ロボットによるスパムを排除するため、全板でキャップ必須にしました!

書き込みをされる方は、必ずメール欄に #chronica と入力してください。
sageをする場合は、 sage #chronica としてください(sageのあと半角スペース空ける)。

お手数をお掛けしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたしますm( _ _ )m


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50 read.htmlに切り替える
■ イベリア発売前から雑談とか妄想スレ

1 名前:ぐっこ:2007/07/24(火) 00:35:27 ID:f33W8muF
2007年8月1日発売のStory Maxi 『聖戦のイベリア』!
発売まであと1週間を切り、いよいよPV等での楽曲情報がゾクゾクと!

と言うわけで、まあ発売まで1週間、ここでイベリア話をしましょうや(^ω^)
発売後は沈めつつ雑談場でも。あと議論禁止。

■PV
・Oh!samaTV
 http://ohsama.tv/

・声グラ
 http://www.seigura.com/soundhorizon/pickup_soundhorizon.html

・オリコン
 http://www.oricon.co.jp/tv/realvoice/soundhorizon/070711_index_movie02.html#movie

2 名前:大黒:2007/07/24(火) 00:45:41 ID:vBoMh1iu
華麗に1ゲット。ぐっこ様有り難うございます

書の落書きからの転載なうえ、25日以降は何の役にも立たない書き込みですが

王様TVと声グラのPVを見て自分なりに石畳の緋き悪魔を想像してみました
もちろん発売前のかなり断片的な情報なので発売したら解釈も変わってくると思いますが
時間のある方はお付き合いください


曲の順序としては声グラ→王様TVの流れだと思います
声グラのPVの最初に何かが炎に包まれるシーンがあるところから
この曲でいわれている『君』とは『焔と契りし少女』ではないでしょうか。PVの中でも3姉妹ではない少女に悪魔(シャイタン?)が囁きかける場面がありますし
そして
『君を害すもの全てこの腕で退けよう』
『流れる血潮が河になる前に全てを終わらせよう』
『君が憎むもの全てこの腕で滅ぼそう』
『流れる涙が河になる前に誓いの口付けを』
といった節々からシャイタンは少女に契約を迫っているのではないでしょうか
『君が愛すもの全てその腕をすり抜ける』
『君が望むもの全てその腕を振り払う』
といった部分からは少女の無力さが伺えます。
恐らく、大切なものを守ろうとしてもその力がないのでしょう
『悲しい時代の諦め顔で無力に嘆くのか君に今敢えて問おう』
というところからはシャイタンの自分と契約すれば力が手に入る。
その機会を自ら捨てて無力な自分に嘆くまま日々を送るのかという
問いかけのようなものを感じました
そして少女は契約を交わしたのではないかと思います
その結果が焔と契るという行為。
シャイタンは悪魔は悪魔でも炎を操る悪魔なのかもしれません
シャイタンと一緒に踊ってる流浪の3姉妹ですが
この3姉妹もシャイタンと何らかの契約を交わしているかもしれません
もしくは、シャイタンと同じく彼女たちも悪魔なのかも。
これは突拍子もなさすぎですかね
最後に離散の老預言者ですが彼はPVの最後で寺院のようなものに向かっています。
もしかしたらそこは彼にとっての聖地なのかもしれません
あるいはなんらかのお告げを受けそれを実行に移すために
神々の加護を求めにいったという見方も出来ます
以上がPVを断片的にみて縫い合わせた解釈です
とりあえずオリコンでPVの全貌が明らかになる25日までは私の頭ではこれが精一杯でした
皆さんの補完を期待します

まあ、断片的なPVを見た状態ではこういう解釈も成り立つのだなと思ってもらえれば幸いです

3 名前:胡雪:2007/07/24(火) 10:12:08 ID:d0CLF9+Q
未だに流浪の三姉妹をどう扱うべきか処遇に困ってます胡雪です。

石畳の緋き悪魔の全貌が明らかになったとしても、まだ前後二曲分の妄想が!
…と、言っても序章はレコンキスタの説明だろうからまだ想像しやすいのですが、
終章は…どうオチたモノか想像つきませんね。


〜美しき夜の娘について〜

彼女は美しい娘だった。しかしそれを知る者は家族ほど近しいもの達のみ。
夜色の長いローブを頭からすっぽりと被り、その美しさは隠されていた。
彼女の"父"は今は昔、かつて侵略者だった。

初めはイベリアの対岸に住み、イベリアにも何人かの貿易商が渡った。
ある時、一人の商人がその地の者によって殺された。
怒った彼らはイベリア南部の港を制圧し、やがて海域を封鎖。海上貿易を独占した。
それを引き金にイベリアでの聖戦は始まる。
左手には聖書を掲げ、しかし右手では剣を振りかざす。
宗教戦争、聖戦という名をかりた侵略戦争。死を恐れない彼らは強かった。
やがて彼らはイベリアを彼らの国の属領とした。

レコンキスタの鐘が鳴り響く。
宗教の違いが争いを生む。異教徒狩りが始まる。
その時代の流れは彼女の住む土地も例外なく飲み込んだ。
彼女は逃げた。父は刈られ、母も狩られた。
彼女は逃げた。何処までも、何処までも。遠く南を目指して。

元の住処からは遠く離れた山の中、一晩の休息と安寧を求めてさまよい歩く。
やがて彼女は古びた遺跡を見つけ、そこに隠れた。

そこは不思議な空間だった。鳥の声すら聞こえないほどの静寂。
遺跡の壁に描かれた文字。フェネキアが遺した古代の文字。
時間さえ止まったかのような静寂の中、彼女はその文字を辿りその音を呟く。
「S・H・A・Y・T・A・N…Shaytan…」

何処からとも無く聞こえる声。名前さえ忘れ去られていた悪魔の囁き。
復讐を果たす力。戦火を覆す力。悪魔は契約と解放を求める。
そして、彼女は契る事を選んだ…


・あとがき・
声グラで焔と契った娘が焔のエフェクトが消えるのと同時に現れますが、
その前段階で同じ場所に居た長いローブの娘は「美しき夜の娘」かな?
…と思い、自分なりの背景を詳しく書き出して見ました。
穴埋めストーリーの粗筋を作るのは楽しいですが、
後で見ると気恥ずかしい気持ちで一杯になりますよね。

4 名前:大黒:2007/07/24(火) 17:38:20 ID:8zVFKVyk
預言者とシャイタンが対立するものとして三姉妹がどうしてシャイタンと踊ってるのかが解りませんからねぇ
明日オリコンで公開されるPVで解るといいんですが
(超個人的にはせっかく初回版予約したんだから発売日まではフルバージョン流すなよとか思ってたりw)
終章はタイトルが『侵略するものされるもの』ですから恐らく戦争というか復讐の永遠性(?)とその虚しさを歌い上げたのではないかと想像してます
胡雪さんのストーリーをみるとイベリアの中でもジブラルタルがクローズアップされてるようですね
確かにあそこはヨーロッパとイスラムの貿易の玄関口であると同時に地中海と外海を結ぶ貿易の要衝ですから真っ先に狙われるというか手に入れたい場所ですよね
ちなみに、現在イベリア側のジブラルタルはスペインではなくイギリスの領土になっています


>後で見ると気恥ずかしい気持ちで一杯になりますよね
いやいや、そうやってストーリーを考えられるだけで大したものだと思いますよ
私なんか機械的に歌詞を見て「あ、ここはこうなのかな」とか「あそこはああなってるからそこがそうなるのか」とか考えるだけですもん
おかげであまり周囲からは賛同の意見もらった事ないんですよね。説得力がないんでしょうか(嘆息)

