Home > 5月, 2005

2005.05.22

学習帳Yahoo!登録のナゾ

学習帳Yahoo!登録のナゾ

>うーん、事務所サイドがテコ入れで周辺サイトを一斉に登録したのかと思ってましたが、肝心のオフィシャルが登録されてないんだなあ(^_^;) つか先にそっちを推薦しろよ( ゚Д゚)!
さすがにディレクトリ登録されたら、ヒットも多くなるなあ…
このペースだと三国迷本家も抜かれてしまうのかにゃー。アレは40万ヒットまで5年近くかかったが…

というか、うちのサイトって、隷下2コンテンツ(もう一個は南蛮王呂布リプレイ)は申請もしてないのにYahoo!のディレクトリにエントリされて、本家TOPは再三申請してるのにスルーされてる…_| ̄|○  どっちも一日1000ヒットあるのに、本家TOPはせいぜい300…

何か申請のコツとかあるのかな?…かな?

さてここでトリストラムの俺設定を書こうと思いかけて、よく考えたらそれ用のコーナー作りかけてたのを思い出しました(;´Д`)
キルやぼの人物妄想BBSとっとと用意しなきゃ…
今までざっと拝見した限り、トリストラムは紳士タイプを想定してる方が多いのですよねえ。私もイゾルデの話がらみで、「ブリタニアで最も典雅な騎士」というイメージを持っていました。
きっと切り揃えた美しい口ひげが似合う小父様(30前後かな)。
瞳はトリスタンなだけに、青と黒のヘテロクロミア(;´Д`)ハァハァ
アーサー王伝説における彼はコーンウォールの公子の一人だけど、私的には旧ランカスター国の王子あたりでいてほしい(*´ヮ`)
というのは、脳内戦記では、ローザはランカスターを通過した後、湖水地方の北、カーライル城を目指していたことになってるのですわな。
カーライルは、ハドリアヌスの壁に接するブリタニア領最北の要塞で、たぶんローザも王姪時代は、ここの領主だったのではと。
カーライルで生まれ育った彼女は、当然隣国ランカスターの年上の王子と兄妹の如く傅育され、やがて挙兵の時を迎えて…
つうストーリーがもう頭の中でできあがってるんですよ( ゚Д゚)! ええそうですよ!妄想ですとも!
でも萌えるし(*´ヮ`) 二人っきりの時は「ローザ」「お兄さま」とか…

声は若本で。

ようこそ、「ある抜け落ちたページ」へ( ・ω・)∩

ようこそ、「ある抜け落ちたページ」へ( ・ω・)∩

>今更ながら、いわゆる挨拶スレを作ってみた!( ゚Д゚)

「クロニカ学習帳」の番外編、この「ある抜け落ちたページ」を今後も生暖かく見守ってくださる方、定期的にこっそり物陰から眺めてくださる方、気まぐれに参加してくださる方に、とりあえずひとことお願いするコーナーです(*´ヮ`)

…しかしこの場末に誰か来てくださるのかしら…
というか誰か書き込んでくださるかしら…

ていうか一言かいてください(´Д⊂

聖戦と死神チャンポン史観

聖戦と死神チャンポン史観

>やや( ゚Д゚)! ミッキーさまが本格的なチラシの裏を展開なさっている!
学習帳、容量的にはまだ大丈夫です~。しかしここでしかできないお話をされるようですな( ̄ー ̄)

ならば( ゚Д゚)! 私も素敵ワードを呟いてみる。

王女 アーベルジュの留守室 剣の柄 衝動 喪失

>ガーター萌え
かかったね淑女たち!ヽ(゜∀゜)ノ オサーンがナマ足さらしてガーターベルトを見せつけてる画像に、きっと萌えコールがあるものと確信しておりましたわ(゜Д゜)!
私的には、もそっと上にある筈の下着が気になるなあ…。14世紀って何穿いてたんだろ…調べるか(^_^;
話は脱線しますが、日本の天皇陛下も、女王陛下のブルーガーター騎士団員だったり。

