ロボットによるスパムを排除するため、全板でキャップ必須にしました!

書き込みをされる方は、必ずメール欄に #chronica と入力してください。
sageをする場合は、 sage #chronica としてください(sageのあと半角スペース空ける)。

お手数をお掛けしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたしますm( _ _ )m


■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 最新50 read.htmlに切り替える
■ 【Roman】総 合 考 察 ト ピ

1 名前:★ぐっこ@管理人:2006/11/22(水) 22:36
5th story CD 『Roman』の総合考察トピックです。
 
全11 2曲を通しての構成や相関性、各所にちりばめられた暗号・ブックレットの謎、ジャケット絵のギミック…等、このアルバム全体を俯瞰しての考察を行うトピックです(`・ω・´)
 
第5の地平線が物語るものは? 「ローラン」て何人いて何したかったの? 結局ロマ男の正体って? …などなど、とにかくアルバム全体を通じての物語、謎、伏線、そしてMessageを皆さんでワイワイと考察していきましょう。
 
※各楽曲の細かい歌詞についての突っ込んだ考察、その楽曲だけで完結できる謎解きなどは、それぞれ個別のトピックスで行ってください。
 
{{color red,特に歌詞や他所の文言引用については}}ガイドライン{{color red,を厳守のこと!!!}}

2 名前:名無し:2006/11/22(水) 23:40
曲と曲のつながりは追いかけることが出来ましたけど、
ロマ男ことHiver氏の正体は、ちょっと分かりづらいですね・・・
ABYSSのような明確な登場シーンが無いので。
「僕が生まれてくるに至る物語はあるのだろうか?」
なんて言い方だと、まだ「生まれてない存在」なのかと思いました
(最初は、「僕が生まれてくるに足るromanはあるのだろうか」に
聞こえたので、エラソーなやつだな、と思いました・・・)

3 名前:ユキミヤ:2006/11/22(水) 23:55
とりあえず考察してみます。
まず考察って程でもないのですが、噂の3番目のボーナストラック(?)ですけれど。
私はもしかしたらあるんじゃないかと考えています。
真偽どころかソースまでも良くわかってないのですが……。
とりあえず例の2番目のボーナストラックでじまんぐが語ってるMassage、『風車』『宝石』『焔』『双子の人形』がキーワードになるんじゃないかと。
そして再び歌詞カードを読んでみると同じ単語が使われても曲ごとに《 》で括られてたりして違うんですね。
さっきの4つの単語も《 》で括られている曲が幾つかあって、括られたキーワードを拾うだけで何とか10個在りました。
とりあえず言ってみたかっただけです。

4 名前::2006/11/22(水) 23:56
Hiver氏の「生まれてくるに至る」というところがちょっと気になってます。
「至る」だから、以下の曲に自分に繋がる物語→自分が生まれてるという結果になる物語、となってしまうのでしょうか……?

5 名前:wait:2006/11/23(木) 00:00
ジャケットにいる3人。
左から Violette、Hiver、Hortense
Hiverの両側にいる女の子たちは度々曲中に出てくる《双児の人形》だと思うのですが、どうでしょう?
違ってたらすみません。

6 名前::2006/11/23(木) 00:11
なんかいろいろ中この作品とつながりがありますよねぇ〜

某将軍(1st)とか
屋根裏の少女(pico R)とか
濡音の少女(前奏曲)とか
天秤(4th)とかw

今のところ見つけたのはこれだけですがまぁきっと
THNATOSとLOSTとかともつながるところがあるはずですよね!

考えすぎなきもしますけど、ブックレットの最後のところの過去の作品全部で11個ありますよね?
今回の曲も11曲・・・

7 名前:hama:2006/11/23(木) 00:24
>とりあえず例の2番目のボーナストラックでじまんぐが語ってるMassage、『風車』『宝石』『焔』『双子の人形』がキーワードになるんじゃないかと。
>そして再び歌詞カードを読んでみると同じ単語が使われても曲ごとに《 》で括られてたりして違うんですね。
>さっきの4つの単語も《 》で括られている曲が幾つかあって、括られたキーワードを拾うだけで何とか10個在りました。

見えざる腕の窓の中の《宝石》をあわせると11個になりました。
自分は、『風車』『宝石』『焔』『双子の人形』の順にその曲(ページ)の数字の文字を入れてみたんですけど、
違いました。並べ替えるのか、方法が違うのか、それとも存在しないのか
気になるところです。

8 名前::2006/11/23(木) 00:31
話の流れを折るようだが、ブックレットがだんだん
汚れていくのは何故なんだ?

