ロボットによるスパムを排除するため、全板でキャップ必須にしました!

書き込みをされる方は、必ずメール欄に #chronica と入力してください。
sageをする場合は、 sage #chronica としてください(sageのあと半角スペース空ける)。

お手数をお掛けしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたしますm( _ _ )m


■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 最新50 read.htmlに切り替える
■ ★三国志キャラの先祖・子孫を捜せ★

1 名前::2002/10/27(日) 21:56

ぐっこ(何か委員会総帥)[近畿] 投稿日:2001年07月26日 (木) 00時35分01秒 

ということで、どなたかご存じの方、教えてくださいませ!
今のところ松竹梅様の情報で、幽州の「盧家」が!
何でも南北朝時代の北朝で、相当な名家と賞されたとか…。
立地条件から言って、これはあの盧植の子孫・あるいは一門かもしれません!盧植の子・盧毓だって魏王朝の高官でしたし。

そういえば、誰かの子孫が西域記の玄奘になったいたような…。陳羣でしたっけ?

それとは逆に、薛(徐州)の田家の末裔が、三国時代に薛氏を名乗っていたという話もありますね〜。薛綜とかが、あの靖郭君や孟嘗君の子孫だったりする可能性も…

236 名前:名無し:2003/10/18(土) 21:36
繋がってますよ>中華書局版

237 名前:★玉川雄一:2003/10/18(土) 23:27
む、やはりそうでありましたか。
一つ繋がりとして解釈するのが妥当なのでしょうね。
名無しの救世主様、情報提供ありがとうございました。

今度は、皇甫叔献の存在のウラを取らねばなりませぬな。
まずはまた世説新語ひっくり返さないといかんのか… 楽しいけどしんどいですな。
やはり図書館借りじゃなくて自前で持たねばならん時が来るのだなあ。

238 名前:japan:2003/11/02(日) 23:34
>玉川様
遅レスですが、文学第四の68の注に引用されている王隠の『晋書』ですね。
>皇甫叔献の存在のウラ

「祖父皇甫叔献はハ(さんずいに覇)陵令、父皇甫叔侯は孝廉に挙げられた」とありますが、
(1)父と子の諱に同じ文字が使われていることは99%ありえない
(2)後漢〜晋代にかけての士大夫は<名が一文字+字が二文字>のパターンが大多数。
という二点から考えると、この「叔献」「叔侯」は字と見てほぼ間違いないでしょう。

「『叔』献」という字は上に兄がいたことを予想させます。
「堅壽&叔献兄弟説」とも矛盾しない考え方ですね。
(弟が『叔』なのに兄が『伯』『仲』でないというのは
荀揩フ息子達にも見られるパターンですし)

残念ながら正史の方の『晋書』皇甫謐伝には、
彼の父&祖父についての記述はありませんでした。
(曽祖父が皇甫嵩である旨は記してありましたが)
後は、張奐を自分の後任に推薦したという皇甫規や、
下辨の丞を務めた皇甫彦、安定太守の皇甫隆あたりも
この一族の出身のようですね。
ヒソーリと活躍してるなぁ、安定の皇甫一族…

239 名前:★玉川雄一:2003/11/03(月) 01:39
japanさんフォロー感謝です。やはり、字なのでしょうね。

しかし、安定皇甫氏は「叔」の字がよほど好きなのでしょうか(^_^;)
晋書に立伝された皇甫重の字も「倫叔」だし…
皇甫重は西晋時代に、また皇甫真なる人物が前燕〜前秦に仕えて活躍したそうですね。
学三のトウ艾スレに書いてあります。
http://gaksan2.s28.xrea.com/x/cgi-bin/12ch/read.cgi?bbs=gakuenn&key=1012041484
やっぱ地道に頑張ってるんですねえ。

240 名前:japan:2003/11/08(土) 12:46
先祖・子孫というほど遠く離れてはいませんが、
西晋の名将・羊コの血統はなかなか凄いものがあります。

母方の祖父が後漢の大儒である蔡ヨウ、
おばは流転の女流詩人・蔡文姫。
義理の兄が司馬師で、義理の父は夏侯覇。
おまけに父の先妻は孔融の娘。
おじである羊耽の妻は賢婦として名高い辛憲英(辛ピの娘)で、
彼女の曾孫が西晋・前趙の二朝で皇后に冊立されるという
数奇な運命を辿った美女・羊獻容。

ちなみに、羊コが夏侯覇の娘を娶ったきっかけは、
夏侯覇の弟である夏侯威が泰山郡に赴任した際に
羊コの人となりを高く評価し、姪と縁付けたというもの。
この夏侯威の後妻は蔡氏(蔡ヨウの一族であるかは未確認)。
夏侯威の次男・夏侯荘は羊耽と辛憲英の間に生まれた娘を妻とし、
その息子が美貌の詩人として名高い夏侯湛である。

……文字だけで書くと何がなにやらという感じですが、とりあえず
・[言焦]の夏侯氏:魏の帝室と累代縁戚関係にある名門。
・泰山の羊氏:晋帝室と縁が深く、軍事・政治双方から司馬氏を支えた名家。
・陳留の蔡氏:漢末の争乱で痛手を負った学者一族。
この三つの家は幾度も婚姻を重ね、優秀な人材を輩出していたようです。
西晋辺りになるとかなり貴族制が進んできたようですが、
羊コの血統表を眺めているだけでもその一端が感じ取れるような…