>黒太子
中世ヨーロッパに存在したあらゆる騎士中、最も尊貴で、最も高潔で、最も強く、最も誇り高かった騎士の中の騎士…という凄い紹介のされ方をしておりますな(;´Д`)ハァハァ…。ところで黒太子の父ジョージ3世も、陣頭に踊り出て、敵騎士と好んで一騎打ちをした猛将であったとか。トーナメントでもほとんど無敵。なんか凄ぇ。
王族じゃないけど、アーベルジュやパーシファルなんかも、こういう超一流の騎士として称えられるのかにゃー。ローザも名前だけなら円卓の騎士の一人に数えられていそう…
傭兵が本格的に投入される百年戦争前あたりは、戦闘中でも敵騎士の武勇を称えたり、自分より高い爵位の敵に対しては馬上で敬礼したりと、典雅さの残る戦場光景だったようで。

>年代
そうですねー。甲胄の様式美、文化の爛熟度合いからいえば15~16世紀の宮廷なんかがしっくりくる世界観ですねー。
私は単純に十字軍~百年戦争前あたり時代に模して、13~14世紀頃かにゃと。ペスト嫌い(´・ω・`) あと、ルネサンス全盛のイタリアよりも、ローマ帝国の残照っぽさがロンバルドに欲しかったとか(^_^;)
リアルアーサー王に合わせたら5~8世紀とかそのへん。さすがにそれは古すぎるし…。
このへんも学習帳の編纂室でじりじり考えるです。
たぶんチャンポンな歴史になるんでしょうねえ(^_^;)

そういや、もう鈴様の所の絵茶もたけなわな頃かな~。
即興で絵の描けない私がウロウロROMってても負荷増やすだけだしなあ…我慢我慢…

2005.05.19

ねぇ父様…

ねぇ父様…

>では調子にのって下手な絵を公開ヽ(゚∀ 。 )ノ
下絵までは描けてたのに…_| ̄|○
まあいいか(^_^;) 週末にでも色塗ってみよう…
ちなみに完成品は仮面被ってる予定。

もう一枚は、ガーターです(^_^;)
>あれって確か麗しの貴婦人の靴下どめが発端じゃなかったでした?
そういえば( ゚Д゚)! と思って、図書館で二ヶ月くらい更新借りしている『西洋騎士道事典』(超名書)の「Blue Garter」の項を見たら、確かに!どれどれ…
舞踏中、ケント伯妃の青いガーターが落ちたのを拾ったエドワード3世が自分の膝に留め、「余を笑う者は羞じよ」と宣言したのが発端。以後ブルーガーター騎士団は、王国で最も卓越した騎士24名(+団長)のみが入団を許される最高の名誉となった…と。
( ゚Д゚)<凄ェ! なんかミラージュみたい…。これ薔薇の騎士にも使えないかしら…
何の気無しに調べた言葉でも、こんなに深い蘊蓄があるのですね…(^_^;) 
追加トリビア。このときガーターを落とした「ケントの美女」ジョーンは伯と死別した後、ジョージ3世の長男と結婚したとか。
そしてそのジョージ三世の長男とは

エ ド ワ ー ド 黒 太 子 で あ る

((,;゚Д゚)つΣ∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー

ちなみにブルーガーター騎士の初代団長も当時18歳の彼。全然知りませんでした(;´Д`) 有名な話なのでしょうけど…。
ロードス島戦記にハマってた時分、一通り中世の勉強したり騎士の本とか買い込んだりしてたのになあ…
AYU様のおかげでまた新たなる発見ヽ(´∀`)ノ

アーベルジュ物語は…脳内で長編に成りすぎて(^_^;) 小刻みに出すことになりましょう…。アンソロ用の短編以外は、正史の方へ細切れに…。宜しければその暁には、挿絵などを添えて頂ければこれに勝る喜びはありませぬm(__)m

あー…久々に西洋史熱が沸々と…(;´Д`)ハァハァ…専門は後漢・三国なのにヤバイ…

>ぶるまイリヤ
Σd( ゚Д゚) <OK! 私が赦そう! ていうか私もデス_| ̄|○
いや、皇女殿下に関しては、ミッキー様のあれが脳裏に焼き付いて離れないというかもう彼女主役の映画が脳内でロールアウトするくらいになってますが…ミッキー様もっともっとー(;´Д`)ハァハァ ←我が儘いっちゃいけません!
うーむ、最初は無感情に人を殺す冷徹タイプ(侍女も死ぬ予定だった)を想定してたのに、もう脳内でエロ可愛い系の皇女殿下になってしまった(^_^;)