9 名前:KC:2006/11/23(木) 00:35
>>8
そういえばそうですね・・・いまさら気づきました
緋色の風車のページにいる紫の女の子が他のページとはちょっと
違うように見えるのは印刷の問題ですかね?
紫に青い点々みたいなのが少し見えるのですが・・・
目の錯覚でしょうかw

10 名前::2006/11/23(木) 00:36
>話の流れを折るようだが、ブックレットがだんだん
汚れていくのは何故なんだ?

私は朝からだんだん日が暮れていく様子かと思いましたょ

11 名前:#まそっぷぺ:2006/11/23(木) 00:39
違うスレでキャラの相関図を作ってみた者ですが、ここにも置いときますね。
ttp://www.vipper.net/vip132565.gif
もっと完成させていきたいので色んな意見お願いします。

12 名前:エイル:2006/11/23(木) 00:40
朝と夜のイメージですね。
各歌の最後のセリフによって、
朝サイドと夜サイドに分けられます。

13 名前::2006/11/23(木) 00:40
>8さん
私も気になります。
しかも、ただ汚れていくのではなく、二ページ一組が繰り返し出てきて、少しずつ汚れていく所がまた、ですね。w
あと、汚れが指紋のように見えるのは……気のせいですかね。

それから、引っかかりそうなタイトルを幾つか考えてみたのですが、今のところLost多し、です。

14 名前:キサラギ:2006/11/23(木) 00:40
>>8 匠さん
私には月日が経って朽ちていく様を表しているように思えました。
下にいる人のシルエットも段々歳をとってた気がします。

15 名前:忍冬(スイカズラ):2006/11/23(木) 00:42
>>5
私もそう思います。
曲中にもそれらしき歌詞はありましたが、
ネットの自動翻訳によると
『Violette』はスミレ色
『Hiver』は冬という意味だそうです。
『Hortense』は一発で訳が出なかったので謎ですが
紫陽花をはフランス語で『Hydrangea』というそうです。
ご参考までに(^^;)

16 名前::2006/11/23(木) 00:43
>私は朝からだんだん日が暮れていく様子かと思いましたょ

なるほど…そう考えることも出来るのか…。
相変わらず深いなぁ

あと、私が気になったことといえば、ブックレットの
曲目が載ってるですかね…。
やはり、あの並びには意味があるの思うのですが…。

まぁ、気が付いたことを並べてるだけなのでなんとも言えませんが^^;

17 名前:MIU:2006/11/23(木) 00:44
>ブックレット

ブックレットの下の方にある人間の様子が『子供→骨』に変わっていっているので、時間の経過を表しているのではないかと思いました。

18 名前::2006/11/23(木) 00:45
>16
載っている所 です。

誤字失礼しました。

19 名前:KC:2006/11/23(木) 00:49
>>15
人形だと私も思います
菫の姫君と紫陽花の姫君と歌詞にものっていますし・・・
アナザーの方には花の絵も描いてあります。

意味があるかわかりませんが、花言葉
菫「ささやかな幸せ・貞節・誠実・愛」
紫陽花「移り気・浮気」
だそうです。関係があるかは謎ですが、色々想像はできそう・・?

20 名前:スキム:2006/11/23(木) 00:55
>15
私も月さんがおっしゃる指紋のような汚れってことからも
何か時間の経過とか人の人生を表しているような気がします。

21 名前::2006/11/23(木) 01:09
>>20
人生や時間を同じページを汚していくことで
積み重ねている表現なのかな?

ページ下に居る人のシュルエットもやはり老いていき
最後には骨になっているので『流れ』だと思います。

骨の後に赤子になるのは、やはりループですかね?