5 名前:胡雪:2007/07/24(火) 23:28:29 ID:d0CLF9+Q
歴史の教科書上、イベリアでの聖戦の始まりが711年のヘレスの戦い。
ジブラルタルのやや西の方ですが、海峡を挟んで睨み合う位の事はしてたでしょうから。

個人的に、娘の移動はトレド→コルドバの旅路を希望。
「ポエニ戦争の爪痕としてアラブ系の魔人が封印されてても楽しいかな?」
…という理由から遺跡の文字はフェニキア系。
(ローマ系でも良いのですが…語源が同じなのと、封印に必要な言語を考慮に入れて。)

ところでイスラム教とキリスト教の原点って実は同じだったりするんですよねぇ…
アラブのアル・シャイターン(悪魔の王)がキリスト教におけるサタンに相当するとか。
天使ガブリエルが神託を預かって告げに来るのはどちらも同じですし。
…と、宗教に関してはここまでで。(知識は少ないし、スレも違う。)

> あまり周囲からは賛同の意見もらった事ないんですよね。説得力がないんでしょうか(嘆息)
えっと…大変言い難いのですが、機械的な解釈は考察する上で皆が一度は通る道なので。
周知の事実として「何を今更?」と思ってしまい、あえて意見しない可能性が一つ。
もう一つは行間の埋め方が特異的で、「私とは違うな…」と思われやすいのかもしれません。

私としては"預言者は神々の加護を求めに〜"は素敵な発想だと思いますよ。
あの時期のイベリアの宗教といえばローマ・ゲルマン系多神教とキリスト教、イスラム教。
…なのに、PVで流れたのは釈迦(?)如来。(仏教は紀元前5世紀頃からなので存在はしますが…)
仏様を神と呼んで良い物かどうかはさておき、"神々の加護"でもないと説明つけ難いですよね。
あるいは、実はSH固有史の流れの関係でチャンポンしてるとか…

25日まで残り約30分…

6 名前:大黒:2007/07/25(水) 00:39:11 ID:iO95XVMb
うーむ、私が得意なのは日本の戦後史なので西洋のしかも古代〜中世史はどうも理解が追いつきません(笑)
ポエニ戦争はハンニバルが出てくる戦争ですか。確かにアラブ系の魔人ならフェニキアでよさそうですね
イスラムとキリストの同一性は私も聞いた事があります。
でもまったく縁もゆかりもない教祖に同じ天使が舞い降りてきて全く違う神のお告げを下すのはどうしてだろうなと思ったものです
うーん、やっぱり機械翻訳では力不足ですか。解ってたんですけど改めて突きつけられるとどうしたものかと思いますね
私は仏も神と呼んでいいと思います。実際東南アジアの大乗仏教では神としてきちんとあがめられてますし
日本みたいに八百万も仏もキリストもいいとこ取りでイベントや慣用句に使ってる国(民族)の方が少ないんじゃないでしょうか
お隣の韓国や台湾では儒学(これは思想で宗教とは違いますが)が幅を利かせたりしてますしね

7 名前:胡雪:2007/07/25(水) 10:17:09 ID:ftXBZ5it
高校時代の社会科は世界史B(古代史→現代史)専攻だったので。
"名前さえ忘れ"られるほどの遠い昔に魔人が封印されたのなら、
その過去はいつの時代だろう…と思い当たったのがフェニキアの植民市。

ポエニ戦争で駆り出され、猛威を振るった魔人がイベリアに封印され、
イベリアのレコンキスタに再来し悲劇を繰り返すという物語は
SH(というか陛下)らしいように思えたので。
何よりフェニキアもムスリムも「退く側」ですしね。
ならば終章は悪魔の封印かしら…。

"全く違う神のお告げ"というわけでもないですよ。
イスラムの言う「預言者」にはイエス・キリストが含まれ、どちらもユダヤ教から発展したものです。
時間が経つにつれて、その土地の風習が交ざって別物のような形で完成しますが…
神の名前もイエスは神を"父"と呼んだし、ムハンマドも"神"としか呼んでません。
ユダヤ教の前身にはゾロアスター教(拝火教)が有りますが、これも善と悪をハッキリさせた一神教で、
神の名前も「○○する者」と言った感じだったかと。
中近東発祥の宗教は共通項が多いですし、あながち全て同じ神様だったり…?

仏教の元々の形は儒教の方が近いので、神と呼んで良い物かどうかと思ったのです。
大乗仏教は、さしずめ儒者が孔子様を神格化して崇めてるようなものですから…
お寺で葬式〜って言うのも日本固有の文化らしいですね。

公開前ですがオリコン見てたら
「弱い私は誰も憎めない。誰か教えて?→やっとわかった…。」
これをどう解釈すべきだろうか…
誰か=緋き悪魔?
わかった=憎しみの連鎖が?

8 名前:胡雪:2007/07/25(水) 14:54:42 ID:ftXBZ5it
思ったほどには明らかにならなくて安心したような残念なような…

今まで気付かなかったのですが、三姉妹と預言者をよく観察すると、
どちらも(三女は不明ですが)ひたいにアラビア系の文字の刻印が有りますね…
三姉妹は預言者(封印の管理者)サイドなのかも…あるいは封印は割と自由に管理出来たとか。
イスラムに帰依したガリア人の管理番号の可能性が無い訳でも無いですが、
考えようによってはこの4人、娘が遺跡に行くようにけしかけたとも考えられますね。

9 名前:ここ:2007/07/25(水) 15:09:59 ID:RfPIxk1N
考察じゃなくて申し訳ないですけど、
彼女の名前はライラが有力なようですね。
オリコンのPV、REMIさんの後の少女のとこで
眼開けた瞬間に「ライラ」ってShaytanの声で聞こえますし。

そういえば、ライラとマジュヌーンっていう古典で
その主人公が悪魔(ジン)に憑かれた青年に恋されるっていうのがあって、
なんとなく似てるんですけどねぇ…。

とりあえず期待!

10 名前:胡雪:2007/07/25(水) 20:09:33 ID:ftXBZ5it
>>ここ様
考察スレでは無いようなので発見報告とかもアリでしょう。多分。
確かに「ライラ」って聞こえますね。気付きませんでした…

その「ライラとマジュヌーン」の詳しい内容を教えて下さい!!
作品想起の原典となった可能性のある物は考察の上で立派な資料になりますから!!
一度「千夜一夜」を読んでおきたい気もするのですが、なにせ資金と時間が…

11 名前:羽那:2007/07/25(水) 21:18:18 ID:WO3P7vCA
>>胡雪様
ちょっと横から失礼しますが、先週のオリコンで出た歌詞は、私は

「弱い私は 誰を憎めばいい 嗚呼 誰か教えて」
            ↓
「弱い私は 何を憎めばいい 嗚呼 やっと分かった」

だと思ったのですがどうでしょう?
『誰を』が『何を』になるとこから、初めは憎しみの連鎖に入りかけながらも、
最終的にはもっと根本的なところに問題があることに気付くのかと。
「黒の預言書」の歌詞にもそんなところありますし、インタビューの内容も戦争のことでしたし・・・。