騎士と貴婦人

騎士と貴婦人

>どこぞのブログっぽく、返信を翌日の日記に回してみる(^_^;)
ちなみに16日のシチュエーションカードは、日に日に文章が削られていたり。

>AYUさま
こちらではお初ですーヽ(´∀`)ノ
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございまっす!
皇女殿下…イロイロと脳内でストーリーはあるのですが(^_^;)
詳しくは後ほど。
>護身用の短剣を忍ばせられるような留め具
そ の 手 が あ っ た か ( ゚Д゚) !
うわ…それ採用させて頂くですよ!? そういえば当時ガーター騎士団なんかもいたわけで、騎士の靴下止めとしてのガーターベルトがあるならば、ご婦人がドレスの下にそういうのを付けていても問題なし( ゚Д゚)!
>ルッキーと養父絵
ありがとうございますー(*´ヮ`) 一発ネタでしたが、自分でも気に入っております。昨日からエルの絵本で似たようなネタのラフを描いていたのですが、クロエビで先を越された…_| ̄|○

>騎士と貴婦人について
さてここで一席。
私の中のアーベルジュ伝では、騎士物語に欠かすことの出来ない「貴婦人」の役割を、この皇女が担っています(変則的ですが)。
王城の馬上試合(トーナメント)観戦で、はじめて白騎士を目の当たりにした時のエピソード(10歳)からスタートして、アーベルジュに踏破されるべくして用意される試練の数々は、ほとんどこの皇女がらみが発端だったり。
普通の騎士物語だと、こういうのは主人公たる騎士よりも年上で高貴な婦人が担うのですが…(^_^;)

ついでに云うと、愛憎の余り、とうとう黒の教団の接近を許してしまうくだりとか(16歳)…並べてゆくと結構それっぽい物語になりそうですねえ…
ローゼンメイデンの真紅を銀髪にしたバージョンか、Fateのイリヤスフィールあたりか…容貌イメージはなんとなく固まってるのですねえ(*´ヮ`) そして黒いガーターベルト…!

2005.05.17

キルやぼガイドライン策定~ヽ(´∀`)ノ

キルやぼガイドライン策定~ヽ(´∀`)ノ

>というわけで、早ければ今晩あたり、キルやぼの第二アナウンス入れます~。
以下その草稿を仕事中に考えていた↓

!第二次アナウンス入ります(゚Д゚)

タイトル名は相変わらず「キルデベルト6世の野望(仮)」。サブタイは「聖戦録」あたりで。
コーナーアウトラインは以下の通り。

子wikiとして独立させ(以前の「聖戦と死神」考のように)、ヴィジュアルデザインも例の黒&緑テンプレに?

コーナーの柱は以下の二本。

「聖戦と死神」Webアンソロジー

文字通り「聖戦と死神」に関連するアンソロです。1週間前後を募集期間として設定し、皆様のイラスト、コミック、短編小説等の二次創作作品を広く募ります。
もし好評であれば、期間をおいてまた開催するかもしれません。スタジオDNAのようにな(゚Д゚)!

「ガリア戦史編纂室」

こちらは締切期間のない恒常的な企画です。簡単に説明するならば、ガリア戦史の「年表と設定をコツコツ考えるコーナー」です。
一切のファンタジー要素を排し、史家視点でどこまでマジレス出来るかが勝負の、ガチかつネタが要求されるコーナーで、要するに「聖戦と死神」考みたいなのの延長です。最低限度の中世ヨーロッパ史知識が必要になるかも。
能力値とか、キャラ絵とかもこちらで募集。人それぞれのイメージがあって当然ですので、重複したキャラについては原則として「異説」は有りとします。必要に迫られた場合のみ、衆議に依ってオリジナルキャラクターを追加してゆきます。ブリタニアの第1~3,5騎士団長あたりとか。
こちらでは基本的に小説・萌え絵は募集しませんが、代わりに、正史三国志でいう「裴松之註」を常時募集します。英雄達の1エピソードを口伝・小説風に描く、ぶっちゃけ「聖戦と死神」を舞台にしたショートショート、あるいは「シチュエーションカード」です。文字制限は200~1000字と過酷。本当にワンシーンくらいしか書けません。
さらにそのシチュエーションカードの挿絵イラストを募集します。それなりに数が揃うと結構「巻頭のカラー口絵」っぽくなります。この巻頭口絵集を、同時進行で創る年表とリンクさせて、戦史を完成させてゆきます。