22 名前:忍冬(スイカズラ):2006/11/23(木) 01:11
>>19
花言葉はどちらも『愛』が共通するような気が・・・(>_<)う〜ん、謎!
なぜスミレと紫陽花なんでしょう!?
あと、『焔』で再び彼女たちの名前(?)が出てきますが、
『Hortense』ではなく『Hydrangea』に聞こえるのは私だけでしょうか?
ちょっと無理かな(^^;)フランス語の発音、難しいです...。

23 名前::2006/11/23(木) 01:18
>>22
『焔』のところで出てくる《水色の花》の部分は、
『Hortansia』かな、と思います。
読みかたは『オルタンシア』。フランス語で紫陽花です。

24 名前:misatch:2006/11/23(木) 01:24
>《水色の花》
 私の手元にある辞書でも「紫陽花」を調べるとHortannsiaのスペルでした。
 で、推察。フランス語は単語の語尾を変化させて活用する言語なので、
朝のロマ子の名前は「人名に使う活用」がされていてHortanse
歌詞の《水色の花》は原形でHortansiaではないでしょうか。
 耳で聞く限り、この部分の語尾は-seよりは-siaに聞こえます。
 ……フランス語の発音はよく知らないので推察でしかありませんが。

25 名前:螺子乃人:2006/11/23(木) 01:25
今気づいたんですが、『呪われし宝石』の最初の部分で「へますんなよ、ローランサン」と言っていませんか? 『見えざる腕』のローラントを殺した彼でしょうか? 残念ながら相方の名前が聞き取れないのですが・・・

26 名前:忍冬(スイカズラ):2006/11/23(木) 01:29
>>22さま
なるほど(゚∀゚)!!ありがとうございます。
確かにそう聞こえます!

ではパーフェクトガイドブック(タワレコ特典)に載っていた
『Hortense』という名前も同じ紫陽花という意味なのだろうか...。

27 名前:忍冬(スイカズラ) :2006/11/23(木) 01:33
すみません、>>26>>22>>23さまでした。由さまごめんなさい(>_<)

>>24さま
語尾変化!そう言えばフランス語にはそのようなものが。
参考になりました!

28 名前:くっく:2006/11/23(木) 01:35
>螺子乃人さん
私には話相手の名前がゲーフェンバウアーに聞こえるんですよね…

>忍冬(スイカズラ)
>24でmisatchさんがおっしゃってるとおり、語尾の微妙な発音の変化は活用してるだけだと思われます。
だからHortenseも同じ意味でいいはずです。

29 名前::2006/11/23(木) 01:35
>>22
紫陽花って土のpH濃度で色が変わると言いますが、
これは、何かヒントになるんでしょうか?

それとも花言葉に関係しているんですかね?

30 名前:くらげ:2006/11/23(木) 01:37
>匠さん
たまに小説とかで見かけますね。死体が埋まってるから色変わってるよ、みたいな。
…なんか怖い想像が…

31 名前:エイル:2006/11/23(木) 01:38
>>25
私も聞き取り頑張ってみました。
「ヘマすんじゃねぇぞ、ローランサン」
「へっ、お前こそな、イヴェール」
イヴェールって聞えます。
イヴェールって…Hiver…?

32 名前:かからん:2006/11/23(木) 01:40
「ヘマすんじゃねぇぞ、ローランサン」
「へっ、お前こそな、ゲーフェンバウアー」

こう聞こえたのは私だけ?

33 名前:アーサ:2006/11/23(木) 01:40
アナザーロマンのジャケット(TUTAYA特典)のHiverさんの
死体っぷりと、アイホールから血っぽい液体を流している
二人のロマ子の姿、何を記してるのでしょうね…
みんな実は死んでいた、みたいなオチなのでしょうか

34 名前:ふーじん:2006/11/23(木) 01:46
>アーサ さん
1曲目に「壊れた人形」「骸の男」とあるので、何らかの意味はあるのだと思われ。
ちなみにその特典は私は見てませんが。

35 名前::2006/11/23(木) 01:46
>>33
アナザーロマンのジャケットを持っていないので推測ですが
朝と夜の物語の歌詞の事だと思います。

左の列の2行目の事かと…

36 名前:ひのと:2006/11/23(木) 01:47
初めまして、ひのとと申します

水色の花のHortenseについて
『アジサイ』の語の語形変化かと盛り上がっているところ申し訳ないのですが、
実際のHortenseという個人名はアジサイとは関係ないようです

参考(『怪しい人名辞典』様より)↓
ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~simone/aya/alp/h6.htm#Hortensia

とはいえ、よく似た語ですし領主様が『アジサイ』にひっかけて
使ったとした方が正しいかもしれませんね。
領主様……どこまで私達を悩ませるのか……!