って、すごい勝手な考察なのですが・・・(汗)失礼しました。

12 名前:大黒:2007/07/25(水) 22:06:27 ID:+Bp3sgcx
さすがに発売前にPVを全公開する事はなかったですね
陛下のお言葉も言葉を選んでるというかネタバレを避けるように慎重に話してるなという印象を受けました
悪魔は第三者的な立場との事
とすると悪魔が封印から解き放たれたとして何を目的に動くのか、むしろなぜ封印されたのかといった部分に興味を覚えます
ところでPVの最初のところ恐らく次女のソロパートだと思うんですけど何て歌ってるか解りました?
私はどうもよく聞き取れませんでした
預言者の刻印は解りませんでしたけど3姉妹は確かにありましたね
これがシャイタン封印の証なのかそれとも3姉妹と預言者は同じ一族というか共同体の中で暮らしていて
預言者がシャイタンを封じた事でそこから離散したのかは解りませんが面白い共通点だと思います

>ここさん
確かに「ライラ」といってますね
それが焔と契りし少女の名前なのかそれとも悪魔にとって特別な意味を持つ別の存在なのかは解りませんが
「ライラとマジュヌーン」は面白いですね
ただこの話をベースに考えるとシャイタンは普通の青年にとりついた悪魔(精霊)みたいな存在になるんでしょうか
私もちょっと内容が知りたいです

13 名前:大黒:2007/07/25(水) 22:45:56 ID:+Bp3sgcx
あ、書きもれがあったので追加
オリコンのHPにある通常版のジャケ絵を見てると美しき夜の娘だけがいないんですよね
これは何か意味があるのか?
半島を飲み込む戦火
その中を逃げ惑う一人の娘。娘はその美しさで夜の街では名の通った存在だった
しかし戦火は人を区別しない。美しさは戦火の中にあって力にはならない。むしろそれは媚薬。兵士達を滾らせる至高の生贄
昼夜の区別無く逃げ惑ううちに娘の顔からはかつての美しさが抜け落ち焦燥が濃くなってきた
そんな中娘は人気のない寺院を見つける。雨露をしのぎ戦火から隠れるために神の元で安らごうと中へ足を踏み入れる娘
その中には巨大な神像と見た事のない文字が彫られていた
その文字の意味も知らず指を走らせる娘。すると神像が大きく揺らぎ中から炎を纏った男が現れた
男は自らを炎を司る悪魔シャイタンと名乗り娘に契約を迫る
「今、汝には守るべきものを守る力がない」
「我と契約せよ。さすれば我が力を持って汝の害悪を退けようぞ」
そして娘は契りを交わした。焔と契りし娘として
そして戦火に新たな歯車が加わる。焔の力を手に入れた娘を中心に
そしてその動きを察し導かれし者が集う。かつて悪魔を封じ、それがため自らの仲間と離散した預言者
悪魔の封印を補助しその鍵としての役割を受け持ち、常に流浪を重ねる事で悪魔の力を狙うものから逃げていた三姉妹
戦火は新たな幕を開ける………

ストーリーを考えてみましたどうでしょう。時間があれば皆さんで添削してください
前提として美しき夜の娘=焔と契りし少女、離散の老預言者=シャイタンの封印者、流浪の三姉妹=封印の鍵という感じです
面白ければ幸いですが

14 名前:ひさ:2007/07/26(木) 00:44:32 ID:UvBo5qgC
私は三姉妹のほうが第三者的な立場だと思っていました。
Shaytanと少女の契約やその後の戦争のことを、ウタという形で後世に残している人たちなのかなあと……
でも何だか怪しくなってきましたね…;
陛下も『悪魔は第三者』って仰ってましたし;

>>大黒さん
初めまして、ひさと言う者です。横から失礼します。
次女と言うとREMIさんのパートでしょうか?
私が聞き取れたものは

千の責め苦が 苛む檻の底(?)へと
沈む(?)この身を 解き放った 緋き光

ちょっと曖昧なので
『底』か『中』かはっきりしません。
『沈む』もちょっと自信ないです…
あとの部分については合ってると思うのですが……

15 名前:大黒:2007/07/26(木) 01:11:05 ID:PqDoions
>ひささん
初めまして大黒(だいこく)と申します
REMIさんかどうかは人の顔を覚えるのが苦手なので解りませんが
歌詞の抜き出し有り難うございます
しかしこの歌詞を見てるとシャイタンは三姉妹にとっては解放者なのかもしれないという気がしてきました

姉妹は流浪を続けていた
一つところへは留まれない。少しでも定住すればすぐさま追っ手がやってくるだろう
自らが犯した罪に後悔はない。あるとすれば最後の最後で詰めを誤った自分たちへの甘さへの戒めだけ
もし捕まればどうなるか。そんな事は容易に想像できる。様々な拷問を受けともにあった仲間たちの事を問いただされるだろう
いや、もしかしたら仲間たちはもう捕まってるのかもしれない
そんな逃走という名の流浪に疲れた三姉妹の前に謎の男が現れる
男は自らを、悪魔・シャイタンと名乗り自らと契約すれば力を与えようといってきた
追っ手を気にする事無く平穏無事に暮らす事も出来るだろうとも
姉妹にとってその言葉は何よりも甘美な響きを持って鼓膜へと響いた。もう国中のあらゆる場所を逃げ回ってきた。これ以上どこへ逃げようというのか
そして姉妹は契約を選んだ。逃走からの解放。それは姉妹が最も欲していた安らぎだったから
しかし姉妹は引き替えにシャイタンの眠る寺院の守護を命じられた
姉妹にとっては一見、動きを封じられ不利な契約にも思えるが姉妹にはそんな感覚はなかった
自分たちにはシャイタンが与えた力がある。この力を持ってすればあらゆる障害をクリアする事が出来るのだから
そして姉妹たちは知らない。今まさにその寺院へ向かってる老人がいる事を。そして老人との出会いが姉妹の人生に大きな影響を与える事を

えぇと、今回も懲りずにストーリー付けしてみました
前回は姉妹=封印の鍵としましたが今回はひささんが抜き出してくれた歌詞を参考に
姉妹=シャイタンによって追ってから解放された者という観点から書いてみました
前回の話とあわせると矛盾だらけですがその辺は視点の違いという事で見逃してください(笑)

16 名前:セイ:2007/07/26(木) 13:08:10 ID:RhrUFLjL
はじめまして。横から失礼します。
ひささんの聞き取った部分は、底で間違いないと思います。

私がPVから聞き取れた歌詞は
「…へと 朽ちゆく その身を 解き放った 緋き光
(ライラ)
君が愛すもの全て その腕をすりぬける
流れる涙 河になる前に 誓いの口づけを
ライラ...君が望むもの全て その腕を振り払う
悲しい時代の諦める顔で 無力に嘆くのか...
君に今敢えて問おう…」
というように聞こえました。
皆さんのご参考になれば幸いです。

17 名前:黒猫:2007/07/26(木) 17:45:10 ID:APH6mXJp
えと、セイさんの歌詞に付け足しで、
「流れる涙 河になる前に」は、
「流れる涙が河になる前に」だと思います。

18 名前:き。:2007/07/26(木) 18:49:52 ID:/cDAxXYx
こんにちは。
私もセイさんの歌詞に付け足しと、私が聞き取れた歌詞を載せたいと思います。
「悲しい時代の諦める顔で 無力に嘆くのか…」
「悲しい時代、と諦め顔で 無力に嘆くのか…」だと思います。

ちなみに…


名前さえ忘れていた LaLaLaLaLaLaLaLuLu
君の焔(ひかり)見るまでは... 君が呼んでくれるまでは...

だから君を害すもの全て この腕で退けよう...
流れる血潮が河になるまでに 全てを終わらせよう
ライラ、君が憎むもの全て この腕で滅ぼそう...
それは異教徒が冒涜を課す…(PVここで途切れる) 


君が愛すもの全て その腕をすり抜ける...
流れる涙が河になる前に 誓いの口付けを
ライラ、君が望むもの全て その腕を振り払う...
悲しい時代、と諦め顔で 無力に嘆くのか?