241 名前:japan:2003/11/08(土) 13:09
※おまけ:夏侯淵伝の疑問について

夏侯淵伝の裴注に引く『世後』に以下のような記述があります。

「夏侯荘は、晋の景陽皇后の姉の夫に当り、そのおかげで、
彼の一門は当時にあって、はぶりをきかせた」

晋の景陽皇后=羊徽瑜は羊コの姉。
しかし、辛ピ伝に引く同じく『世語』では
夏侯湛は辛憲英の外孫とされています。

考えられる可能性としては、
(1)夏侯荘は羊氏から二回妻を迎えている。
・一人目:羊コや羊徽瑜の姉
・二人目:羊耽と辛憲英の娘。彼女が夏侯湛を産んだ。

(2)ちくまの誤訳、もしくは原典から間違っている。
二人の羊皇后(羊徽瑜と羊獻容)を取り違えた、或いは世代を数え間違えたなど、
引っ掛かりそうなポイントがいくつかあるのが気になります。

付け焼刃で調べた知識なので、勘違いや見落としも多いと思います。
詳しい方からフォローをいただければ幸いです。

242 名前:★ぐっこ:2003/11/09(日) 01:49
しっかり清流ネットワークのコアな位置にいる超エリート、羊コさん。
っていうか、改めてその血統を見ると、本当に凄い…(゚Д゚;)
権門にあまり関わって無さそうな蔡氏と縁続きというのがアクセントに
なってますが(^_^;) そういえば、党錮で捕まった名士の中に、泰山の羊氏
が一人いたと思いますが、羊コと同じ一族だったかも。

などと役に立たない事を書き散らして、もうひとつの話題の夏侯氏問題から
逃げてますが(^_^;)、 どなたかフォローをばプリーズ。

243 名前:japan:2003/11/12(水) 23:57
>そういえば、党錮で捕まった名士の中に、泰山の羊氏
>が一人いたと思いますが、羊コと同じ一族だったかも。

『党錮伝』を確認してきました。八顧の一人である羊陟ですね。
羊陟は泰(太)山梁父の出身、羊コは泰山南城の出身なので
直接的な血のつながりは無いかもしれません。
でも『羊コ伝』によれば、彼の家は九世にわたる名族であったそうですから、
泰山郡の全域に同族が住んでいたとしても不思議はないですよね。

豫州・青洲の名士ネットワークに繋がる「泰山の羊氏」という一族の存在を
想定すると、漢末から晋へと続く清流の系譜がまた一つ明らかになった気がします。
貴重な情報をありがとうございましたm(_ _)m

244 名前:★ぐっこ:2003/11/30(日) 01:36
激しく遅レスですが…
三国志事典15X-31Xさま→http://www32.tok2.com/home/mm2/3k/
の事典・羊陟の項で、蔡一族と数代にわたる交友があったことから、
南城羊氏との関連が触れられてます。
ざっと蔡邕傳を見てみると、確かに司徒・劉郃がらみの弾劾騒ぎがあった
おり、隅っこのほうに小さく
「太山黨魁羊陟與邕季父衛尉、質對門九族」とありました。
「泰山の党人の首魁?羊陟と、蔡邕の叔父・衛尉卿の蔡質は〜」という前半に続き、
後半部分の「封門九族」が、なんかソレっぽいのではないかと(^_^;) 亡命中も
羊氏と連絡をとっていたようすし…

245 名前:MM2:2003/12/03(水) 10:50
どうもお久しぶりです。

羊陟の一族と羊コの一族についてですが、誤訳しててわかりにくくなってました。
後漢書集解の蔡ヨウ伝に「欧陽尚書九族妻族二対門九族乃妻族也…」とありまして、
「『欧陽尚書』によると「九族妻族二」とあり、「対門九族」とはすなわち妻族のことである」
という意味ではないかと。

蔡ヨウの一族と羊陟の一族は妻の一族を介して縁続きで、更に蔡ヨウの外孫に羊コがいます。
言及はされていませんが一族の可能性は高いと思います。

246 名前:MM2:2003/12/03(水) 11:00
連続ですみません。

>蔡ヨウの一族と羊陟の一族は妻の一族を介して縁続きで、
妻の一族を介して…ということではなく、蔡氏と羊氏は互いに娘をやって姻戚同士だったという意味かもしれません。

247 名前:japan:2003/12/04(木) 23:55
ぐっこ様、MM2様、羊陟に関する情報をありがとうございました。
三国志事典15X-31X様も拝見してまいりました。
「泰山の党人の首魁」にして蔡ヨウの一族とも姻戚関係がある。
ますます羊コと親戚筋にある可能性が強くなったように思います。
『晋書』羊コ伝の冒頭に「至コ九世、並以清徳聞」とあるのも
累代清流派士大夫の家系であったことを示唆していますし。

248 名前:★ぐっこ:2003/12/04(木) 23:58
あ、ご無沙汰しておりますー!
そしてアドバイスありがとうございます!
あー、集解で注釈されるくらいマイナーな表現でしたか…。
太山黨魁羊陟與邕季父衛尉質對門九族
に限って言えば、羊陟か蔡質のどちらかの妻の一族が、先方と
繋がっている、と限定できるかなあ。…と思えば>>246の考え方
もあるわけで…
ともかく、蔡邕と羊コは縁続きなわけですし、ヤハリ泰山諸県に、
それなりの数の分家が散らばっていた、というところでしょうか?
MM2さま、貴重な情報ありがとうございました!<(_ _)>

249 名前:japan:2003/12/05(金) 00:14
あと>>241の訂正ですが、

>晋の景陽皇后=羊徽瑜は羊コの姉。

すいません、この記述は私の勘違いでした。
というか「晋の景陽皇后」などという人物は存在しませんでした。
……ハイショーシ君、ドウイウコト?