37 名前::2006/11/23(木) 01:50
>>33さん
生まれるに至る物語があった・無かった……とかでもなさそうですしねぇ。
にしても、そのジャケット見てみたいですね……。

38 名前:あじさい:2006/11/23(木) 01:52
l'hortensia で普通に出るんだけど…
ただの怪しい個人名だとするとViollette、Hiverとつりあわなくなりません?

39 名前:neka:2006/11/23(木) 01:54
ものすごーく気のせいな感じもしなくもないですが…
Romanジャケットの”汚れ方”、
Chronicle2ndのジャケ絵の構成に似てるような気がします。
偶然かもしれいですが。

40 名前:照り焼きチキン:2006/11/23(木) 02:02
>>36
関係はあるみたいですよ。
アジサイのHortansiaは、Hortense Lepaute(オルタンス・ルポート)という女性の名誉にちなんで名づけられたのが始まりだそうです。

参考
ttp://chottocafe.blog37.fc2.com/blog-entry-111.html

41 名前:ふーじん:2006/11/23(木) 02:02
領主様のコメントとyaneuraに残されている
「嘘を吐いているのは誰か?」
というフレーズがすごい気になってるんですが・・

42 名前:のろし:2006/11/23(木) 02:09
≫ふーじん様
私もとても気になってました!誰か嘘ついているのでしょうか??てことはどこかにつじつまの合わないところがあるのでしょうかね?

43 名前::2006/11/23(木) 02:17
嘘、というとLostの「ゆりかご」や「失われた詩」を思い出しますが、関係性はちょっと薄そうですね……。w
一番怪しそうなのは、本名を一切名乗らないばかりか偽名を使った「賢者」とかですか。

44 名前:11月病:2006/11/23(木) 02:24
『嘘』は11文字の伝言
真実である裏11文字の伝言を発見すると
輪廻する幻想から目覚め、現実=『檻』の世界となる
つまり、「おりあわさって死んだ」13人の少年のだれかと
ミシェルの物語

という解釈はどうですかね?
ボーナストラック聞いてそんな感じがした
ボーナス合わせると13曲だし(関係ない?)

45 名前::2006/11/23(木) 02:27
>>43
確かに賢者は怪しいと思います。

彼の伝言は行き止まりな訳ですし…。

ただ
「嘘を吐いているのは誰か?」
この言葉は、それだけで終わるワードではないと思うのですが…

46 名前::2006/11/23(木) 02:54
>>匠さん
確かに、賢者はどうしても「怪しい」止まりだと思います。
嘘をつくなら徹底的につけばいいものを、「行き止まり」や「嘘をついているのは誰」と、賢者に導かれたボーナストラックで真実じみた事を提示してますしね。

此れまでの曲で、「嘘」に引っかかりそうなフレーズを探してみると何か出てきたりするのでしょうかねぇ。

47 名前:ほくと:2006/11/23(木) 03:19
うーん、ちょっとアレなんですけど
嘘をついているのは一曲目の朝と夜の物語のじまんぐ語りだというのはどうでしょうか?
順番どおりに入れても何もなかったですしOTL

根拠が殆ど無いのですが(汗

48 名前:れいじ:2006/11/23(木) 03:24

『賢者』の最後のセリフで、

『見つけたぞ、クリストフ』(?)的名ことが聞こえるのですが…。

そうなると『檻花』のクリストフさんかなぁと妄想中。

49 名前:shima:2006/11/23(木) 04:46
シークレット関連もここに書いていいのだろうか…?