---君ニ 今 敢エテ 問オウ---

こんな感じかな、と思ったんですが。

19 名前:しーな:2007/07/26(木) 21:56:33 ID:9go2M6b4
>き。さん
それは異教徒が冒涜を課す…(PVここで途切れる)
は携帯サイトの方のPVで観た感じ、

それは異教徒か同胞かそれとも争いそれ自体か?
と聞こえましたよ☆

20 名前:Diska:2007/07/26(木) 21:59:43 ID:DmhP2KjG
「ポストカード」と「2007/07/25公開のPVでのキャスト」
の対応付けをまとめてみました。
思い違いとかあるでしょうか?
文字は、便宜上、近い形のギリシャ文字で表記してみました。
(それぞれ、Ω=おめが(大文字)、λ=らむだ(小文字)、ν=にゅー(小文字))

石畳の緋き悪魔=Shaytan(赤目・赤毛の黒い男性)
焔と契りし少女=YUUKI(赤目・赤黒毛の黒い女性)
離散の老預言者=Jimang(灰色の老人。)

流浪の三姉妹・長女=RIKKI(紫の服の人。額にΩ)
流浪の三姉妹・次女=REMI (赤い服の人。額にλ)
流浪の三姉妹・三女=KAORI(橙の服の人。胸にν=PVでは見えない)

美しき夜の娘=(PVには登場なし。Rica Fukami氏?)

21 名前:セイ:2007/07/26(木) 22:14:32 ID:RhrUFLjL
もう一度聞いてみましたが、確かに黒猫さんとき。さんの言う通りでしたね。
皆さん良い耳をお持ちで羨ましい…!

22 名前:大黒:2007/07/26(木) 22:42:29 ID:8EiYGd7Z
私のストーリー面白いですか皆さん?(ぉ)

>セイさん・黒猫さん・き。さん
歌詞の抜き出しご苦労様です
自分が>>2で抜き出したものと見比べてどこか違いがないか探してます
>>18でき。さんが指摘された「悲しい時代、と諦め顔で 無力に嘆くのか…」の部分ですが
確かに私の『悲しい時代の諦め顔で無力に嘆くのか君に今敢えて問おう』よりはそっちの方が文章的に綺麗ですね
また同様にき。さんの指摘された「名前さえ忘れていた…君の焔(ひかり)見るまでは... 君の焔(ひかり)見るまでは... 君が呼んでくれるまでは... ... 」
焔=ひかりかどうかは解りませんが君の焔(ひかり)見るまでは... 君が呼んでくれるまでは... という部分は興味を覚えました
シャイタンは自らの名前も忘れるほど長い間封印されていたのか。それとも万一封印が解けても大事に至らないように記憶にも鍵をかけてたのか
そういう見方が出来る歌詞だと思いました

23 名前:hujimiya:2007/07/28(土) 00:10:46 ID:8apz/PDx
Diskaさんのに付け足し(になるのかな?)
http://www.barks.jp/news/?id=1000033170のページに、
“美しき夜の娘”(のちに、“焔と契りし少女”となる)という文がございましたので、
美しき夜の娘=YUUKIである可能性が高いかと…
ただ、容姿が変わっているので、声も変わる可能性があるのかなぁ?
この辺りはCDで全編聞くまでのお楽しみですね。

24 名前:大黒:2007/07/28(土) 00:15:43 ID:5ve/ts+G
>hujimiyaさん
情報有り難うございます
やはり美しき夜の娘=焔と契りし少女でしたか
声グラの特設ページでもYUUKIさんが『悪魔とともに生きる選択をした少女』とコメントしてたので
何か関係あるんだろうなと思ってましたが
これで確信に近いものを得る事が出来ました
しかしこんな重要なネタバレ出しちゃっていいんですかね。陛下が大らかなのかBARKSの取材力が凄いのか…

25 名前:あきら:2007/07/28(土) 00:38:04 ID:uJZ2pL64
冒頭の

『名前さえ忘れていた
……(省略)……
だから 君を害すもの全て この腕で退けよう』

の「だから」にとても引っかかりを感じてしまいました。
契約……というよりも、シャイタンの意思・感情のようなものを感じます。
名前を忘れるほどの長い間、孤独だったシャイタン。
彼の名を呼び、彼を目覚めさせた少女に対して、シャイタンは救われ、少女への恩返しの意味を込めて契約を持ちかけるのかな?と変な方に妄想してました。

名前って人に呼ばれないと、結構忘れませんか?(あ……私だけですね(汗)

因みに、レコンキスタですが、8世紀後半開始→10世紀本格化→15世紀終了、となっています。
なので、もしかしたら、3姉妹、炎の少女、預言者、そして夜の娘全員が全員同じ時代とは限らないのでは無いでしょうか?
そして、それぞれの人に契約を持ちかけてるとか……

8月1日が楽しみで楽しみです。

26 名前:わり:2007/07/28(土) 17:49:01 ID:CZuR6+pF
はじめまして。
歌詞聞き取りをおかしな耳で頑張ってみましたので投稿させていただきます!

---------------------
オリコン

千の責め苦が苛む檻の底(外?)へと
朽ち逝くその身を解き放った証になり・・・

キミが愛すもの全て
その腕をすりぬける
流れる涙が川になる前に
誓いの口付けを
君が望むもの全て
その腕を振り払う
悲しい時代の諦め顔で無力に嘆くのか
君ニ今敢エテ問オウ・・・

キミが愛すもの全て
その腕をすりぬける
流れる涙が川になる前に
時代に口付けを(自信ない)
君が望むもの全て
その腕を振り払う
悲しい時代の諦め顔で無力に嘆くのか
君ニ今敢エテ問オウ・・・
-----------------------
声グラ

ララララララララララル
名前さえ忘れていたララララララララララル
キミの光見るまでは
キミが呼んでくれるまでは
だからきみを害すものすべて
この腕で退けよう
流れる血潮が川になるまでに
全てを終わらせよう
ライラ キミが憎むもの全て
この腕で滅ぼそう
それは異教徒が暴徒をか・・・(フェードアウト)(?)

27 名前:大黒:2007/07/28(土) 18:49:41 ID:kw6FszLG
初めまして大黒(だいこく)と申します
歌詞聞き取りご苦労様でした。私が聞いた範囲で修正というか追加点といくつか上げたいと思います
まずオリコンの
『キミが愛すもの全て』の前に小さくささやくような声で『ライラ(ララ?)』と入ってます
また『君が望むもの全て』の前にも同様に『ライラ(こっちの方はどちらかというとララだと思いますが)』と囁いてます
あと、歌は1回だけでリフレインはしてないように思います
声グラの方ではとくに違うなと思った場所はなかったです
小さな声で聞き取りにくい部分ですが参考になれば幸いです

28 名前:ぐっこ:2007/07/29(日) 09:30:05 ID:???
ちょいと失礼…
連投規制実験中。

29 名前:ぐっこ@管理人 ★:2007/07/29(日) 10:14:58 ID:6WzsHlZP
キャップつけてみた。
さておき、まだ規制されてる方は、お手数ですが
gukko123☆yahoo.co.jpにご連絡下さいまし。

30 名前:わり:2007/07/29(日) 13:56:07 ID:+YEnWReK
大黒さま、修正ありがとうございます!
オリコンのほうはコピペしたときにうっかり消すのを忘れていたようです^^;
「君が望むもの全て」の前の「ララ」ですが、じっくり聞いてみましたが
ライラとしか聞こえなくなってきました。これは名前ということでいいのでしょうかね・・・?

