ロボットによるスパムを排除するため、全板でキャップ必須にしました!

書き込みをされる方は、必ずメール欄に #chronica と入力してください。
sageをする場合は、 sage #chronica としてください(sageのあと半角スペース空ける)。

お手数をお掛けしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたしますm( _ _ )m


■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50 read.htmlに切り替える
■ ★☆蒼天航路スレッド☆★

1 名前:.:2002/10/16(水) 21:35

司馬康介 投稿日:2000年12月11日 (月) 00時36分25秒 

こちらでも一番乗り〜!
なんか皆さんに恨まれそう…。
今週のモーニング、私も読んでませんよ。先週は、確か孔明が
呉へむけて激流降りやってましたよね(笑)
 ぐっこ様が仰るとおり、孔明があの「軍師スタイル」するだけで、
ずいぶん作品の印象が変わりました!でも、今週でまたブチ壊して
たりして……(汗)。
 なにせい、あの「秀才周瑜」が、どれだけあの「バケモノ孔明」
とやりあえるかですね〜。


897 名前:左平(仮名):2005/05/28(土) 01:09
魏諷の乱、今回で終息です。

前回、「天子まで百歩」と言ってましたね。実際、彼の声は皇帝(隣には、今は皇后の
曹節も)に届きました。
蛇足ながら、曹節、大人の女性の顔つき・体つきになってます(まぁ、少なくとも二十
歳は越えてるでしょうから当然なんですけど)。
新たな奸雄として「皇帝の御稜威(みいつ)」を曹操以上に使う、と言ってるあたりに
彼の目指すところが示されているみたいです。

が、その彼らの前に現れたのは、劉曄と、拷問にかけられ精神崩壊を起こした鼻息男
(陳イ【示+韋】)、そして銭申の首。
何晏の通報により、魏諷達は既に袋の鼠になっていたというわけです。

しかし、魏諷達の意気は衰えません。彼の持つ風靡(というか扇動)の才は、高官の
子息達に大変な影響力をもたらしていたのです。まぁ、出るわ出るわ。
ただ、既に囲まれているため、その後は乱戦…などにはなりようもなく、高官の子息
達もろとも皆殺しでした(高官の子息達は頭を射られて即死。魏諷自身は、曹丕に
斬られてます)。


あらすじを書くと存外あっけないのですが…ただ、この後の歴史の流れなどを考えると、
なかなか示唆に富んだ回ではあります。
1 この変事に遭遇した曹節は、なぜ怯えたのか
魏諷の声を聞いたとき、「とてもきれいな声」と言ってます。皇帝も、その声にかつての
曹操を重ね合わせていました。ということは、魏諷にも、奸雄たる素質はいくらかあった
のではないでしょうか。
(公孫瓚は美声の持ち主でしたし、王莽もなかなか強烈な声の持ち主だったといいます。
「声」もまた、英雄たらんとする者にとっての武器なんですね)
2 曹丕は玉座に値する者か
曹丕、玉座についた状態で登場してました。その傍らには、漢の帝室の血を引く劉曄。
その姿は自信に満ち、皇帝たらんとする意思をみることもできます。実際、これから約
一年後には、実際のものになるわけですが。
しかし、高官の子息達からは「人望は孫仲謀にも劣り〜」などと言われてますし、その
後の台詞からしても、明らかに曹操とは異なるスタンスをとっていることが伺えます。
父とは異なる道を選ぶ。遥か後の世に生きる我々には、その真意をうかがい知ることは
できません。
3 この乱は…
遅すぎたのか(天下は、既に三勢力に収束しつつあった。魏諷はそれらとは異なる勢力を
築こうとしたわけだが…)、それとも早すぎたのか(魏は内部から崩れ曹一族は滅亡の道
をたどる、というのは後に現実のものとなったわけですが…)。
何か、どちらともとれそうなんですよね。

そして、何か変な話ですけど、子の曹丕より、敵の魏諷の方が、曹操に近いのでは
ないか?そんな気がしてくるのです。魏諷の死…関羽の死…そして、曹操の死。

曹操という存在は受け継がれなかった。
個人的には、曹操の死によってこの物語は完結します。というか、しないとおかしい。

898 名前:左平(仮名):2005/05/29(日) 23:23
他に書き込みがない…。

ここ最近では最大のツッコミどころ、「重要人物の字の誤植」があったんですけど。

899 名前:★ぐっこ:2005/06/04(土) 22:55
一つのことに没頭すると、周りが見えなくなる私が来ましたよ(*´ヮ`)
何年か前も、こういうことあったっけな(^_^;) あの頃も閉鎖騒動になったが…。

というか、今日たまたまモーニング立ち読みできまして、浦島太郎な
気分を満喫しましたわ( ゚Д゚)! いつのまに荊州そんなことになってたんだ( ゚Д゚)!
あと李典の遺産格好良すぎ。