無用のトラブルを避ける為、「密集長文禁止」「俺電波禁止」で進めたいと思います。
始動日は未定ですが、ぼちぼち皆様もご準備いただければと思いますヽ( ´ー`)ノ

↑↑↑こんなカンジで。

@昼休みin営業フロア(‘A`)

2005.05.16

アルヴァレス  受 け 説

アルヴァレス  受 け 説

>相変わらずキルやぼ準備に手間取っております(;´Д`)
黒端にパケ絵頼もうと思ったら、奴も月末にイベントあるらしくて、軽く修羅場ってたよ_| ̄|○
正式に断られたら、絵師様を広く募る所存…

ちなみに地図は、上の如く、わりと雰囲気あるもの用意できそうなんですが~。
ちなみに白い線は今し方目分量で描いてみたアルヴァレスの行軍距離(の半分)。凄いね。

↓対抗してみた。

――――
―― 

「殿下…殿下」

 辛うじて、かれは喘ぐように繰り返した。実際、帝国軍随一の剛勇は、わずか十三歳の皇女に圧倒されていた。
 皇女が一歩すすむ毎に、かれは一歩後退した。

「彼女は──どうなったのです」
「…まだ気になるの、アルヴァレス卿」
 
 拗ねたような少女の声。闇に沈む寝所の中、あどけない貌に悪戯めいた微笑をうかべて、皇女は云った。

「あの女は急に解脱してしまって。髪を剪って、ラスチァの尼院に入ったのだそうよ」
「…なんと酷いことを」

 呟くアルヴァレスの声に、稚い嘲笑が続いた。父帝譲りの、底冷えを覚える声色である。

「あれは、侍女の分際で一夜と雖も貴方に近付いたのよ。殺されなかっただけでも私と神に感謝するべきだわ」

 皇女がまた一歩近寄った。
 野花を摘む童女が笑うように。まるで邪気のない清澄な鈴の笑声を転がしながら。

「ねえ、追い掛けっこは飽いたわ、アルヴァレス卿」

 壁際をにじるように退りつつ、アルヴァレスは、幼い皇女の冷蒼色の双眸に、情欲の焔が揺らぐのを見た。

「ねぇ――私のモノにおなりなさい、アルベール・アルヴァレス」

 皇女の豪奢な寝所に、幽かな衣擦れの音が漂った。
 小さな柘榴が夜気に剥けるように、真紅に染められた絹の夜着は他愛なく脱ぎ棄てられた。

「それとも人を呼んで欲しいの?アルヴァレス卿――ねぇ」

 悪戯を持ち掛けるような、面白がるような口調で、十三歳の皇女はかれを誘った。男を期待する女の、独特な芳香が既に寝所に溢ちていた。
 さてこのとき、アルヴァレスはその蠱惑に半ば本気で狼狽えていたので、少女の声の奥裡にある微かな真摯には気付きようがなかったのである。
                     (第3話「帝都の追憶」より)


一部改変してみた(;´Д`)。
結局未遂というか、辛うじて逃げちゃうんですけどね、アルヴァレス(^_^;)
次の日には何事もなかったかのように、ツンとすまして、アルヴァレス以下諸将の挨拶を受ける皇女殿下に萌え。

さすがは魔王キルデベルトの一人娘(;´Д`)ハァハァ

2005.05.15

いろいろ募集開始…( ・ω・)∩

いろいろ募集開始…( ・ω・)∩

>引きこもりプレイも限界か…(‘A`) SHコミュにも入ってみようかな…。
読者様募集。コメントもがんがん募集。

dwtさまと二人で細々続けてたじまんぐコミュに我慢できず、学習帳で盛大に晒したステラなわたし。
当初は、バンバン住所とか実名が飛び交う神戸の地元コミュニティに参加してたのでアレでしたが、相方が脱退して独り身になっちゃったから、もう趣味隠す必要なくなったし…(^_^;)
当初は悪目立ちしないように隠れてたけど、全然目立たないのが解って赤面。( ´▽`)σ)´Д`)
こちらはこちらで、SNSらしく、もうちょっと楽しもうかなと言う気になってきました。
学習帳の裏…ある抜け落ちたページのようなものかしら(^_^;)

というわけで読者様ぼしう。更に欲張って、存知おきの方マイミクぼしう(;´Д`)ハァハァ …スミマセン贅沢言いました。

タロットの方は…注文多い人多いな(^_^;) まあよいモノが出来上がることを期待しつつ…やっぱり学習帳で紹介した時点で、彼らだけのものじゃなくなる…っていうアドバイスだけはしてあげるべきだったのかなあと。