晋景帝=司馬師の皇后として『晋書』に立伝されているのは
 ・景懐夏侯皇后:夏侯徽(夏侯玄の妹)
 ・景獻羊皇后 :羊徽瑜(羊コの姉)
の二人。どちらの諡号も「陽」ではありませんでした。
司馬師はこの二人の他に呉質の娘も妻にしていますが、彼女は子も無いまま離縁されて
皇后が追贈されている様子も見受けられません。

でもって、もう一人の羊皇后――羊獻容の晋書における記述は「惠羊皇后」なんですよ。
「惠羊皇后」と「景陽皇后」。「羊獻容」と「景獻羊皇后」。
……ますます二人の羊皇后の記述が交じり合ってしまったような匂いがします。

250 名前:★玉川雄一:2003/12/05(金) 00:30
>景陽皇后って誰やねん?
私もコレ、不思議でしょうがないのデスが。

ごっちゃになってるのか別人として存在したのか?
皇后クラスの記録が一人分抜け落ちるというのもアレですど。
やはり混同説が怪しい気がしますが…

真実はひとつですし、それがもし仮に実はとんでもなくアホらしい理由だったとしても、
今となっては真相は歴史の闇の中…?
何か別の角度からスパッと解決するような史料はないものでしょうかね。

251 名前:むじん:2003/12/07(日) 02:19
集解に…(^^;

252 名前:★玉川雄一:2003/12/07(日) 09:50
Σ(゚Д゚;)

ま た 集 解 か _| ̄|●

これはもうむじんさんをラチカンキンした上で一日18時間集解漬けにして、
一刻も早く全訳を世に広めて頂くしかないんじゃなかろうか?

自分でも努力しろ

253 名前:★ぐっこ:2003/12/07(日) 13:41
>>251
Σ(゚Д゚;) 詳細を!
集解欲しいよ。


って前の蒼天スレと同じやん…
義兄上、やっちゃおうよ。むじんさま拉致っちゃおうよ。

254 名前:むじん:2003/12/08(月) 04:26
うわぁぁぁ拉致るれろろろ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
拉致られる前にげろっちゃう。

『夏侯淵伝』荘,晋景陽皇后姉夫也.
(集解)何シャク曰:「陽当作羊.此晋景献皇后也.」
陳景雲曰:「陽・羊古通用.欧陽集古録後漢熊喬跋碑云,碑中言:治欧羊尚書,以陽為羊.」
弼按晋書后妃伝,作景献羊皇后,后父ドウ,后母陳留蔡氏,漢左中郎将ヨウ之女也.
又案晋書羊コ伝,コ父ドウ,コ蔡ヨウ外孫,景献皇后同産弟.
拠此則ドウ有二婿,一為夏侯荘,一為司馬師也.

『夏侯淵伝』夏侯荘は晋の景陽皇后の姉婿である。
(集解)何シャクは言う。「陽は羊と作るべき。これは晋の景献皇后である。」
陳景雲は言う。「陽と羊は古代では通用していた。『欧陽修集』の古い記録では後漢の熊喬の碑文の奥書にいわく、碑文中に(熊喬は)『欧羊尚書』を修めたと言う。陽を羊としているのだ。」
盧弼が『晋書』后妃伝を調べてみると、景献羊皇后と作り、皇后の父は羊ドウといい、皇后の母は陳留の蔡氏で漢の左中郎将蔡ヨウの娘とある。
また『晋書』羊コ伝を調べると、羊コの父は羊ドウといい、羊コは蔡ヨウの外孫で、景献皇后の同腹の弟であるという。
これによれば、羊ドウには二人の娘婿がおり、一人は夏侯荘、一人は司馬師である。

つなみに陽と羊は現代語でも同じ発音(Yang2)ですね。
ああ、それと陽の字は少しあとの東晋時代の諱字になってます。本件とは関係なかったですが。
こんな感じです〜。

255 名前:japan:2003/12/08(月) 20:29
>むじん様
詳しいご解説をありがとうございました。
景陽皇后=羊徽瑜でFAだったんですね。喉の小骨が取れた思いです(^^)

>陽と羊は古代では通用していた。
そう言えば「三陽開泰」を「三羊開泰」と書いたりしますしね。
陽=羊と置き換えられる場合があるんだ…すっかり忘れてますた_| ̄|○

ただ、そうするとやっぱり『辛ピ伝』裴注の「夏侯湛は辛憲英の外孫」という記述が
おかしくなってくるんですよね。
羊コの姉妹が母親なら、祖父は羊ドウではなく羊耽になるはずなのに…
>>241で書いたとおり、夏侯荘が再婚したと解釈するしかないのでしょうか。