ああ…魏諷の乱の終焉も読みたかったな…左平(仮名)様の文を読めばなおさら。
まあ、単行本読む楽しみが増えますが…。

900 名前:左平(仮名) :2005/06/04(土) 23:34
今回のまとめ。


今回の扉絵は、捕虜となった于禁とその配下達。がつがつと、豪快に飯を喰らってますね。
あまりに堂々とした態度に、笑いさえこみ上げました。曹操がこの様子を知ってれば、あの
悲劇はなかったのではないかと思えます。
(ちなみに、現在の国際法においては、これが正しい「捕虜」の扱い方です)

魏諷達の首を前に、苛烈なまでの粛清を告げる曹丕の態度をみると、こういう部分は
曹操を引き継いでるんですね。
しかし一方で、「唯だ才有れば用いるとは言わぬ」と言い切ってます。…それって、
どうなんでしょうか。
曹操という存在からみると、曹丕の言動には、何かが欠けているような気がします。
(もちろん、曹丕本人の前で言う勇気などありませんが)劉備・孫権に劣ると言われた
のも分かるような。

呂蒙、最後まで三枚目なのでしょうか。「お、俺は そんなに貧乏臭いのかーっ!」って
あんた。確かに豪商には見えませんわな。貫禄がありません。
(それに、士仁の腕をへし折ったあげくに振り回すって。この年のうちに病死するとは
思えません)
ただ、彼にはあって陸遜にはないものも感じられます。それは、「情熱」。
というか、陸遜の態度をみると、言ってる事は正しいんですが、何か感情移入できないん
です。これも、呉が脇役(このあたりの場面って、やはり曹操vs劉備【関羽】ですからね)
だからでしょうか。

901 名前:左平(仮名):2005/06/05(日) 23:30
>単行本読む楽しみが増えますが
そういえば、前回の話題「誤植?」がどうなるか、って問題がありますね。
三戦板の本スレでも話題でしたが、あれをそのままにしてたら、ある意味
関心ものですからね。

902 名前:★玉川雄一:2005/06/06(月) 12:46
アレは明らかに誤植ですから講談社に投書でも来ているでしょうし、
単行本化では訂正されてしかるべき箇所ですよね。
あれだけ目立つ場面で連呼されていたわけですし。


ただ、彼は以前も「齢四十」を放置されたという悪縁がありましたし、
今度こそ誤植の連鎖を断ち切って頂きたいものです。

903 名前:左平(仮名) :2005/06/11(土) 00:53
李典弩、半端でない威力です。関羽軍旗艦(?)をかすめ、樊城に命中しました。
ほとんど巨大戦艦の主砲のノリです。連射できないのが弱点で、撃った後、徐晃は
あっさりと退きましたが。

…これ、巨大な矢文でした。幾重にも包囲されてるから、こうでもしないと城の内
外の通信がとれないというわけです。趙儼の策が発動する様です。
(ここで、呂建・徐商という将が登場します。長く辺境を転戦しており、ろくに体
を洗っていないもんだから臭い…。何か段紀明を思わせますね)

しかし、今回は、表紙も何でしたが、関羽軍の面々の力量を感じさせます(関平は
満寵の得物の刃を叩き折ってますし)。このうち生き残ったのは、兵糧確保の任に
あたる為に前線を離れた寥化だけ…。
今回も総じてテンションの高い回なだけに、続きを見るのがちょっと辛くもあります…。

904 名前:★玉川雄一:2005/06/13(月) 00:36
やはり、樊城では曹仁より満寵の方が暴れん坊っぷりを発揮していますね。(今のところ)
呂建・徐商コンビもこのような「キャラクター立て」をされるとはなんともはや(^_^;)
しかし、『関羽に対するおそれが少なく、妙な気負いもない』の趙儼の見立て…
良い方向に発露してくれればよいのですが、
ぜひとも漢中戦での路招のような末路は辿らずにいって頂きたいものです(`・ω・´)

“桃園の誓い”自体がこの作品で描かれるのは初めてでしたが、
この頃の劉備の姿を見るとまた何とも懐かしい気分が蘇ってきます。
もっとも、この「回想シーン」とそれを思い出した関羽の笑みに、
彼に立ってしまった「死亡フラグ」が見えるような…

905 名前:★ぐっこ:2005/06/13(月) 02:08
あはは!今週は見れた!
李典弩、連射効かないならせめて量産して数隻に取り付ければ
よいのに…(^_^;) 銀河戦国群雄伝ライの、帝虎級戦艦を思い出す…

そして趙巌、今度はセリフ付きの本格登場!そして呂建・徐商!
こいつらもイロモノ担当かあ(^_^;) どういう風にして関羽軍を追い詰める
のだろう…

あと、都督趙累! コイツもいい味だしてるなあ…
あと満寵、そういうキャラかよ( ゚Д゚)!