キルやぼ、相変わらず文章ジャンルの募集内容で悩んだり困ったり。
シチュエーションカード、やっぱり難しいなあ…。私個人で盛り上がる分には構わないのですが、他の方と共有し合えるようなシチュエーションって、そう数無いだろうし…
逆に本格的にSS募集したら、結構まとまった数が集まるでしょうけど、何というか…経験上どういう事になるか予想がつくのだなあ…(;´Д`)

当初の予定と違うけど、最初に年表とか戦況設定とかをワイワイ考えて、それに沿ったストーリーを募集…ということで、無軌道化を防ぐ意味で、先に「正史」を固めてしまおうか…とか。

2005.05.12

なぜクロニカ学習帳はgoogleでヒットしないのか(‘A`)

なぜクロニカ学習帳はgoogleでヒットしないのか(‘A`)

>エリ組祭の終焉に伴い、学習帳も日常の落ち着きを取り戻しております。
一日のサイトユニークがコンスタントに1,000弱ほどで、うち200はYahoo!からの検索です。

ところで、学習帳はgoogleからのアクセスは一件もありません。それどころか、学習帳でぐぐってみたところで、決して直で飛ぶことはできません。
これはクロニカ学習帳が、検索エンジンを欺瞞するギミックを盛り込んだ悪質なスパムサイトだから…というわけではなく(タイトル用のh1タグを大見出しでドカドカ使ってるから、そうとも言い切れませんが)、利用しているレンタルスペースが「Xrea」だからです。
xreaは、田代砲二、三発では壊れない安定性と、とても無料スペースとは思えない融通性が売りな良サービスなのですが、その自由度の高さ故か、色々と問題あるユーザーが増えてしまい、とうとうxrea.comドメインが丸ごとgoogle八分の刑に処されてしまいました。↓
ttp://prlimit.nobody.jp/spam_xrea.htm
たぶん向こう何年かハブられたままだと思いますので、googleにインデックス登録されるのは遙か先の話なんでしょうなあ(‘A`)

ところでxreaの有料スペース1GBサービスって、月額200円なんですな。
google八分というオプション付きではありますが、今更そんなことはどうでもよいので、いずれは有料に移りたい…と思っているところ。
折角1Gもあるのですから、もしミッキー様のスペースがいっぱいいっぱいになっちゃったら、クロエビ画像倉庫としてドゾー( ´∀`)つ…ってお話とかしたいのですが、ミッキー様も色々大変なようで(つД`)

ミッディ・ティーブレイク中の社長秘書ヽ(´ー` )

2005.05.11

サンホラ企画…

サンホラ企画…

>表題と話は変わりますが、ひぐらし解のお疲れさま会出ましたね~↓
http://07th-expansion.net/
今回はお疲れさま会じゃなくて、単なるおまけシナリオ。いつもの座談会を期待してかかると、ひどく気抜けしてしまいますよ? 私はいつものパターンの方がいいなあ…

と、余談これまで。
んー、某所某スレの話が、学習帳の方へも来るかもと。
よしこいですヽ(´∀`)ノ。
個人的には非常にイチオシしたくて…ていうか完成したら真っ先に会社のカラーレーザーで出力、断裁機で整形して画像うぷする程に楽しみにしているのですが…
ただ、学習帳は、確かにある程度確認されてるでしょうし、ずいぶん前にゆるーく釘も刺されてるんだなあ…(^_^;) 二次創作の話じゃないけど…ヤハリどこか私の腰が引けてるなあ。↑これ一応内密に。

例えば「同人誌のアンケート」といわずに「非常に興味深いアンケート」とぼやかしたり。学習帳上でぐっこという名前を使う分には、一応の遠慮がありますな。
今回のは、ことさらに金銭が動くわけでもないので、まあ問題は無いと思うのですが、さて。常設告知コーナーで全面支援するか、書のお知らせに書くべきか…

あ、サンホラのタロットカードを作ろうという話です。
近々絵師募集の告知があると思いますので、腕に覚えのある方は、ぼちぼちご用意をば。
私も一応制作の経験あるから、絵は描けなくても知識面でサポートできるかも。楽しみ~(*´ヮ`)

« Previous | Next »