2番目のボーナストラックで、笑い声が響いた後の台詞にて
呼ばれている名前が"Hiver"と聞こえるのですが…やはり関係あるのでしょうか。
その直前の双児の台詞らしき単語はよく聞き取れません。

この辺りはクロセカ以前を知らないとなかなか…!orz

50 名前:northern:2006/11/23(木) 07:18
2 3 5 7 11 が素数であることから 『真理』
他は嘘をついている

3(見えざる腕)で母が父の元を離れる 父が隻眼にして隻腕
11(11文字の伝言)で母が子供(盲目)を産み 自身は死亡
2(焔)が母の葬式?これがしっくり来ない
7(天使の彫像)で父は修道院に娘を見つけて再開
5(星屑の革紐)では父と娘は一緒に住んでいて Pleutは母の生まれ変わり またPleutの仔はElysionの犬

これに嘘サイド(1.4.6.8.9.10)を上手く織り交ぜると・・・
と考えると3曲目の隠しが存在しそうな気がします
唯、賢者の歌詞でじまんぐが朝と夜の物語を弐だ と言っているので1曲目は素数側?
うーむ分からん

51 名前:わらたろう:2006/11/23(木) 11:26
>11月病さん
!!!なるほどー
自分は「(物語を)織りあわせ詩になさいな」かと思いましたが
そんなキレイな〆方だったらこんな歌になってないですね…

52 名前:Luna:2006/11/23(木) 11:29
>>31さん

イヴェールって言うのは多分フランス語読みでHiverのことだと思います
(フランス語は語頭のHは発音しないらしいので)
なので多分同一人物ではないかと思います

53 名前:chiffon:2006/11/23(木) 11:42
普通のジャケットで考察できる点がいくつかありますね。
真ん中の男イヴェールの足がぼかされてる。=生まれるか生まれないか分からない存在故?
そして、下の人生を描いてる右から5番目が腕が切り取られてる?
さりげなく血も描かれてるし。
つまりこれは金髪のLaurantの人生ということかな。
その後再婚して子供ができて・・・?

54 名前:kanata:2006/11/23(木) 12:17
「嘘をついているのは誰か?」
「焔」で「否定接続詞で綴られた書物は歴史を操る」とあったので
歌詞を調べてみたらトラック3.5.7.9.11はわかりやすい
「否定接続詞」があったのですが
これって「歴史を操る」⇒「真実を隠す嘘」になりませんか?
あまり文法などには詳しくないので自信ないですが。

55 名前:奈々死:2006/11/23(木) 12:27
嘘は賢者だと思います。
『朝と夜の物語』に唯一混じった『黄昏』なので。

56 名前:rs:2006/11/23(木) 12:56
嘘、って曲単位で繋がっていないものがあるっていう意味ではなく
思わせぶりに見えるリンクはフェイクでした!
っていう『嘘』だと解釈していました。
何が繋がっていて何が繋がっていないのか、というRevoさんの言葉とあわせて。
それぞれキーワードを全部まともにつなげていくと大分辛い解釈を入れないとまずい部分もありますし…。
リンクっぽいキーワードをフェイクとして切り捨てる必要があるのかなぁ…と。

57 名前:Dr.K:2006/11/23(木) 13:20
零音パパと片腕のLaurantは同一人物?

58 名前::2006/11/23(木) 13:28
>>55
朝と夜の物語に、どちらでもない黄昏が入っているのは
確かに、意味があるのかもしれませんね。

やはり、転換期が黄昏の賢者なのでしょうか?