いよいよ蒼天航路、大詰めっぽいですよねえ…曹操死亡まで、あと
数月…

906 名前:★玉川雄一:2005/06/13(月) 20:22
ふと気付いたんですが。
今週の最後のページで「魏の将にしては人品が悪いぞ満寵!」のコマ。
関平の左腕の位置と手の開き方、というか親指の立て方が関羽っぽい。

満寵は合肥での馬上無双乱舞よりこっち、猛将キャラ道まっしぐらですのう。
新鮮ではあるけど、これもある意味今までコーエーに毒されてきたせいかしら?
確かに、彼は戦歴豊富ですからねえ…
最前線吶喊キャラになったのはゴンタマジックでしょうがまたそれがいい!

ただ、浮かれ気味なのが気になるといえばなるけど、
彼が戦死することは絶対ないはずだから(^_^;)温かく見守れますね。

907 名前:左平(仮名):2005/06/17(金) 00:27
>関平〜関羽っぽい。
今回の序盤はまさしくそうでしたね。相手の名前を知ってるのに「武の礼」だから、と
いう事で名乗れと言ってて、容貌・武芸、さらには性格までそっくりなわけですから。
(考えてみると、ここまで父に似た関平像というのも初めてですね)
この打ち合いは、結局引き分け(満寵が関平の首筋にかすかな傷を負わせてますが、先に
刃を折られているわけですから、どちらに軍配が〜とは言いにくい)。

前回登場した呂建・徐商に加え、さらに殷署・朱蓋という将も登場。ほんの少し張遼に
似てるかな?と思う長髪の方が朱蓋かなと思うのですが…明記はされてません。
(しかし、呂建・徐商はその配下まで臭うのか!)
そして、陽動作戦が効かない以上、数にものをいわせての正攻法しかない!という結論に
なるわけですが…
「しかし、誰が関羽とやりあう?」と聞いて、
「あんたしかおらんよ。敗けずの徐晃」と趙儼に言われた時の徐晃の顔ときたら、もう。
(このまま裸の大将キャラで終わるのか?という気も)

孫権の参戦の知らせも入り、いよいよ佳境に入りますが…夏侯惇の前に現れた、ちょっと
気になる車。これって、ひょっとして…

908 名前:★玉川雄一:2005/06/17(金) 00:52
今回呉軍について直接触れられたのは(唐突な)見開き2ページだけでしたが。
船べりに立つ三人の大将格の面々…
左は蒋欽、右は潘璋ですが、真ん中の人は誰?
三戦板でも何故かネタに走らずみんな結構真面目に考えている模様(^_^;)

・丁奉(時期的に潘璋の部下だった可能性があり、並ぶのはどうかと)
・孫皎(呂蒙の後詰めとして荊州攻略を狙う味好漢!)
・馬忠(彼もここに並ぶにはちと似合わぬかと)
・朱桓(荊州戦には参加してなくね?)
・賀斉(同上)

やっぱ孫皎なのかしら(;´Д`)ハァハァ
顔立ちにどことなく孫一族の面影が見えなくもない…?

909 名前:★玉川雄一:2005/06/17(金) 00:56
あと、孫韶の名前もあがってたみたいだけど、
彼も京口方面に駐屯してたからこっちには来てないと思われる。

譚雄、太史享、蘇飛はさすがにね(^_^;)

910 名前:左平(仮名):2005/06/25(土) 22:25
序盤の徐晃、やけに冴えない(というか疲れた)表情でした。趙儼の台詞からして、
関羽とやり合わずに済む策を片っ端からやったみたいですね。結局、相手が乗って
こないもんで、自らやり合うしかなくなったわけですが。

久々登場の孟達と初登場の劉封のコンビは、勇猛な劉封+慎重な(というか常識人な)
孟達というイメージでした。
周囲の状況からして、動きがとれない、という判断はまぁ妥当なのですが、樊城の戦い
の意味を考えると…無能ではないが自らの常識に縛られる平均的な将、という感じです。

ラストは、ついに関羽と徐晃の一騎打ち。先制したのは徐晃!とはいえ、(毒を仕込んで
いればまた別ですが)まださほどのダメージではなさそうなので、どうもっていくのか。
(ただ、その前のシーンで、孫権を動かすという司馬懿の策が用いられている事から、曹
操の異変を感じるあたり…何か含みが感じられます)

911 名前:★ぐっこ:2005/06/26(日) 19:49
アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

>先週
先週見てたのにレス付けるの忘れてたよ!
先週、確かに最後のセンターに居たイケメンが気になりますよねえ…
あの顔、多分堅パパの血縁ぽい雰囲気だったから…個人的には孫皎で
あってほしい!蒼天風に言えば孫権四天王だもんなあ…
でも孫瑜も出てないし(´・ω・`)

>今週
荊州戦線も大詰め( ゚Д゚)!
なんつうか、徐晃たんやる気無し(^_^;) でも亡き友の形見を手に
かなり奮戦してた模様。あの兜って楽進のものかしら?
すでに前回あたりで、士仁は呂蒙に降ってるのだから、荊州失陥の
報の方が先に届くのかしら?