オリコン正しくは(大黒さまの助言もお借りしますと)
以下のようになります。

------------------------
千の責め苦が苛む檻の底(外?)へと
朽ち逝くその身を解き放った証になり・・・
(ライラ)
キミが愛すもの全て
その腕をすりぬける
流れる涙が川になる前に
誓いの口付けを
ライラ 君が望むもの全て
その腕を振り払う
悲しい時代の諦め顔で無力に嘆くのか
君ニ今敢エテ問オウ・・・

31 名前::2007/07/29(日) 16:58:31 ID:VmhPEqAz
はじめまして、円という者ですが、
私もPVを聞いたのですが『証になり…』
ではなく『赤き光』と聞こえたのですが…。
間違っていたらスミマセン;;

32 名前:大黒:2007/07/29(日) 17:41:45 ID:aeN9pfB6
>円さん
初めまして大黒(だいこく)と申します
PVの部分ですが聞こえ方は確かに微妙なので人それぞれ違ってくるかもしれません
また、CDそのものも発売されてないので歌詞も正式には発表されてません
なのでどう聞こえたかはあまり重要ではないと思いますよ

ちなみに私はアマゾンで予約したのですが
発送は発売日後になるという事で発売直後の祭りには参加できそうにありません
アマゾンしっかりしてよアマゾン(´・ω・`)

33 名前:胡雪:2007/07/29(日) 17:55:14 ID:QXOdZUyP
連投エラーだった内に結構な情報量が!
…と思ったのですが。途中から歌詞聞き取り合戦になってますねぇ…
考察とか妄想とかは何処に言ったのだろう。^^;

>>11 羽那さま
訂正有難う御座います。道理で解釈し難かったわけだ…
一応「負の連鎖の起きる理由が解らない。弱い私は誰を憎んだって何も変らない。」
と思ったではないか?…とか考えたのですが、いまいちシックリ来なかったので。
私の耳は歌詞を拾うのに向いてないようなので、多分そちらが正しいと思いますよ。


>>14 ひさ様
確かに姉妹は「詠い継ぐ人」のようにも取れますね。
不明な点のほうが明らかに大きいので色々な解釈が出来ます。
こうやって有る事無い事関係無しに妄想を膨らます事が出来るのもあと3日…


> 大黒さま
ご心配おかけしました。
>>13私の場合、YUUKI嬢の声質やイスラムでの女性の位置付け等から考えて
「夜の娘=夜の蝶」は敢えて避けて考えて居たのですが…思い切りましたね。
夜の街で媚びを売るほど強かなら悪魔に頼らずに生きて行けそうな気もします。
「今、守るべきものを守る〜」…も、守る物は己の命程しか無い娘にそれは無いかと。
父も母も十字を掲げた者達に奪われたようですし。(オリコン2弾:陛下コメントのBGM)
また、声グラ版PV序盤の"君の光見るまでは 君が呼んでくれるまでは"の点から、
「光を与えてくれた君の力になりたい。だから契りを。誓いの口付けをくれないか?」
といった雰囲気に取っていたので、やや高圧的過ぎるかな?…と思いました。

>>15姉妹について描けるとは…。結構な勇気の持ち主ですね…。
ヘブライ文字の刻印という共通点が何処に活きているかというのは妄想膨らみますよね。

個人的な贅沢を言えば、文章に音楽性(=読みやすさ)が欲しい…かもです。

34 名前:胡雪:2007/07/29(日) 18:03:38 ID:QXOdZUyP
描けなかった分描きたいことが積もりに積もってまして。
長く成り過ぎてしまったので分割。

>>20 Diska様
調べ直してみたら文字はアラビア文字ではなくヘブライ文字でしたね。
オリコン陛下コメントの方でよく見たら三女の胸にνっぽい物の上部が見えました!!
離散の老預言者の額に"S"っぽい刻印が見えるのですがいかがでしょうか…?(通常ジャケ)


>>25 あきら様
似た妄想をしてらっしゃる方が居らして少々安心しております。
レコンキスタは10世紀に一度激化しますが12世紀以降の進行は緩やかなので。
(イベリア南部にナスル朝が建っていた頃は特に。)
モデルとなった時代は10世紀→11世紀頃。
娘の旅の目的地はコルドバかなと思ってます。

音も光も無い闇の中に鎖されて居ると、時間感覚が曖昧になるだけでなく
自分の存在を確認できないためアイデンティティが崩壊するらしいですね。
悪魔も同じなのでしょうか…


>>28-29 ぐっこ様
調整お疲れ様です。有難う御座いました!

35 名前:大黒:2007/07/29(日) 19:05:20 ID:aeN9pfB6
>胡雪さん
お帰りなさいませ。バグが解けたようで何よりです

「夜の蝶」は確かにイスラムの世界観からは逸脱しますが
イベリアが舞台という事でイスラムの教えも厳格には守られてないのではと思って書きました
むしろキリスト教と混じり合って現地独特の宗教観があったのではないかなと
夜の街で媚(体)を売るという事は確かに強かさがないとできませんが
それゆえに有事になると昼の街で生きていけなかった脆さが出るかなと思ってそういう設定にしてみました
シャイタンについては腐っても鯛というか悪魔ですからただの人間ごときに下手にはでないんじゃないかなぁと
この辺は"君の光見るまでは 君が呼んでくれるまでは"の歌詞とその前後ははっきりすればもうちょっと解りやすくなるかもですね

姉妹については思いつきが結構なウェイトを占めてます(笑)
ただ書いてるうちにアイデアが膨らんでいってこのような形になった次第です
この解釈というか姉妹の設定があってるかどうか…発売日を期待半分不安半分で迎えたいと思います

読みやすさですか。うーん、確かにプロットを立てて書いたりしてるわけじゃないので
読みにくいのはあるかもですねとはいえ今すぐスタイルを変えるのも難しいし…
どうしたものか悩みます
まあ文章素人の案だと思ってこれからも大らかにお付き合いください
感想や添削をいただけるとかなりの励みになりますので

36 名前:胡雪:2007/07/30(月) 10:49:59 ID:vulu8LEL
〜ヘブライ文字の刻印〜

その三姉妹は旅をしていた。
切っ掛けとなったのは一人の老人が語って聞かせた恋物語。

当時、両親を失った娘たちは今後の生活に酷く悩んでいた。
そこへ現れたのが得体の知れない一人の老人。
青いローブを纏い、口元には白く長い髭が蓄えられ、額にはヘブライ文字。
3人の娘たちが「何者か」と問うよりも先に。その奇怪な老人は語りだした。

「あれから、もう300年になるんじゃろうか…
 わしが子供の頃に祖母に聴かされた昔話を語って聞かせよう。

 わしらの祖先がこの半島に住み着き始めた頃の話じゃ。
 一人の男が妻を連れて半島の侵攻に加わった。
 その男の妻は魔人を使役することが出来たのだそうな。
 もちろん、その男の率いる部隊は大勝を納めた。

 やがて半島の大半を平らげる頃、魔人の力は不要となった。
 ある時、男は妻に魔人を封印するように言ったのじゃ。

 理由は一つではなかった。
 その夫婦には三人の子供が居たのじゃが…
 後に産まれた二人は父親とは似ても似つかなかったそうな。
 額には…そう、お主らと同じ。…古代文字の形をした痣(あざ)があった。
 使役していた魔人との子供。相容れぬ筈の人間と魔人の恋。
 女はその魔人を封印し、夫に見つからぬよう独り泣いた。