59 名前:モチ:2006/11/23(木) 13:34
>>57
片腕のLaurant=零音パパは成り立つ可能性がありますが、
片腕のLaurant=オーギュストだとすると成り立たないですよね。
オーギュストは子供に一回もあっていませんし。
赤髪のLaurantが零音パパである可能性はちょっとなさげな感じがするのですが、どうなんでしょう。

60 名前:Dr.K:2006/11/23(木) 14:26
わざわざ歌詞に、腕の不自由なってのがあるのが臭いんですよねぇ。

61 名前:あず。:2006/11/23(木) 14:39
前々から緋色の風車と緋色の花が関係無いのかと思っていたら、
緋色の花の曲中に
「いつわりの黄昏に染まった」
って歌詞があるんですよね。
Romanに関連してるのかは解りませんが・・・。

62 名前:つばき:2006/11/23(木) 15:56
>おりあわせ〜
降り合わせ(主役を降り、つまり物語を降り、終え)
死になさいなという意味かと思ってました。
ひらがななので、色んな意味にとれますね……。

63 名前:puppe:2006/11/23(木) 16:36
初めて書き込ませて頂きます
ちょっと気になったことがあったので・・・
少年は剣を…の「異世界の王と〜」の最後に
「<第五の地平線の旋律>を口ずさむのは<少年>の唇」
とあったのですが、これは焔の最後に言われてる
「懐かしき調べ それは誰の唇か 嗚呼...<物語>を詩うのは……」
ってのと関係あるんですかね?

まぁ少年は剣を…自体が直接関係無いって可能性もあるんですが・・・

64 名前:puppe:2006/11/23(木) 16:38
「異世界の王と〜」でしたね
タイトル間違えてました;

65 名前:puppe:2006/11/23(木) 16:39
「終端の王〜」でした・・・
死んでいいよ俺orz
連投すみません;

66 名前:あじゃぷ:2006/11/23(木) 17:31
すみません、ボーナスってどうやったら聞けるんですか?
PC持ってないと無理?

67 名前:KC:2006/11/23(木) 17:47
>>66
ボーナスはPCないと無理ですね〜
歌詞の伝言の住所からしか往けないので・・・

68 名前:N:2006/11/23(木) 17:51
ボーナス2の歌詞、

回る風車
煌く宝石
????
双子の人形

三番目になんていってるかわかりますか??

69 名前:名無し:2006/11/23(木) 17:56
巡る焔じゃないか?

70 名前:KC:2006/11/23(木) 17:57
>>68
めぐる焔じゃないでしょうか?
最後がともされる第五の地平線だったと思います

71 名前:N:2006/11/23(木) 18:00
>>69-70さん
ありがとうございます!

めぐる斧にきこえて、「なにそれ物騒・・・」とかおもってたもので・・・・

72 名前:誰か・・・:2006/11/23(木) 18:33
すみません、ボーナス2ってボーナスの2曲目があるんですか?
ボーナス1曲だけしか知らないので教えていただきたいですが・・・

73 名前:揚羽:2006/11/23(木) 18:50
初めましてです。
>>72
2曲目もあるようですね…
伝言でPASSを入れると出てきます。

74 名前:誰か・・・:2006/11/23(木) 18:53
揚羽様ありがとうございます!
もうひとつ探します!

75 名前:奈々氏:2006/11/23(木) 19:55
11文字の伝言とボーナストラック1の内容が
全く同じなのですがこれって仕様なんですか…?

76 名前:七七四:2006/11/23(木) 19:58
>>75
同じじゃありませんよ〜。
11文字の伝言とボーナストラック1を聞き比べると
ある部分をちゃんと歌ってます〜

77 名前::2006/11/23(木) 20:03
伝言でパス入れる以外に何か…何かまだあるんですか?
パス入れる方は手に入れたんですけど……;

78 名前:羽月:2006/11/23(木) 20:07
2つともパス入力です。
1つ目と同じ方式で、黄昏の賢者に注目。

79 名前::2006/11/23(木) 20:12
賢者ですか?わかりました!無いのうみそ絞ってがんばります

80 名前::2006/11/23(木) 21:06
なんだか、疑問系な書き込みばかりで悪いのですが、

何故、双子の人形は歌の最後に「其処にRomanはあるのかしら?」と言うんだろう…。

ロマンを探しているなら曲の冒頭でも言いと思うんだけど…

それとも、聴き手(地平線の旅人)への語りかけなのだろうか?
貴方のロマンは其処にあったのかしら?という感じで

81 名前::2006/11/23(木) 21:19
>>80

× 曲の冒頭でも言いと
○ 曲の冒頭でも良いと

失礼しました。

82 名前:ねむ:2006/11/23(木) 21:27
ようやっと2曲目を聞くことが出来ました!
けれどElysion以降の曲しか知らないので、
わからないとこや気になるところが盛りだくさんです…。

ああ、誰かCD貸してくれと叫びたい…。

83 名前:揚羽:2006/11/23(木) 21:28
>>80 匠様
有り得ないとは思うのですが、
Elysionのように本を読んでいる…というわけではないですよね…
本を読み終わりそこに行く事を思い、
「其処にRomanはあるのかしら?」
と自問自答・・・
とか?