あと劉封カコイイ! 
孟達カコワルイ! 曹丕に(政治的とはいえ)寵愛された程の男なんだから、
もうちょいスペシャルステータスがあってもよさそうなのに、
あんまり今後も特徴無さげですね…

最後、曹操いよいよ墜つの伏線でしょうか…?
なんか生涯最後の大会戦である漢中攻防戦が、例によって孔明の
せいで意味不明な終わり方しちゃったから、あまりピンとこない
のですよね…。最後まで法正が指揮とってれば盛り上がったのに…

912 名前:左平(仮名):2005/07/02(土) 21:11
関羽vs徐晃の一騎打ちが続きます。

先制したのは徐晃ですが、やはり関羽の強さは尋常ではありませんでした。
大斧を奪い、盾を破壊し、徐晃が見せた趙雲ばりのアクロバチックな攻めも
切り返し…。
徐晃、どうも負傷したみたいです。馬も失ってますから、普通にいくととん
でもないピンチ。一対一では徐晃が勝つ要素が見当たりません。

夏侯惇・張遼来る!の報せ(実際には未着ですが、樊城の内外からそういう
偽装を施しています。しかし、樊城にも李典弩があったのか!軍船四、五隻
をぶち抜くってどんな兵器だ!)により、兵達に動揺が見えているのですが


913 名前:★玉川雄一:2005/07/07(木) 00:19
冒頭に出ていた曹泰の顔が父親ソックリなのはご愛敬でしたが、
せっかくキャプション付きで登場したのだから
父が呼びかけたときは「泰!」と諱だけにしておけばそれっぽかったな、とちょっと残念。

914 名前:左平(仮名):2005/07/08(金) 23:16
いよいよ諸将入り乱れての乱戦模様、といったところでしょうか。

先の呉蘭・雷同(偽関羽・張飛)コンビに続き(?)、偽夏侯惇・張遼(殷署・朱蓋)コンビの
登場です。心持ち張遼に似てるな…と思った朱蓋が張遼に扮してる…ということは、このキャラ
デザイン、どうやら狙ってたみたいです。
もっとも、こちらは片方の殷署が趙累に斬られるという意外なオチ(前回の冷静な対応といい、
趙累、文武共になかなかの力量ですね)。
一方で、臭うコンビ(呂建・徐商)は自らの役目をしっかりと果たしてます。

徐晃の施した策は、樊城の将兵の総入れ替えでした。上記の諸将の動きは、その一環というわけ
です。
満寵、今度は関平から一本とってます(本人にはダメージはありませんが馬を斬ってますから騎馬
vs徒歩になり、優勢)。

そんな中、関羽vs徐晃の一騎打ちはまだ続きます、しかし関さん、どこまでも自分のスタイルを
貫きますな。
「〜憎しみも恨みもない。なにゆえ我らは戦うのであろうな」
こんな中でそういう台詞が出ますか。

915 名前:★ぐっこ:2005/07/14(木) 01:23
正直徐晃と関羽の一騎討ちより、殷署・朱蓋の行く末が気になって
ましたが、あっさりと斬られましたねえ(^_^;) 趙累強ぇええ!
そういえばいっぺん、朱蓋が話題になったことありませんでしたっけ?
牛氏スレだったか、どこだったか…

あと満寵もカコイイ! 光栄の次作の能力値が気になるな…(^_^;)

916 名前:左平(仮名):2005/07/14(木) 22:01
なにやら、ますますの乱戦になっておりますね。
関平vs満寵(なおも激闘中)、呂建・徐商(負傷してるようですが暴れまわってます)、
趙累vs朱蓋(趙累の勝ち…ですが、まだ致命傷ではない様な)。
そして、関羽vs徐晃+曹仁(やはり関羽の強さが際立ちました。徐晃のみならず曹仁も
負傷)。

そして、そんな係争の地を俯瞰するが如き馬上の曹操。
…前に出てきたあの気になる車。乗っていたのは、やはり曹操でした。となると、馬
上の姿は曹操の意識の中?
洛陽で倒れてから昏睡状態だったというのですが、目覚めた曹操、肉体はともかく、
精神はまだまだ元気。司馬懿がおどおどしてます。

今回も、孫権の影がみじんもなし。一体どう描くのか。というか、書かないのか?
最後のコマを見ると孫権サイドを描く気はないのかな?という気が…

917 名前:左平(仮名):2005/07/23(土) 23:38
場面は、再び樊城。
満寵は、頃合を見計らって関平との戦いを切り上げ、場内に戻ります。
殷署だけでなく、朱蓋も討死。一方、呂建・徐商は、一人は首に傷を負ってますが、
何とか生きてます。
本作品においては、他に出番はないでしょうが、彼らは、きちんと任務は果たし
ましたね。