 男は下の二人を可愛がらなかった。むしろ、虐待さえしたそうな。
 女は下の二人を男から護った。そして、父親について何度も語って聞かせた。

 その女の名前は『ライラ』。奇しくもお主らの母と同じ名前じゃ…。」

それだけ言って老人は去ってしまった。
そして、三姉妹の旅は始まった…

37 名前:胡雪:2007/07/30(月) 11:03:57 ID:vulu8LEL
〜あとがき〜
フッと浮かんだので、勢いに任せてガッと描いてみました。
陛下はきっと良い意味で裏切ってくださるのでしょうけれど、
こうやって今にしか描けない物語を描くのもソコソコ楽しいもので。
考察の段階に入ってからでは誤解以外の何物でも在りませんからねぇ…

>>35 大黒さま
「文章の音楽性」ですが、ちょっとしたコツ(?)として音読してみると良いですよ。
私も物書きとしては十分素人なのですが、
レポートの書き方〜って講義を一度だけ受けました。
その中で、文章の要素に「数学性」とか「正当性」とかの他に、
「物語性」とか「音楽性」とか在ったので。
この二つが高い文章は読みやすく、深みがあって、読んでいて楽しいらしいです。

38 名前::2007/07/30(月) 12:26:37 ID:Bdz8Crq7
>大黒さん
ご指摘有難う御座います^^
発売楽しみですね。
私もアマゾンさんで予約なので…
早く届くといいですね。

39 名前:大黒:2007/07/30(月) 17:06:31 ID:qYUhuHIB
アマゾンに電話したら支払いの請求メールが発売日以降になるといわれてキャンセルした私は短気ですか皆さん?(笑)

閑話休題

◇胡雪さん
音読ですか。そういわれればした事ないですね
声に出して読まない、いわゆる『黙読』なら投稿前に2〜3回はやるんですけどそれじゃ不十分という事でしょうか
ちなみに私の文章で解りにくいというか説明不足に感じたところがあったら言ってみて下さい
自分の凝り固まった考えを押し付けたくなくてわざと行間を空けたりする事があるので。あまりいい癖じゃないんでしょうけどね
胡雪さんの三姉妹の物語面白かったです
そうすると離散の老預言者は300年は生きてるという事になるんでしょうか?
それとも純粋に300年前から伝わる伝説(神話?)を三姉妹に聞かせたんでしょうか?
後、額の文字ですがはっきりしてるのは上の二人で三女はバンダナのようなもので隠されてるので解らないと思います
焔と契りし少女は300年前の人物でシャイタンはその使い魔ですか
うーん、どうだろう。何にせよ発売が待ち遠しいですね

◇円さん
そんなわけで私は発売日に予約無しで特攻します
限定版がショップにでまわってますように( ̄人 ̄)

40 名前:胡雪:2007/07/30(月) 19:11:54 ID:vulu8LEL
>>39 大黒さま
音読すると言葉のリズム感が掴めますから、句読点や改行の位置が解ると思います。
私の場合、『声に出さない音読』で一字一句発音したつもりで書きます。

物語は理解し難かったでしょうか…
少々「ライラとマジュヌーン」を意識してみました。
何処かのブログで書かれていた粗筋では
 惹かれあうライラとカイス
 度の過ぎた恋心はカイスをマジュヌーン(狂人)にしてしまう
 当然ライラの親たちはカイスとの結婚を許さず別の男と結婚
 しかしライラはその男に触れられることを許さなかった
 …以下略
という感じだったかと。これを歪めて、

マジュヌーンを魔人にしてイベリア侵攻に投入
ライラが産んだのは長子のみ夫の子供
魔人の子供達にはその証として古代文字の痣(あざ)が付く
老預言者はこの時の子供達の子孫(迫害されて少数が生き残った)
レコンキスタ時に解放した緋き悪魔はイベリア侵攻後に封印した魔人
流浪の三姉妹は焔と契った少女の娘で、父親は緋き悪魔
三姉妹の両親であるこの二人は何らかの理由で共に封印された

…という妄想から書き上げました。
説明的になり過ぎないように書くつもりが説明不足だったようで…。
ヘブライ文字ですが>>20でDiska様が書いた通りで、
通常ジャケットのイラストで確認しましたが三女の文字は胸元に有ります。
同様に老預言者の額にも何らかの文字が見て取れると思います。
(アマゾンやオリコン等の拡大版が良いでしょう)

私もアマゾンですが近くにショップが無いので諦めました。
当日参戦は不可能に等しいです。

41 名前:大黒:2007/07/30(月) 19:34:48 ID:C2gApK3v
>>40胡雪さん
なるほど。今度から実践してみようと思います。アドバイス有り難うございました
難しかったというよりはどうやら私が『ライラとマジュヌーン』を知らなかったのも原因の1つみたいですね
胡雪さんの物語を見るとライラ≠焔と契りし少女=美しき夜の娘みたいですね
そうなるとPVで少女(娘)に囁いてた『ライラ』という言葉が気になりますが
これはシャイタンが封印を解いた焔と契りし少女を最初ライラもくはその血族と勘違いしたのでしょうか
文字については確認できました。ご指摘有り難うございます

>初日
Romanの時どうだったかは解りませんが
初日は解釈よりも感想で盛り上がりそうな気がします
なので、1日2日遅れても大して気にする必要は無いかと

42 名前:大黒:2007/07/30(月) 22:08:55 ID:bnRCUPN4
イベリアが発売されたら改名しようと思います

蛇足ながらつけたし
>>40胡雪さん
その『声に出さない音読』の事を黙読というのですが^^;
まあその辺は日本語の難しいところという事で
ところで1つお尋ねしたいのですが、名前の読みは『こゆき』で合ってますでしょうか?
多分そうだと思うのですが何分自信がないもので
個人的に人様の名前を間違えるというのはとても失礼な事だと考えてるので確認させて下さい

43 名前:胡雪:2007/07/31(火) 15:16:36 ID:TpwylLc/
こんな事が出来るのも今日で最後…


〜詩人の伝承〜

このレコンキスタより昔。イベリアが侵されるより少し前。
此処よりずっと東のオリエントと呼ばれる場所で。
幼い少女は悪魔が眠るという遺跡の文字を辿って遊んでいた。

遺跡の文字の読み方に気付いた頃、少女は奇妙な声を聞いた。
「悪魔が眠る」と言われたその遺跡には、少女の他に遊びに来る者は無い。
辿っていた文字は『Shaytan』…

「君は…誰?」
「あなたは…。あなたが『しゃいたん』?」
「私は、そう呼ばれていたのか?」
「あなたには"なまえ"がないの?」
「在った。ただ余りにも長い間、昏い闇の中に居たものだから…」
「わすれてしまったの?」
「闇の中では誰も私の名前を呼ばなかったから…」

「じゃあ、わたしが"あたらしいなまえ"をつけてあげる!!
 あたまのおかしいひとなんかとおなじじゃかわいそうだわ!
 あなたの"なまえ"は『カイス』!
 わたしはライラ!よろしくねカイス!」

カイスは名前をくれたお礼に小さな奇跡を熾(おこ)す力を与えた。
二人の時間は穏やかに流れた。
ライラはカイスを慕い、カイスはライラを可愛がった。

いつしかライラは美しく成長し、恋をする年頃に。
しかし、ライラの話は相も変わらずカイスの事ばかり。
カイスが遺跡の悪魔だと知っていたライラの両親は焦った。
『娘が悪魔に恋をした!』…と。