>ぐっこ様
>集解欲しいよ。

禿同です。大分前に某書店で在庫が無いか聞いてみたら、
「台湾からのお取り寄せになりますが…」とのことでした。
当時SARSが大流行していたので二の足を踏んでしまったのですが、
ウイルスが怖くて三国迷がやってられるか! と特攻すれば良かったです(´・ω・`)

256 名前:japan:2003/12/08(月) 20:49
すいません、またしても書き間違いです。

×羊コの姉妹が母親なら、祖父は羊ドウではなく羊耽になるはずなのに…
○羊コの姉妹が母親なら、祖父は羊耽ではなく羊ドウになるはずなのに…

ああ、もう紛らわしい…これでは誤記(?)が生じるのも仕方が無いかもしれません。

257 名前:むじん:2003/12/09(火) 15:40
それも集解に触れられてますが、あまり深入りせず、
「夏侯湛は羊ドウの外孫じゃろが」の一言で済ませてる模様です。
夏侯淵伝でも辛毘伝でも『世語』を引いてのことですから、
やはり誤字で片付けるのが正解かも知れないです。

258 名前:★ぐっこ:2003/12/10(水) 23:31
むじん様ありがとうございます! …拉致漏らしたか…
うーん、やはり文中の疑問をサクッと解決する人々がいるのですねえ…
景陽皇后=羊徽瑜…さきほど図で書いてみて、ようやく合点がいきました(^_^;)
一字の違いが、ここまで事態をややこしくさせるとは…
それに、世語関連は誤字多し? うーむ…

>集解欲しい…
欲スィ…
以前お値段的には購買可能と決断したのですが、分量ってば、どのくらい
なもんなんでしょうか? ハードカバー正史1巻分(日本語だけど)=1セイシ
と単位付けると、「三国志集解」は何セイシくらいなんでしょう…

259 名前:むじん:2003/12/11(木) 01:55
中華書局版ですと精装B5判で1150ページほどになります。
厚みは1.8倍、紙面は1.5倍くらいかな。大きさでいえば2.7セイシ。
新聞紙のような紙材を使っているのであまり重くはないです。
26文字で1行、それが20行づつ上下に2段。裴注や集解はもっと小さいポ

文字数でいうと2*3セイシくらい。陳寿本文+裴松之注≒盧弼集解な感じ。
しかーし、これだけ分量あるのに1冊にまとめてしまってるんで、
開きにくいし、背も傷みやすいです。
後漢書集解みたいに上下2冊組みにしてくれたらよかったのにぃ……。

260 名前:★ぐっこ:2003/12/11(木) 23:44
むじんさま、引き続きありがとうございます!

げ、3セイシくらいは覚悟しないとダメなのか!和刻モノ後漢書で1600頁、三国志
でも1000頁くらい…まあ分量はそんなものか…。
うーん、後漢書全コピでキングファイル3冊使ったからなあ…
同じ規模を考えねばならんのか…って、買った方が遙かに安いのか、
この場合。

本は…会社のミニ製本機で無理矢理上下巻にしてしまうとするか(^_^;)
やっぱりナニゲに良いこと書いてあるし、買うべきだろうなあ…

261 名前:MM2:2003/12/12(金) 02:08
またしてもどうも。

>集解
芸文書印館版も中華書局版と殆ど変わりませんね。こっちだと1218ページになってますが、内容は同じだと思います。
ハードカバー正史を知らないのですが、中華書局の三国志と比べると中華書局版1〜4(呉書除く)≒集解くらいの分厚さです。
内容はむじんさんのおっしゃられるとおりで付箋がないと辛いです。

それと三国志集解は後漢書集解に比べて印刷が格段にいいですね。

262 名前:★ぐっこ:2003/12/14(日) 10:49
MM2さまも、情報ありがとうございますー。
ああ、2バージョン出てましたか。内容はそれほど変わらず。
ということは、ページ絞っている中華書局版の方が扱いやすいかな…。
それと、インデックス必須と…φ(..)
2-3セイシで、しかも白文。なかなか読み応えはありそうです。

あ、そうだ、後漢書集解のお話が出ましたが、こちらも似たようなボリュームか、
もうちょっと多いのでしょうね…。まあ、私は三国志関連の調べ物しかしないので、
読むところと言えば限られてますが。

263 名前:むじん:2003/12/14(日) 15:32
おばらさまのサイトで後漢書/三国志集解の写真が掲載されました。
見たところ芸文印書館のも中華書局と同じ底本の影印ですね。
三国志集解では古籍出版社本、後漢書集解では虚受堂刊本を使用しています。
とすると、ページ数の違いはやはり校勘記の差か…?
写真で見た感じでは芸文印書館本のほうが装幀がしっかりしてるような…?中華書局はもろい。
紙質も芸文が上かな。中華書局はもっとひねた感じ。
しかも値段も安いときたもんだから芸文印書館がおすすめですぜー。

後漢書集解も本の大きさは同じくらい。
表紙の分だけ少し厚みがあるだけです。上下2冊組みです。
紀伝:集解の比率は5:5程度ですが、志では集解の比重が高くなっています。
ただでさえ活字が汚いのに、割り注の割り注になっているところもあり死ぬほど見づらいです。

