外ながら、呂布は多少なりと君主として学習しているらしいのだ。
 陳宮はコホンと咳払いすると、厳かに応えた。

陳 宮:殿はたまに無茶をなさいます。軽重を知ろうと欲するあまり、鼎を抱え上げてはなりませんぞ。

呂 布:ふん…。


 かつて本当にそれをやって、腰の骨を折って死んだという王者がいたことを、呂布は知っていたようだ。

呂 布:抱えるのは俺様じゃはない。刀姫と、オマエたちの仕事だな。


 そう嘯いて立ち止まり、眩しそうに朝日を眺めやる呂布。

陳 宮:……!

 陳宮、不意に衝動に駆られた。
 いきなり拝跪すると、呂布の姿をうやうやしく三度拝した。
 呂布は、視界の端でその光景を見たに違いないが、特に感想を漏らすこともなく、無言で旭日を眺め続けていた。
 

 ――建安13年冬。呂布は、後漢王朝の鼎の軽重を問うべき位置にある。

  洛陽を陥とし、いよいよ中原に鹿を捉える南蛮王呂布。次回、第五部最終話です。

« | »

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.