ライラの両親は急ぎ見合いの相手を探し出し、ライラに結婚させた。
初めての出産を終えた頃には、カイスの話題は聞か無くなった。


〜なかがき〜
長文規制に引っ掛りそうなので此処で中断。
固有名詞が「ライラ」と「カイス」なのは、勿論「ライラとマジュヌーン」から。
ただ、この創作(と言うか捏造)において固有名詞の符合は問題では無いと思うのです。

44 名前:胡雪:2007/07/31(火) 15:40:51 ID:TpwylLc/
>>43の続き…

ライラの夫がイベリア侵攻への従軍を決意した時、
ライラの両親はライラを連れて行くよう強く勧めた。
カイスがまた独りになってしまう事を心配したライラは、
夜中にこっそりと家を抜け出し、遺跡へと走った。

「カイス!私はどうすれば良いの?」
「ライラ?何があった?」

「もう何日かしたら私は此処から離れなければならないの。
 貴方をまた独りにしてしまうなんて…。私は…」
「私は構わない。短くとも君という焔(ひかり)に…」
「私は…、私は貴方から離れたく無いのに!!!!」

カイスの言葉を遮り叫ぶ。
その後は、ただ泣き続けるライラ。
二人が離れない方法は一つだけ在った。
『契約』つまりは悪魔の解放。
そしてライラは…


その後の展開は貴方の想像にお任せしましょう。
ただ、一つだけ言わせてください。
その悪魔は今、このイベリアの何処かに居る…と。


〜あとがき〜
>>36 と同じ設定では在るのですが…
「聖戦のイベリア」以前のシャイタンの物語でした。
捏造にも程があるような気はしてます…。
今までで一番の駄文だいう気もしてます…。
会話文の入った文章は難しいです。

>>41-42 大黒さま
「こゆき」です。読み仮名は付けたり付けなかったりです。
気まぐれなので、この学習帳内でも読み仮名の在る名乗りと無い名乗りがあります。

言葉の持つリズムを大切にしたいので、あくまでも声にしない「音読」です。
「黙」は「静」で「無音」なのでニュアンスとしては不適切だと思ったのです。

> シャイタンが封印を解いた焔と契りし少女を最初ライラもくはその血族と勘違いしたのでしょうか
または、偶然にも焔と契りし少女の名前が「ライラ」だったということで。
前述したように、正直この捏造部分における固有名詞は何の意味も持たないと思うのです。

「だいこくさま」だなんて可愛いと思うのですが改名なさるのですか…
イベリア発売後なら明日以降ですね。

45 名前:大黒:2007/07/31(火) 17:45:26 ID:5ck4qSPE
>>44胡雪さん
色々と想像が広がる話ですね
シャイタン=頭のおかしい人という図式が今ひとつ結べませんがこれは時間が解決してくれるかな?
発売前ですからなんでもアリで色々投稿できたのは楽しかったですね
うーん、何だかもう少しこのスレで遊びたい気も(笑)
黙読という言葉を使わなかったのはそういう理由からですか
うーん、これは意識してやった事ないですね。ちょっと慣れるまで時間かかるかも

>改名
特に大した理由ではないのですが
名乗る際に振り仮名をつけないと絶対『おおくろ(ぐろ)』って読む人が出てくるんですよね
いや、悪意あっての事ではないと解ってはいるんですがどうもそれが落ち着かなくて
この際だから誰が見てもすぐに解る簡単な名前に変えちゃえってのが動機です
名前の事褒めてくれて有り難うございます。ただ改名はあくまでここの話で別のところでは『大黒』名義でいたりもしますが

46 名前:胡雪:2007/08/01(水) 00:44:21 ID:m7+0G9A1
>>45 大黒さま
@シャイタン=頭のおかしい人
元々は、マジュヌーンが取り憑いた人と言う意味で、「狂人=マジュヌーン」
マジュヌーンはジンの一種なので「狂人=ジンに取り憑かれた人」
シャイタンもジンの一種なので「狂人=シャイタン」もアリかな…と。
幼いライラに親が「あれはシャイタン(狂人)だから近づいちゃダメ!」と言ったとか。
そこからライラは「頭のおかしい人=シャイタン」と認識していたとか。
そもそも捏造ですので、大目に見ていただけると有り難いです。

私の文章スタイルが相手に補完させるタイプなのも問題なのかも…
その方が物語の流れを切らずに膨ませることが出来ると思っているので。
説明的な文章は最小限に留めようとするのですが…。結果、説明不足に陥る事も…

@改名
正直な話、私も初めて学習帳に来た時には某有名歌手の苗字しか浮かびませんでした…
HNの付け方は人それぞれですから。きれいな文字とか、当て字とか。
あるいは適当に浮かんだ単語とか、逆に深い意味のある文字列とか。
綺麗で意味を持つ名前だと、其れに替わる文字列を探すのが大変なことに…

〜駄信〜
最近ネット用のPC(御歳七才のノーパ)の元気が無いので、
音信不通になったらPCが壊れたのだと思って頂けると助かります。

47 名前:大黒:2007/08/01(水) 00:55:01 ID:L8DaDBPc
>>46胡雪さん
なるほど
でもジンはイスラムというか中東の精霊(?)ですよね
だとするともしシャイタンがイベリアの半島の方にいたら…
まあ、この議論もここまでですかね
「ライラとマジュヌーン」がそもそもそういう世界観で書かれてますし
それならその世界観に基づいたストーリーならシャイタン=ジンは普通の流れですから
私も野暮な突込みが多々あって胡雪さんを苦労させたと思いますがこれからもよろしくお願いします

>文章スタイル
私もそんな感じですね
「○○が××だから〜だ」と一から十まで決め付けるより読み手の想像の翼が生きる余地のある文章の方がいいと思うので
特に、サンホラに出会ってからそう思うようになりました
説明不足はそういった文章について回る宿命みたいなものでしょうか
私は問われれば応えられる範囲で答えようと思ってます
それ以前に反応がなくて寂しい思いをする事もありますが(´・ω・`)

>改名
今度使う名前は本名を少しもじった物にするつもりです。といっても簡単なものですけどね

>音信不通
りょ…了解です^^;
なるべくそうならないように祈ってます。頑張れPC

48 名前:けい:2007/08/01(水) 12:13:20 ID:7zx20wFQ
ポストカードの裏面にも文字が書かれていますが、他のポストカードはどんなことが書かれているのでしょうか?
この文章を繋ぎ合せると、物語の補完ができるのではないかなと思うんですが。

自分はTSUTAYAで購入したので流浪の三姉妹・三女のポストカードです。


【或る詩の欠篇】

最後の娘も自らを詠う楽器として弾き…

49 名前:いりのこ:2007/08/01(水) 12:29:41 ID:/b31U0OI
初めて書き込ませていただきます。
私のは焔と契りし少女です。

-------------------------------ココカラ-------------------------------

【或る詩の欠篇】
その旅路の果てに開かれるのは何番目の扉か

-------------------------------ココマデ-------------------------------

少女が永遠を手に入れていたなら、幾つか繋がる物語があるんでしょうか?