264 名前:★ぐっこ:2003/12/15(月) 01:41
やや、むじんさま、ありがとうございます!
早速確認!
http://www3.to/kanso
の、「本?」のコーナー。
なるほど、芸文印書舘版は「二五史」シリーズの分冊か…。たしかに装丁も
しっかりしてるし、紙も綺麗。それに安い…!?
むう、ゲトするなら間違いなくこちらで揃えた方が良さそうですね…

後漢書集解も…読み応えは相当にあるんでしょうねえ…(;´Д`)

265 名前:むじん:2003/12/19(金) 18:26
王先謙の後漢書集解は、ほとんど盧弼の三国志集解に引用されてますからね。
三国関連の情報を得るためなら三国志集解だけで充分かと。
ただ(続漢書)郡国志の集解は三国迷にとっても貴重な情報ですよ。
馬與龍という人が歴代の太守やら県令やらを拾い上げてくれてます。

266 名前:★ぐっこ:2003/12/20(土) 01:17
なるほど! 三国志集解の方に、かなり後漢書集解中の記述が
引用されてるですか! じゃあ、だいぶ重複するわけで、三国志
集解だけで私の場合事足りるか…

>郡国志の集解
Σ( ̄□ ̄;)!!
こ、これ欲しい! これだけのために後漢書集解買ってもイイくらい!
これまさか全部の郡の歴代太守を網羅してるワケじゃありませんよ…ね…?
もししてたら神!してなくても十分神! ぐわ、欲しくなってきた…

267 名前:むじん:2003/12/20(土) 05:26
どうなんでしょうね〜!(^^;
見た感じでは完全網羅しようとしていることだけは分かりますが、
果たして漏れがないかどうかまではちょっと確認できず。
数え間違いがなければ、光武帝から献帝までの時期の河南尹が66人ほど。
あと河南郡人が16人くらい。県レベルまで分かっている人は各県人に編入。
『後漢書』『三国志』のほか『水経注』からもピックアップしているようです。
馬與龍が数え上げているのは、刺史、牧、別駕以下の州吏、太守、相、郡丞以下の郡吏、
県令、県長、王、侯、郷侯、亭侯、郡人、県人などといったところ。
よかったら河南尹・洛陽県だけでもコピペしますけど目安にどうです?

後漢書集解の下巻は左周黄列伝第五十一から始まっていて、
三国関連の人物はほとんどこちら側に含まれていることはご存じの通りです。
下巻だけでも「買い」かも知れないですねー。

268 名前:MM2:2003/12/20(土) 21:54
後漢書集解の上巻ですが、芸文書印館版だと虞傅蓋臧列伝四十八までですね。
つまり下巻は張衡伝第四十九上(四十九下が蔡ヨウ)から始まりますので本当に下巻だけでも殆ど用が足ります。
上巻で三国志とモロかぶるのは帝紀+皇后紀ですかね。後は各地の皇族諸王侯の列伝くらいですか。

269 名前:★ぐっこ:2003/12/21(日) 01:58
>>267むじん様
(゚∀゚)! 試みとしては完全網羅しようとしてるわけですか!?
えらいヤシだ馬與龍! でも県吏レベルまで掘り下げるとなると、
相当な人数になるでしょうに…。
やはり昔からこういうのに骨惜しみしないマニアがいたということか。
>よかったら河南尹・洛陽県だけでもコピペしますけど目安にどうです?
Σ( ゚Д゚)きぼん…!

>>268 MM2さま
あ、芸文書印館版だと微妙に収録数が違うようで…って、蔡邕でんまでカバーして
くれてるならばより有難い!それでお値段設定も高くないということで、買うならば
間違いなくこちらの下巻ですな(;´Д`)ハァハァ…
皇族諸王…目立たないけど以外にビッグだった皇族にも惹かれてるので、こちらも惜しいなあ…
桓霊のあたりで、それなりに名前の知れてる皇族って何人くらいいたものなんでしょう?