治療(脇腹の傷の縫合)を受けてる曹仁のもとに、夏侯惇登場。顔を見たとたん飛び
上がった為に針があらぬ所にプスリと刺さって「あいたたた」。
このあたりのやりとりは相変わらず笑えますが、ここで江陵陥落の知らせが入ります。
しかし、惇兄も、やはり年相応に老けてきてますね。あらためて意識させられます。

そして、その知らせは関羽達のもとにももたらされるのですが…この情報を提供した
のは、なんと徐晃。「敗けずの徐晃」に限りない敗北感(とその一方での爽快感)を
与えた関羽に対し、何を思ったか。
知らせを受けた関羽は、南に向かう事に決めます。
(王甫登場。えらく老けた感じですな)

連載回数をみると、「ひょっとして400回で済まそうと
してる…?」という気がするのですが…はて、当たるのか
どうか。

918 名前:★玉川雄一:2005/07/29(金) 00:27
孫皎(゚∀゚)
甘寧とのタイマン(過去シーン)が熱すぎる(;´Д`)
丁奉も名前だけ出てましたね。そろそろ登場かしら?

そして阿トウって何者? 誰かの幼名か、オリジナルキャラ?

919 名前:左平(仮名):2005/07/29(金) 01:12
>孫皎
なかなか強いですね。しかし、孫一族がへそ出しルックというのは…あり?

結局、関さんは南に向かうわけですけど…ちっとも劣勢とは感じさせませんね。
阿トウがこの後の鍵を握るような気がします(殆ど人外のキャラではないですか?
確認はしてませんけど、山越系ですかね)。
これまでに名の挙がっている孫呉の将が関さんに勝つのはどうも想像できないだけ
に、人外のキャラで勝負させるのでは…?

あと、呂蒙、タイムリミットが近付いてる様です。自身もはっきりと認識してますし。

920 名前:★ぐっこ:2005/07/30(土) 01:20
孫皎━━!!!(゚∀゚;)

よーしよっしよっし! できれば孫瑜から出して欲しかったけど、
構わない!孫皎おおいによし! そっか、「あの孫権の従弟」、という
扱いになるわけね。これでまた光栄三国志の能力値が上がるというわけだ。

にしても、あの阿トウって何…('A`) 丁奉に呼ばれてる…てあたりが、何か
オリジナルじゃないかもしれない伏線だが…
関さんと呂蒙が智略の限りを尽くして戦う大舞台に、ヘンなもの混ぜない
でほしいよう…。
しかし廖化はよくやった。でもどうせ掴まるなら、最初から廖惇の名で登場しろと。

921 名前:★ぐっこ:2005/08/01(月) 01:30
オワ━━!!!(゚∀゚;)
いつのまにか34巻出てるし! ていうか、33巻のつもりで
買っちゃったから、いきなり孔明出てきたんでビビった…

でも34巻の巻末、イイ感じですね〜(*´ヮ`) ゴンタ先生自ら
解説!うーむ…曹操逝去、あるいは劉備逝去までだとすれば、37巻
くらいまでか…。沈黙の艦隊でさえ32巻だったからな〜。凄い
ロングラン。

922 名前:左平(仮名):2005/08/06(土) 22:25
今回は、久しぶりに孫呉視点。やはり、書かれないと感情移入もできませんね。

かつて、歯が立たなかった張遼。それを凌ぐ武の持ち主である関羽との戦いを前に
して、自らの武を研ぐ蒋欽。孫呉の戦とは何かを熱く語る吾粲。
しゃべりのみならずメンタリティーも関西人な孫皎と、病をおして前線に立つ呂蒙。
彼らは、あくまでも前を見据えています。
…ただ、どうも本作の陸遜にはいま一つ感情移入ができないというか…悪く言うと
「とりすましたやつ」ってな感じが。

潘璋の「悪たれの法則」ってのもいいですね。というか、これだけの頭があるんなら
もっと上の地位になってもよさそうなもんですけど…そこが「悪たれ」たる所以かな。
しかし、最後付近ででてきた丁奉!その髪型・顔つきは…知らん人が見たら絶対女だと
思う…

923 名前:★ぐっこ:2005/08/08(月) 02:21
丁奉に関する説明を要求したいところ(^_^;)

ありゃあ、なんだったんだ( ゚Д゚)! あと動物っぽいのと。
それよか、孫皎の格好良さがいいなあ…。廖化を一蹴したところを
見ると、関羽麾下で言えば、関平あたりでは互角か、ヘタすれば
勝てなさそう。満寵クラスの強さかしら?