スイマセン私の勝手な妄想です。。。
流してやって下さい・・・

84 名前::2006/11/23(木) 21:45
>>83
揚羽様
ブックレットの男が、生み出し、殺して言った物語(Roman)…。
話の書き手は、その世界を廻ることが出来ないから双子の姫君に本を読ませている。
その本には自分の名前を持った登場人物と、姫君の人形が―。

このアルバムはブックレットの男の創作…。
つまり、男=領主さm0101…

すみません妄想が暴走しました…
スルーしてください。

85 名前::2006/11/23(木) 22:01
上の方にあった黄昏の意味なんですが
ジャケットで見ると青年の位置ですよね。
それが関係しているのでは?

余談ですが黄昏という意味には夕方と明け方の二つの意味があるそうです。

86 名前:chiffon:2006/11/23(木) 22:32
よくよくみてみたらジャケの下の誰かの人生は、
限定版ボックスの方にしか右から5番目の腕からの血がかかれてないや。
もしかするとこの限定版ジャケだけの違いって他にも何かあるかも。
これは新手の間違い探しか・・・w

87 名前:螺子乃人:2006/11/23(木) 22:47
>>86
これは印刷の具合ではないですかね??
「BOXの仕掛け」はハンカチのことではないかと思っているのですが・・・

88 名前::2006/11/23(木) 22:48
限定版BOXの話が>>86で出て、見直してみたんだけど

ジャケット絵もループ仕様になってますよね?
これだと、黄昏が1度しかないんですよね。朝焼けなのか夕焼けなのか…
そうなると、どこが始まりなのかが引っかかります。

ここで、私が注目したのは、「緋色の風車」
曲目の載っているページでは風車を境に「 > 」この形で曲が並んでいますよね?
緋色の風車→星屑の革紐→呪われし宝石…
緋色の風車→天使の彫像→美しきもの…
という、順で廻っているのではないでしょうか?

なんとなく、そう思っただけなので説得力皆無ですが…orz

89 名前:chiffon:2006/11/23(木) 23:08
>>87
どうなんでしょうね。
ただ、偶然だとしたらこの腕の終わりに丁度当たる具合で
奇跡すぎる気がします。
例えば公式とか、ガイドブック、歌詞カード等は一貫して、
右から5番目を見ても、いたって何もないようです。
…確証はないですが(´・ω・`)

90 名前:kuroinu:2006/11/23(木) 23:10
匠様>
「其処にRomanはあるのかしら?」
ですが。
私的に考えたのですが
「嘘」の話とニュアンス的にも繋がっていたら素敵だなと。
嘘=romanがないと考えると、
真実のストーリーにはromanがあるという感じで。
いやすみません勝手な妄想なのですが;;

 

91 名前:揚羽:2006/11/23(木) 23:10
>>84
匠様
よもや反応を頂けるとは思えず返信が遅れました;
なんか自分で言っていても何気にあr(強制終了

朝と夜の物語のナレがHiver Laurantで
ジャケの真ん中の男もHiverってことでなんか繋がりがあるのでしょうけれども…
名前?(RIKKI、KAORI、REMIのような)がちゃんと出てないのも引っかかる…

やっぱり男=領sy(殴
もありえそうな気が…

92 名前:哀紗:2006/11/23(木) 23:17
Hiver男がやっぱり謎ですよね。
オマケに苗字がLaurant。
1トラック目にしか出てこない上、
仮面の男のように普通の人間ではないような感じすらするこのHiverさんの苗字が何故、
見えざる腕等の主人公Laurantと同じなんでしょうか?
この辺の繋がりが全くわかりません。