270 名前:むじん:2003/12/21(日) 05:21
それでは改行抜きで一気に参ります。誤字脱字はご容赦。

【河南尹】馬與龍曰:河南太守馬況見馬援傳注,武勃見馮異傳,丁綝見丁鴻傳.河南尹歐陽歙・王梁見本傳,(割注略)張伋見光武紀,宋嵩見宋弘傳,范遷・薛昭見明帝紀,郭賀・袁安・召馴・張酺・郭鎭見本傳,郭唐見任光傳,曹祉見歐陽歙傳,王調見宋意傳,應順見應奉傳,蔡嵩見袁安傳注,龐奮見南匈奴傳,周暢見周嘉傳,鄧豹見鄧后傳,田歆見种暠傳,趙戒見李固傳注,梁冀・梁不疑・梁胤見梁冀傳,霍諝・羊陟・杜密・橋玄見本傳,房植見黨錮傳,鄧萬世見鄧后紀,何豹見寇榮傳,李膺・楊秉・劉祐・馮緄傳見本傳,朱野見朱穆傳,朱瑀・徐灌見靈帝紀,何進・何苗・許相見何進傳,朱儁・袁術・王允見本傳,楊懿見儁傳,駱業見何后紀,陳導見水經河水注,崇隗見穀水注,趙越見清水注,董昭・夏侯惇・司馬芝・裴潛見魏志本傳,龐迪見邴原傳,王肅・王恂見肅傳注,劉靖見劉馥傳,夏侯和見夏侯淵傳,呂粹・阮炳見杜畿傳注,李勝見曹爽傳,傅嘏・王觀見本傳.丞雙福見穀水注.河南都尉公孫仁見公孫述傳.仕郡孫堪見周澤傳.又郡人召夔見周勰傳,呉雄・子訢・孫恭見郭躬傳,尹存見李固傳,趙建章見臧洪傳注,孟彧・張延見靈帝紀,任棠見龐參傳,單超・單安・單匡見宦者單超傳,麹聖卿見方術解奴辜傳,潘勗見魏志衛覬傳,趙達見呉志達傳,徴崇見程秉傳.
【雒陽】馬與龍曰:雒陽令董宣・索盧放・虞延・周紆見本傳,李阜見樂恢傳,楊光見鄭弘傳,王渙・任峻見渙傳,陳歆見張奮傳,种兢見班固傳,祝良見龐參傳,呂放・呂禹見梁冀傳,袁騰見寇榮傳,虞祁見竇武傳,孔昱見本傳,周暉見周景傳,周異見呉志周瑜傳,司馬防見魏志司馬朗傳,江雙見穀水注,徐循見河水注,荀融見荀彧傳注,鄧颺・李勝見曹爽傳注,劉焉見蜀志焉傳.雒陽市令淳于翼見五行志.市丞石脩見耿恭傳.門候郅惲見本傳,何湯見穀水注.又縣人孟彧見靈帝紀,(割注略)慶鴻見廉范傳,韓鴻見呉漢傳,种暠・子岱・拂・拂子邵見本傳,郭賀・祖父堅・伯父游君見本傳,孟光見蜀志光傳.

ここでは河南尹・雒陽に付された馬與龍の集解だけを取り出しています。
さすがに首都だけあって多数の名が挙がっていますが、周辺ともなると十分の一くらいでしょうか。

271 名前:★ぐっこ:2003/12/21(日) 23:59
Σ(;´Д`) うお!? むじん様グッジョブ!
なるほどお、全伝・紀・水経河注から名前を抜き出して、順番に並べるという地道な手順で…!
うーむ、河南尹のポストなんか今まであまり注目してなかったのですが、確かに三国時代の
見知った顔がずらずらと。首都圏長官職なわけで桓〜霊のあたりなんか、政変に関わってる
連中の顔ぶれもよくわかる(^_^;)

うーん、洛陽令職も充実してますねえ…。曹操がなりたかったというだけあって、これまた
有名な顔ぶればかり。あ、周瑜パパに司馬望ハケーン。

272 名前:MM2:2003/12/23(火) 01:38
更新ミスっててブルーなMM2です。


皇族といえば最近読んだ石井仁「曹操」に後漢末の曹操領内に現存していた皇族について(メモ程度ですが)書かれてました。

帝紀を読むと嫡流に近い皇族なんかは薨じた時期が載ってるので列伝と併せると、どのくらいの時期の人か絞るのは簡単ですね。
ビッグな皇族といえば皇帝の兄弟とかになるんでしょうけど、桓帝の場合は名前の残ってる兄弟が結構いる(安平王豹、河間王建、勃海王カイ、長社公主、益陽公主 ※長社公主の夫は雲台二十八将の耿ショウの弟の子孫耿授、益陽公主の夫は同じく雲台二十八将の寇恂の子孫)のでその辺の力が強かったのでしょう。
霊帝は不思議なことに名前の残っている兄弟が見えず、董后(霊帝の生母)紀を見ると董后の兄弟とか縁者の名前が結構挙がってますね。桓帝の梁氏ほどではないにしろ、外戚が強かったんでしょう。

最近雲台二十八将の子孫についても着目してます。二十八将の子孫て後漢末まで結構残ってますよね。本当に前漢と違って子孫の残りやすい環境なんですね、後漢王朝というのは。

273 名前:★ぐっこ:2003/12/24(水) 01:54
激しく同意!
私も彼らの後の世代が気になります…。はっきりと分かってる呉漢や
昶Zらの子孫の他に、どういう人がいたのでしょう?
仰るとおり後漢王朝の性質上、宿将連中がけっこう子孫繁栄していて、
外戚系だとかなり後まで羽振りを利かしてるみたいですし。
後漢書の彼らの伝だと、末期までサーチできる人物ってそんなにいないのが
残念。せいぜい孫の代くらいまで封地引き継いだ人間の名前列挙して終わり。
彼らの子孫が、三国志前後でどういう評価を受けていたのか知りたいですねえ…

>皇族
霊帝は、特に絶対皇帝になれっこなさそうな地方の亭侯クラスの皇族をひっぱって
きたんでしたっけ…? それで親族縁者が乏しかったとか。

274 名前:むじん:2003/12/24(水) 03:15
劉備の養子劉封が羅侯寇氏の出自ってのがどうもなぁ。
むしろ鄧氏じゃないかと…。どう思われます?
三国志集解でもスルーなんですが…もし二十八将の子孫だったら…おいしいね。

275 名前:★ぐっこ:2003/12/25(木) 01:01
>>274
なんだって――――っ!?