それにしても、藩璋イイ感じで大物ですねえ(^_^;) アウトローっぽい…
あと、陸遜は司馬懿とキャラがかぶるのではと…。

924 名前:左平(仮名):2005/08/21(日) 01:26
ちょっと見ただけなので内容はいまいち把握しきれてません…
むしろ、山田芳裕氏の新作「へうげもの(主人公は古田織部)」のインパクトが
強かったりして。
(キャラが完全にジャイアントのノリです。松永弾正久秀【某スレでもそうですが
強烈な人ですね】も登場)

それはともかく。
今回、関さん達は麦城(と思います)に到着。独特の感覚を持つ関さんは、既に周囲が敵だらけで
あることを悟ります。
…そして、降伏勧告の使者は潘濬。裏切り者と罵倒されながらも、孫権の言葉を伝える彼の容貌は、
かの荀揩ノ似て見えました。民を想うきまじめさというのも似てますね。
しかし、降ったばかりの者をいきなりこんな矢面に立たせるというのは…何というか、(個人的に
は、ですけど)孫権への感情移入をさせないということですかね…

925 名前:★玉川雄一:2005/08/28(日) 02:41
今回、ラストの孫皎の必殺技wは危険なパターンじゃまいか? 
『ケロロ軍曹』で言うところの
「い…いかんケロロ そのセリフと飛びは… 死ぬ感じだ!!」(byギロロ伍長)
ってやつ。もっとも、まさか一刀両断という訳には参りますまいが…
さすがに死ぬことはないにしてもそれこそ腕の一本ぐらい持ってかれそうなヤカン('A`)
あるいは後に致命傷になるような大ダメージとか…(『この年に死去』に繋げるような)

あと、孫権は左平(仮名)さんがおっしゃるように作為的に描かれてるように感じますね。
書簡の内容といい、以前の曹操との対陣の時もそうでしたが尊大さを際だたせるような。
「長坂以後」の劉備のように、どこか突き抜けた変貌を遂げた風に見られます。
それが良いか悪いかは微妙なところですが…

926 名前:左平(仮名):2005/08/28(日) 12:25
>孫皎
個人的には、次回のしょっぱなで一刀両断されそうな感じがしてます…。
牛金の例もありますから、少々の時系列は無視しちゃいそうな勢いが。

>孫権
孫権の態度は、対曹操の場合はどこか可笑しみを感じさせるんですけど、
この場面についてはえげつなさを感じさせるんですよね…。
関さん達も、潘濬に対しては「生きて南郡の民に尽くせ」ってな感じで
あるだけに、孫権に対する怒りがなおさら際立つ…。

927 名前:左平(仮名):2005/09/23(金) 00:04
>孫皎
玉川さんのおっしゃる危険パターンの通りのオチでした。牛金ほどではないにしろ、時系列はちょっとばかり無視。
とはいえ、とりあえず一人で一回は保ちました(厳密には、黥赤という一回きりキャラ込みでしたが)。

しかし…致命傷の位置こそ類似してますが、正直言って、龐悳の最期に比べると格段に劣る感が否めませんね。
なんだって、万の兵を率いてるのにわざわざ一騎打ちを(それも当代最強の武人の関さん相手に)挑むのか。
言ってしまうだけ野暮とは分かっていても、「あんさんほんまもんのアホやろ」とツッコミを入れずにはいられ
ません。
最後にしても、それが「最低限の情け」なの?ってな感じで、何か間が抜けて見えます。関さんとの格の違いが
際立っただけでしたね。

こうなると、年内完結すらあやしいかも。関さんの死ぬ姿が想像できませんわ。

928 名前:★玉川雄一:2005/09/28(水) 22:20
むむ、間に合ったか。

しかし孫皎… あれだけ引っ張ってあのオチはどうですよ(´・ω・`)
孫皎も孫皎ですが、この期に及んでなお「関羽の武勇」を
こういう形で描かねばならない必要性があるとも思えないのです… 
これならばナレーションで孫皎の死を片づけた方がなんぼかマシだったことか。
孫皎の器量云々というより、ストーリー展開がどうも納得行かない…

初登場〜途中までは実に良いキャラクター描写だっただけに、
これからは蒼天版孫皎を回想すると同時にこのやるせない最後が浮かんでしまうかと思うと
どうにもいたたまれない気分に襲われます。

929 名前:紅牙:2005/09/28(水) 23:22
こんばんは。こちらでは初めましてですね。紅牙(紅いキバ)と申します。

私もあの展開に納得がいっていないクチです。
かつて関さんと呂布が一騎打ちをした場面は、何度見てもカッコよくてシビれるのですが、
この孫皎との戦いはどうも...
乱戦の中でのタイマンならまだしも、唐突に始まる一騎打ちに不自然さを感じてしまいます。
揚げ句に孫皎のあの最期では...彼には普通に荊州平定に尽力して欲しかったですね。

その上、もしかしてこの調子で、近々お亡くなりになる方々を撃破していってしまうのでは!?
という不安もあって、かつてないほどストーリーに乗り切れない自分がいるんですよね。
う〜む。

930 名前:左平(仮名):2005/10/01(土) 22:40
孫皎を倒した後も、関さん達は突っ走ります。本来、後ろにも配慮すべき立場の趙累も
もう止まりません。
いや、それにしてもえらい快進撃です。蒋欽まであっさり倒されて…ん?孫権が撤退?
劉備が長安に?上庸から孟達率いる二万?