生まれ変わりとかなのか。
それとも他に何かあるのか。

93 名前::2006/11/23(木) 23:20
箱で気にかかるのは、どうして赤ちゃんが二つに分けてあるのか、ですね。
あえて半分で切ってしまって、端っこからになっている。
唯単にループをさせるだけなら、こんな風に切ってしまう必要は無いのでは?
この空白に、何かあるのかしら……たとえば箱の中身とか……なんて考えてしまいますね。

94 名前::2006/11/23(木) 23:26
>>90
kuroinu様
やはり、「Roman」とは何か?
これが分かれば大きなヒントになるとは思うんですがね〜

屋根裏Romanではブックレットの男と思われる声で
「現実…、幻想… <Romanは(と?)世界>」といった感じの台詞がありますが
現実がRomanなのか、幻想が世界なのか?
それだと、曲中で使われている意味のRomanとは違うと思うんですよね。
曲の中でRomanは物語として使われていると思うんですよ。

これが、「嘘を吐いている」ということなのでしょうか?

現実をRoman(物語)と偽っていると…

やっぱり纏まりません。誰かご指摘を…

95 名前::2006/11/23(木) 23:40
>>92
哀紗様
つまらない私の推測でよろしければお話いたしましょう。

ブックレットの男はこの世界に存在する可能性のある人間(ローランの血族?)
それぞれの地平で生まれてくるに至るRomanを探し続けている。
この男は自分で世界を廻ることが出来ないので、某仮面の男のような存在の双子の人形を通して
自分を生み出す可能性のある「ローラン」の姿を見ている。

と、こんな感じの妄想を持っています。
確証なんて少しも無いですがね…。

96 名前:揚羽:2006/11/23(木) 23:43
>>92
哀紗様

これまた妄想なのですがっていうか見なくてもいいくらいの…
もっと言うと匠様のものとじゃっかん重なるのですが…
えっとですね、
Hiver男はLaurant家の子孫で自分の先祖が残した話しを一つに纏めた。
若しくは双児の人形に語らせている?
その話しの中に自分が生まれてきた証となる物語(→Roman?)
は有るのかと探す。
一つの話しを読み終えるたびに双児の人形が
「其処にRomanはあるのかしら?」と問う。
屋根裏で出てきた行き止まりは賢者の話は嘘と言う暗示?
11文字の伝言はHiver男の母の言葉?
歌詞を見ているとそんな気もしなくないのですが…

如何でしょう?

97 名前::2006/11/24(金) 00:04
>>96
揚羽様

なるほど、今辞書で調べたらRomanには
「物語のように夢を書き溜めているもの」という意味も有るそうなので
ローラン家に伝わる御伽噺や、史実をまとめた本を読んでいるって言うのも有りな気がしてきますね。

領主様のおかげで無い頭使いまくりですよorz

98 名前:th:2006/11/24(金) 00:31
こんばんわ。
関係ないのかもしれませんが、CDプレイヤーでRomanのCDが
回っているのをずっと見ていたら歯車に見えました。
って言ってる意味分からないですね。。orz

CDのデザインの関係もあるのかも知れないんですけれど・・・

99 名前:misatch:2006/11/24(金) 01:12
・Hiver?が生まれてくるに至る物語
・ローランの血族
・屋根裏で語られる「行き止まり」

 以上のキーワードから連想すると

→Hiverはローランの血族の持つ特定の遺伝子が発現した人物
→「行き止まり」は遺伝子が受け継がれなかった血筋

 とかいう筋も浮かびます。生物屋的な観点からの予測。
 証左としてはジャケットのHiver?の目がヘテロ(左右で違う色)であること
 反論としては、今までのサンホラではSF的な設定が殆ど出てこないこと
(Arkでマインドコントロールが行われた気配があるくらい)
 ってところでしょうか。

100 名前:健太:2006/11/24(金) 01:52
ふと思ったんですが、ローラン家と双子の人形って
関係があるんじゃないでしょうか?
たとえば、代々受け継がれているものとか。
既出ですかね?

862KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50 read.htmlに切り替える

名前: E-mail(省略可)

img0ch(CGI)/3.1