どれどれ…って調べようと思ったら、なんで昶Zの子孫ってこんなに
詳しくゾロゾロ列挙されてるんだ(^_^;) ちとじっくり調べられないので
先に質問してしまいますが、誰か子孫が羅侯に封じられてるんでしょうか?
羅っていったら、長沙のあたりですよねえ…

そういえば昶Zも新野の人。搦ナは新野にほど近い義陽だからわかりやすいが…
もし劉封=摯浮セとすれば、かなりハァハァなんですが。

276 名前:むじん:2003/12/25(木) 03:04
いやー、それがよくわかんないんですよね。

鄧禹の孫娘が和熹皇后なんですが、彼女はかなりのお兄ちゃん子だったようで、
鄧隲は史上初の儀同三司になってたりします。兄妹で安帝を擁立しました。
鄧隲は謙虚な人柄で、何度も宮中を去って屋敷に帰りたいと訴えましたが、
太后は一年余りも渋ったのち、ようやく許可します。
鄧隲は弟三人とともに万戸侯に封ぜられますが、兄弟そろって堅く辞退、
とうとう勅使に見つからないよう逃げまどいながら宮中に参内して直訴します。
太后は許可せず、その遣り取りが5〜6回繰り返されてやっと認められたのでした。
鄧隲は倹約を心がけ、苦役を免除してやり、数多くの名士を推挙しました。
母の喪が明けると、また詔勅によって前職に戻れと命じられましたが、これも叩頭して辞退。
太后が逝去し、安帝は長じるとともに暗愚な君主へ…。
鄧氏に怨みを持つ者がいて、鄧隲の弟が平原王擁立を企てたと讒訴、
安帝の怒りを買った鄧氏はみな罷免され、ある者は自殺し、
鄧隲は羅侯へと転封され、そこで絶食して死にました。

その後の羅侯がどうなったのか、後漢書には記されていないようです。
劉封の祖先が鄧隲であるという確かな証拠はないんですが、
それ以上に、寇氏と羅国のあいだに接点を見出せないんです。見落としなのかな。

277 名前:★ぐっこ:2003/12/26(金) 01:04
うい、ありがとうございます、むじんさま!
中央研究院の方で“羅侯”検索かけると、なるほど、寇恂の方は
かすりもせず、晁ォや竇憲のほうでヒットしました…
うーん、劉封自身の伝には長沙劉氏との繋がりも記されていたので、
あのあたりには外戚から派生した一族が勢力を張っていたのかな…?
確かに調べれば調べるほど面白い! 雲台二十八将の誰の子孫にあたる
のか…。(←とも限らないのか)

つうか、晁ォってひとも、よい外戚の鑑みたいな伝ですねえ…。初の儀同三司!?
搗セ后もかなりのやり手だったみたいだし…

278 名前:左平(仮名):2004/05/23(日) 23:27
僭越ながら、サルべ−ジ致します。「オ−ル讀物」の「戦国名臣列伝」に、一つネタがありましたので。
内容は、四方山の「宮城谷センセ総合スレッド(三国志以外)」に書き込みました。

279 名前:MM2:2004/11/15(月) 23:57
図書館行って先日の論文が載ってる本(雑誌)借りて、
ついでに渡邉義浩先生の「後漢国家の支配と儒教」を借りたら腰を抜かすくらいの資料があってびびりまくってしまいました。
こりゃじっくり読むためにも一冊買わねばなと思ったのですが値段が物凄いですね。文庫化は望めないのでしょうか。

ところで今回はご教授願いに参りました。
上のほうで安定皇甫氏について書いているので、知ってる方がいましたらお願いします。

皇甫氏の血縁者を調べてたら晋書の方で出るわ出るわ。
ざっと系図を書き出したのですが、この周辺の人達の横の繋がりなどの情報がありましたらお願い致します。

棱─旗┬節┬嵩┬堅寿
   │ │ └○─○─謐┬童霊
   │ │       └方回
   │ └○─酈
   └規
=================
○┬重─昌(養子)
 └商
=================
○┬○┬典
 │ └真
 ├○─○─奮(真従子)
 └○─○─覆(真従子)


↓上の人たちとの血縁かと疑わしい人たち

安定 皇甫隆
安定功曹 皇甫澹
安定 皇甫
安定長史 皇甫序
安定 皇甫岌

280 名前:★玉川雄一:2004/11/16(火) 01:26
横の繋がりは分からんのですが、
晋書のどこかで皇甫方回の子だか子孫というのを見かけた記憶があります。
どこだったかなあ、確か東晋の咸和年間(330年前後)辺りの誰かの伝の文中だったと思うのですが。

281 名前:MM2:2004/11/19(金) 23:58
情報ありがとうございます。調べてみます。

こういう、(例え遠くても)血族かなーと思ってもそれを事実とできるだけの根拠がない場合って歯がゆいですよね。
段氏や羊氏など、挙げれば数え切れないほどそういう豪族がありますが、家系図作ってるときは特にそういう歯がゆさを感じることがあります。

282 名前:★玉川雄一:2004/11/20(土) 03:13
 ■皇甫方回
あー、ごめんなさい、私の勘違いだったみたいです。
晋書列伝第四十六の王[广異](オウヨク)伝の記事で、