そ、それって…。曹操が復活したみたいですが…どういう展開に?

931 名前:左平(仮名):2005/10/08(土) 22:44
前回の展開、結論を言うと曹操の夢オチでした。こうなると、どこまでが現実だったのか…。
(孫皎討死は確定。蒋欽は今回時点では生きてますが…この展開だとどうなるんでしょうか)

今回も、どこか曹操の夢というかイメージが大半を占めるという感じでした。身の丈ほどもある
巨大な筆を振るって関羽を現す曹操と、孫呉の包囲網を突破する関羽の快進撃とが重なり合い、
凄まじく力感溢れる進み方です。
「元来理性の男が 侠そのものとなり やがて 侠を越えていく」
「それはもはや関羽としか呼べぬものだ」
 ・
 ・
今回は、一言で言うと関羽賛歌です。曹操の中では、関羽は自身や劉備を越え、時空
をも越えた存在と化している様です。
曹操によって、関羽は死して神となることのお墨付きを得た…というところでしょうか。

ラストは、孫呉の包囲網を突破する直前で…という場面。あれだけ暴れまわってなお軍と
しての形を整えているとなると、李陵のイメージとも重なるところがありますね。
(兵五千で十倍以上の包囲網を突破寸前で…ってなところ)
李陵は隴西の人ですが、後の唐王朝は隴西の李氏と自称した事で悲運の名将というイメージ
を増幅させたところがありますので、その点も似ている様な。

932 名前:左平(仮名):2005/10/17(月) 22:58
岩と虎で前後を分断。その上で数万の大軍が襲い掛かる…!!

とはいえ、それでも関羽の武は揺らぎません。というか、かえってパワーアップしとります。
虎はともかく、敵兵はことごとく首と胴が離れ、ポンポンと飛んでおります。
先に出てきた人外キャラも、どうも冷や汗をかいてる様で…。

ついに関平、趙累が敵刃にかかります。普通に致命傷の様です…
しかし、たった一人相手に蒋欽(弓矢?)、潘璋(普通に得物?)、
陸遜、さらに丁奉(徒歩に刀)。
これ、相手の疲労も考えると、勝って当たり前なんですよね。やはり、
孫呉は脇役+敵役なんですかね。

933 名前:左平(仮名):2005/10/23(日) 21:44
関平、前回の一撃は紙一重でかわしてましたが…さすがに今回は
もう無理みたいです。
ただ、趙累もそうですけど、まだ息はあるが戦闘不能に陥った、
という感じもあり。

それにしても、本作の陸遜は好きになれんキャラですわ。妙に
完成してて、感情移入する余地が全くありません。蒋欽や潘璋
がそれなりに熱いキャラになってるのを考えるとなおさら。
(それはそうと、丁奉、馬上の相手に徒歩というのはやっぱり
無茶でした。本人は無事でしたけどね)

934 名前:★玉川雄一:2005/11/08(火) 23:04
さてさて、ツッコミどころ満載の関さんファンタジーもようやく幕が下り…と思ったら、
連載自体が幕引きになってしまいました。
万感の思いを胸に、明後日を待つとしましょうか。

935 名前:左平(仮名):2005/11/13(日) 21:49
ついに最終回。…11年ですか。私が見始めたのは官渡(曹操と文醜の追いかけっこ)の
あたりでしたから、連載の長さを考えると、あれでも前半の方だったんですね。
不完全ながら、今回の絵と台詞、可能な限り頭の中に叩き込みました。

こういうラストシーンを描かれるとは…。とりようはいろいろあるんでしょうけど、三国志
好きとしては、玉川さんのおっしゃるとおり、万感の思いをもってみることとなりました。

それにしても…確実に、楽しみが一つ減ってしまいました。

936 名前:★玉川雄一:2006/01/23(月) 22:06
単行本第35、36巻が同時発売となりました。これにて完結…

ところで単行本を読み返していて気付いたのですが、魏諷の乱に参加した諸公子らの面々、
ネットのどこかで見た記憶があったのに自身に読んだ覚えがないと思っていたのですが、
どうやら連載時に読み飛ばしていたらしいことが判明。
単行本でいうところの35巻P54〜55の見開きですな。よりによって肝心なところを…(-_-;)

これからは思い出を振り返りながら日々を数えるのでしょうねえ。
あの蒼き天の向こうへ、数多の人々を探す旅が始まりました。

937 名前:★玉川雄一:2006/04/18(火) 21:02
クロニクルエディション最終巻買ってきました。
巻末の作者インタビューは興味深い内容でしたね。

・忘れられない一言は「ならばよし!」
・何晏のモデルはやはり浅野忠信
・やっぱり高島センセイの『三国志人物縦横談』(きらめく群像)を参考にしていた
などなど。周瑜のエピソードをめぐる裏話もあったり。

しかし、クロニクル第9巻を買い逃したのが惜しまれます…
大きな書店に残ってたりしないかな?