楽しみです。

50 名前:朱花:2007/08/01(水) 13:47:23 ID:hPfYZ+Uf
初めまして、朱花と申します。
私はタワレコだったので離散の老預言者です

【或る詩の欠篇】
荒野で出逢った老人と駈けることを選んだ…

走るなんて爺様元気だなぁ(笑)

51 名前:黒猫:2007/08/01(水) 13:53:01 ID:5DSMcQk0
悪魔のポストカードです。

【或る詩の欠篇】

地平には唯零が在った…

52 名前:ラグ:2007/08/01(水) 17:09:55 ID:/PoQQ/yP
初めまして。ラグという者です。
ゲマで買ったので、美しき夜の娘のポストカードでした。

【或る詩の欠篇】
やがて無意味に父母を奪われたが…

53 名前:ばにら:2007/08/01(水) 18:33:40 ID:MfMFidUj
【或る詩の欠篇】
次に生まれた娘を加え旅は続いた・・・

これは流浪の三姉妹・次女、メロンブックスの特典です。
出てなかったようなので書いておきますね。

54 名前:けいか:2007/08/01(水) 19:25:38 ID:/OhlrEmY
長女のポストカード
【或る詩の欠篇】
始めに意味を与えたのは長女…

三女のポストカード
【或る詩の欠篇】
最後の娘も自らを詠う楽器として弾き…


出てないようなので書かせていただきました。失礼します。

55 名前:けいか:2007/08/01(水) 19:27:54 ID:/OhlrEmY
すみません、けい様が三女のポストカード分を書かれていましたね。
重複申し訳ないです…;

56 名前:ミスリル:2007/08/01(水) 21:06:28 ID:A2KBU445
まとめると

悪魔 地平には唯零が在った…
焔子 その旅路の果てに開かれるのは何番目の扉か
夜娘 やがて無意味に父母を奪われたが…
長女 始めに意味を与えたのは長女…
次女 次に生まれた娘を加え旅は続いた…
三女 最後の娘も自らを詠う楽器として弾き…
爺様 荒野で出逢った老人と駈けることを選んだ…

ですかね。後はこれをどう並べ替えるか・・・

57 名前::2007/08/01(水) 21:23:19 ID:rTvTfLns
見た感じ 悪魔→長女→次女→夜娘→三女→爺様→焔子 
という感じではないでしょうか?若干悪魔と夜娘の位置が微妙ですが。

58 名前:りぃ:2007/08/01(水) 21:55:17 ID:eZ99T7CT
はじめまして、りぃと言います。(名前被ってないか不安ですが

地平線には只零があった(悪魔)

始めに意味を与えたのは長女(長女)

やがて無意味に父母を奪われたが(美しき夜娘)

次に生まれた娘を加え旅は続いた(次女)

最後の娘も自らを歌う楽器として弾き・・(三女)

荒野で出遭った老人と駆けることを選んだ(老人)

その旅路の果てに開かれるのは何番目の扉か(焔子)

私的にはこの順番かなぁ・・と思ってます。

59 名前:まさき:2007/08/01(水) 22:14:15 ID:L8DaDBPc
以前はこの掲示板に大黒という名前で投稿してましたが発売を機にこの名前に改名しました
どうぞよろしくお願いします

>>58りぃさん
はじめまして
カードの並べ替えご苦労様です
私が思うには無意味に父母を奪われた後次女や三女が出てくるのは少し違和感があるなぁと
なので私的には

地平線には只零があった(悪魔)

始めに意味を与えたのは長女(長女)

次に生まれた娘を加え旅は続いた(次女)

最後の娘も自らを歌う楽器として弾き・・(三女)

やがて無意味に父母を奪われたが(美しき夜娘)

荒野で出遭った老人と駆けることを選んだ(老人)

その旅路の果てに開かれるのは何番目の扉か(焔子)

ではないかと思います
何番目の扉というのが何を意味してるのか解りませんが
もしかしたら次のシングルやアルバムに繋がりがあるのかもしれませんね

60 名前:りぃ:2007/08/01(水) 22:59:41 ID:eZ99T7CT
>>59まさき様
そういわれればそうですよね。
響きを重点においてたのですっかり失念していましたorz
修正ありがとうございます。日本語1からやり直してきます(´・ω・`)

次のシングルやアルバム・・もしくは暗号が隠されてたり・・。
そう考えるとわくわくしますね!

それにしてもこのイベリア。
詩といい歌詞カードの裏といい時間の流れがなんだか関係してるみたいですね。
・・・・気のせいな気が満々ですが。

61 名前:みつば:2007/08/02(木) 01:51:52 ID:rrjnIF8m
雑談(余談?)になるのでここに書き込みますね。
聖戦のイベリアについて考察するために色々調べてみました。
wikiで「レコンキスタ」で検索するとローランの歌とか、レオン王国とか…。
サンホラーなら心にひっかかる単語続出ですね。
世界史には詳しくなかったので発見が多いです。あらためて国王陛下の知識の幅広さを感じます。

って、本当に雑談ですね。…失礼します!

62 名前:jin:2007/08/04(土) 00:48:44 ID:6EnFqvvl
話の流れを断つようですいません。

昨日早速DAMで石畳の緋き悪魔を歌ったんですが、
<<美シキ夜ノ娘>>の振り仮名が「ライラック」になっていました。

ROMANの『朝と夜の物語』ではサビの「物語…」の後が本当は「ローラン」と歌っているのに、
DAMでは「物語…ロマン」と誤って表記されていた事があるので、
今回も「ライラック」は間違いかもしれませんが。。

既出でしたらすみませんorz

63 名前:jin:2007/08/04(土) 00:51:49 ID:6EnFqvvl
すいません!
>>62はここに書き込む話題ではなかったですね。。
既に複数のスレが立ってる事に気付きませんでしたorz
無視してくださって結構です。
本当にすみませんでした。

64 名前:まさき:2007/08/04(土) 01:31:34 ID:???
さっきmixiを見てたんですが
今日の日記キーワードランキング4位にイベリアが入ってました
サンホラも有名になりましたねぇ

65 名前:名無しさん@何にするか募集中:2007/08/04(土) 02:20:13 ID:JExwDZlO
>>62

でも今回のDAMの振り仮名は発売前にしては頑張って聞き取って
つけた気がする

「侵略〜」の「農夫」「羊飼い」の振り仮名はあたってるし。

66 名前:名無しさん@何にするか募集中:2007/08/07(火) 20:18:01 ID:9hJp4ki0
どこかで言及されてるやも知れませんけど、ちぃと気になったこと。

オリコンのとこの聖誕祭のムービーで、一番最後に流れてる曲って
何なんでしょうかね。
サビが黒の預言書っぽいメロディの、やんわりした曲です。
明らかにイベリア本編じゃねぇです。

俗に言う、後日談的ボーナストラックなのか、ミラに入ってくるのか。
わざわざオリコンムービーのためにつくるわけないですしね。

っていうか、既出ですかね?だとしたら申し訳ないです。

67 名前:まさき:2007/08/07(火) 20:48:19 ID:aOUrRPZI
>>66
聖誕祭の一番最後に流れてた曲ですが
恐らく『<ハジマリ>のクロニクル』だと思われます

68 名前:66:2007/08/07(火) 23:37:27 ID:9hJp4ki0
な、なるほど…どうりで聞いた事ないわけですね…。
無知を晒して恥ずかしい。

わざわざありがとうございます。

69 名前:ぐっこ:2007/09/17(月) 10:06:31 ID:???
こっそりと背景とバナー追加(`・ω・´) 

70 名前:ぐっこ:2007/09/17(月) 10:17:34 ID:???
さらにRSSテスト。

71 名前:みー:2007/11/26(月) 21:52:03 ID:???
こんばんは
唐突ですが名無しさんは
「美しき夜の名無し」か「名無しさえ忘れていた」はいかがでしょう?

47KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50 read.htmlに切り替える

名前: E-mail(省略可)

img0ch(CGI)/3.1