「王[广異]が荊州刺史となった際に、前任者だった陶侃の故将や
徴士の皇甫方回などを大いに誅戮したので人望を失った(意訳)」

という個所のことだったと思います。子孫でなくて当人でしたね。
時期としては、王[广異]は荊州刺史となった際に前任者である陶侃の旧部下が
彼の就任を拒んで叛徒・杜曾と結託したため着任が遅れたようで、
着任が“杜曾の乱”の完全鎮圧後とするならば319年ということになり、
皇甫方回の殺害もその頃ということになるでしょうか。

 ■系図のミッシングリンク
私も自分のサイトで系図を作っているのでよく分かります。
とりあえず本籍の県レベルまで同じならば血族であることは堅いんですけど、
系図を作ろうとするとやはり“繋げて”みたくなるんですよね。
そして文献を読んでいて困るのが、「そこに記載されていない人物の存在の可能性」ですね。

“Aの子にB、(Aの)孫にC”とあった場合でも、BとCが親子とは限らないわけで、
実はAにはBの他にDという子があり、Cはその子だったという可能性もある。

従弟などの関係でも微妙なところで、
“AとBは兄弟、Aの子にC、Cの従弟にD”とあっても、
BとDが親子とは言い切れない。

ところで>>281で挙げられた段氏は四世紀初頭の鮮卑段部のことでしょうか。
そして羊氏は泰山の羊氏?
鮮卑段部においても、段匹テイの従弟とされる段末杯(末波)は、
匹テイの父・務勿塵の弟である渉復辰の子と断定できるのか?

この辺は史書をしらみつぶしにあたるしかないですね。
思わぬところでサラリと触れられていたりする場合もありますし。
系図作成に関して他にも情報を補完し合えたらいいですね。
その際はまたよろしくお願いします。
とりあえず拙作を参考までに。三国〜晋(の途中まで)です。

http://triglav.ld.infoseek.co.jp/keizu000.html

283 名前:★玉川雄一:2004/11/20(土) 03:24
ところで、皇甫姓って安定以外に本籍を持つ系統ってあるのでしょうかね。
本籍不詳の皇甫氏は他にもちらほらと登場しますが…

284 名前:★玉川雄一:2004/11/20(土) 03:55
>>282
失敬、晋書皇甫謐伝の末尾にも皇甫方回の記事はあったのですね。
そちらでも、彼が王[广異]に殺害されたとありました。

ただ、こちら(皇甫方回伝と呼びます)では、
陶侃に替わる王[广異]の着任を阻もうとした勢力は杜弢(トトウ)と結託したとありますが、
杜弢の乱は315年に鎮圧されており、その時点ではまだ陶侃が荊州刺史でした。
陶侃が王敦により廣州刺史へと左遷された時期は特定できないのですが、
315年の時点ではまだ荊州刺史であり、318年には既に廣州刺史となっています。
少なくとも杜弢が反乱している間は陶侃が荊州刺史だったことは確かであり、
皇甫方回伝の記述は矛盾してしまいます。

一方で元帝紀などの記述にもあるように317年に荊州で「杜曾」と第五猗が連合して反乱しており、
これは王[广異]伝にある彼の荊州刺史着任阻止の記述とも一致するので、
皇甫方回伝の「杜弢を迎えて[广異]に叛する」は「杜曾」の誤記ではないかと推測されます。
ちなみに同伝の上記の直前の個所でも、皇甫方回が陶侃を諫めた言葉の中に
「足下は新たに杜弢を破り」とあるのでやはり杜弢の乱が鎮圧された後だと考えられます。

色々と書きましたが、どちらにせよ皇甫方回の没年は310年代後半だろうということで。

285 名前:MM2:2004/11/23(火) 00:37
引き続き皇甫氏についての情報ありがとうございます。

>ところで>>281で挙げられた段氏は四世紀初頭の鮮卑段部のことでしょうか。
>そして羊氏は泰山の羊氏?

紛らわしい書き方してました。すみません。前漢後期の西域都護段会宗を祖先に持つ武威郡の段氏です。
『後漢書』見てると北・西方の異民族討伐に活躍した段氏というのが何人か出てきているんです。
しかしその殆どが本籍不明なので手がかり0な状態です。
その中でも一番気になるのが段[火頃]と段[火畏]の関係で、両者とも武威郡出身という事だけ分かっています。

羊氏は泰山の羊氏です。羊続・[示古]の家系は結構出ているのですが、こちらも陳留蔡氏と姻族であったという、党錮伝に本伝のある羊陟の家系が気になります。
こういった何代にも渡って同じ姓から嫁がせているといった変わった家系には目がいきますね。

286 名前:★玉川雄一:2004/11/23(火) 01:39
>段氏
これは早とちりをばいたしました。
武威の段氏といえば「涼州三明」のひとり、段[火頃]などを出した氏族でしたか。
この辺りはぐっこさんなどが詳しいかと。

泰山羊氏は、世説新語の註を見ていると羊秘の系統が延びてゆきそうなので、
こちらを調べてみたいと思います。
また陳留蔡氏も晋代に何人か登場しており、
史料によって系譜に微妙な食い違いがあったりして調査の必要がありそうです。

186KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50 read.htmlに切り替える

名前: E-mail(省略可)

img0ch(CGI)/3.1