938 名前:★裏タマ:2006/11/23(木) 20:28
画伝の発売が延び延びになってるけど、いよいよ発売間近!
というわけで、今週号のモーニングにゴンタ描きおろしのショートコミック掲載。
装いを新たにした蒼天キャラが登場しておりますな。
中綴じ製本の一番内側だからホチキスの針外して保存するのも簡単だね!

939 名前:玉川雄一:2006/11/23(木) 20:30
↑あ、名前間違えた(ノ∀`)
…いや、違うな。内部設定の方かな。
掲示板再編したときにトリップの設定変わってる?

940 名前:左平(仮名):2006/11/23(木) 22:06
玉川さん、お久しぶりです。

>今週号のモーニングにゴンタ描きおろしのショートコミック

何と!今週のモーニングは見ましたが見落としてました!(蒼天
完結後は「へうげもの」しか読んでなかったもので…)
明日、探してみます!

941 名前:ぐっこ@管理人 ★:2009/04/07(火) 15:23:07 ID:W7gbQtOo0
なんで関西でやらないんだよアニメ…(´;ω;`)

http://www.ntv.co.jp/souten/
日テレ公式


つうわけで、ちゃんと見れた方、色々レポおねがいします(´・ω・`)

942 名前:ぐっこ@管理人 ★:2009/04/07(火) 15:27:41 ID:W7gbQtOo0
というか、最後の左平(仮名)さまのレスがあってから2年半経ってるのか:(;゙゚'ω゚'):

連載終了時が、さらにその一年まえの>>934…。うーむ。思っていたよりも昔の話だった
のだなあ…。

おまけに>>1に至っては8年前:(;゙゚'ω゚'): しかもその時点で赤壁手前だし…。
なんか時間間隔がヘンになってきた(;・∀・)

943 名前:ヤッサバ隊長:2009/04/18(土) 23:24:12 ID:H6lcFFsw0
てっきり見られないと思っていた蒼天航路が昨日始まったので軽くレポ。
おお、ナレーションがフリーザ様だよ!それだけでもう視聴継続決定。
第一話。巨大怪物「d」の話からスタート…ってd話だけで結構時間割いてるなぁ。
まぁ原作漫画でも初っ端からアレはインパクトあったけど…。

前半は少年阿瞞・はじめてのおつかいで泥棒ぬっころすの巻。
後半は曹操16歳。許チョと出会うの巻。
そして爆裂団頭領との舌戦⇒いきなり嵐が起きて混乱してる間に許チョの手で頭領あぼーん。
ちなみに、深夜枠だけあって原作のグロ描写は余すところ無く再現。
泥棒の首チョンパや血まみれ阿瞞もモザイク修正等無しでバッチリ。
この調子で行くと予告にあった第二話「アモーレ」も地上波ギリギリのネタを披露してくれそうだ。
張讓の秘密兵器公開なるか…!?Σ(゚Д゚;)

944 名前:ぐっこ@管理人 ★:2009/04/22(水) 23:33:43 ID:lSwRUJcV0
Σ(゚∀゚)! おお、隊長ッ! レポ感謝だ!

私も日曜に受け取った録画分、今から見る!今まさに再生をせんとする
この喜びを!

945 名前:ぐっこ@管理人 ★:2009/04/23(木) 01:21:05 ID:nBLPuvrH0
1話、2話、見終わった(;゚∀゚)=3ムッハー
うーむ。さすがに毛主席の指エピソードは神スルーか。トンやたら気合い入っててワロタ。
本編は世評通りすっ飛ばしてる感はありますが,尺を考えたら是非もない(´・ω・`)
でもOPかっこいいな! やはり官渡までっぽい。

それにしても、爆裂団の連中、改めて映像として見ると、想像以上のヒャッハーぶりで吹いた。
蒼天少女…(;・∀・) なぜモーニングでなくヤンマガ…。

946 名前:左平(仮名):2009/04/25(土) 02:51:46 ID:FJO82zTv0
こちらも、見られない地域(同じ枠の「カイジ」が約1年遅れみたい)です。
YoutubeでOPとEDを見ることができたのがせめてもの慰みというもの。
…Wikipediaでみると、曹操の中の人、夏侯惇達の中の人よりだいぶ若い
ようで。一体、どんな感じなのか。気になります。さらに、霊帝の中の人が…!

947 名前:yukari:2011/10/26(水) 07:42:23 ID:PmtJjtiT0
イヤじゃないよ。入れる時に少し痛むって聞いてるから、正直、ちょっと怖いってのはあるけど+.(・∀・).+※ hemn.me/gazoudouga.com/k3

447KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50 read.htmlに切り替える

名前: E-mail(省略可)

img0ch(CGI)/3.1