ロボットによるスパムを排除するため、全板でキャップ必須にしました!

書き込みをされる方は、必ずメール欄に #chronica と入力してください。
sageをする場合は、 sage #chronica としてください(sageのあと半角スペース空ける)。

お手数をお掛けしますが、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたしますm( _ _ )m


■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50 read.htmlに切り替える
■ 【Roman】06.緋色の風車 【考察】

1 名前:★ぐっこ@管理人:2006/11/22(水) 22:38


5th story CD 『Roman』の6曲目、『緋色の風車』についての考察トピックです。
第一次領土拡大遠征より半年、『少年は剣を…』を経て、謎が明かされるどころか、ますます深まってゆくこの曲を、もう一度検討してみましょう…!!
 
 
 
{{color red,特に歌詞や他所の文言引用については}}ガイドライン{{color red,を厳守のこと!!!}}

2 名前:れいじ:2006/11/23(木) 03:35

『少年は剣を…』のと若干歌詞変わってるのが気になりますねー。

3 名前:巴ベンケー:2006/11/23(木) 04:10
恐らくですが、フランス語に変換されてるのではないでしょうか。「ハーモニー」、「フレイヴァー」は英語のはずですし。

4 名前:もっけ:2006/11/23(木) 07:36
harmony:ハーモニー(英)/アルモニー(仏)
flavor:フレイヴァー(英)/フラヴォール(仏)

全部フランス語になっていますね。

5 名前:黒兎:2006/11/23(木) 17:12
『逃げ出した僕の背中に焼きついた』の後。
少女はなんといっているのでしょうか?

2言くらい言っているようなのですが…
はじめは、逃げて・・・でしょうか?

6 名前:glare:2006/11/23(木) 23:38
何となく「待って…まっ…」にきこえました。
でも聴くたびにどんどん違って聴こえてくるn…(ry

7 名前:巳影:2006/11/24(金) 00:00
私は「逃げて…早く…」という感じに聞こえました。
う〜ん、でもglareさんの「待って」にも聞こえる…。

8 名前: :2006/11/24(金) 04:41
Lunaが何に変わったのか...よく解らなかった...
仏語でLunaはリュナ と発音するっぽいんだけど
「泣き叫ぶ リューノ アーhモニー」て聞こえるんだよねぇ
少なくともアーの次の子音がrには聞こえなかった…

英語はLunaticが形容詞だけど、仏語だとlunaのもっと単純な語尾変化で形容詞化したりするんでしょうか?
詳しい人タノム

9 名前:ものりん:2006/11/24(金) 08:20
フランス語のrはほとんどラ行には聞こえないですよ。
息の詰まった感じに聞こえるので。
「泣き叫ぶ リュ(ン)の ア(ル)モニー」
()内はほとんど聞こえないくらいであってると思います。

スペルは忘れたけどlunまでは変わらないので深く考えることはないかと。

10 名前:ふーじん:2006/11/24(金) 16:04
Roman発売直後に虎の穴で発見したChronicle2ndが昨日届きました。
で、改めてRomanを聞き直すと・・
この村、「聖戦と死神」に関係があるのかな、と思えるのですよ。
この曲はシングルで既に発表されているので、既出の話題なのかな?

11 名前: :2006/11/24(金) 17:41
共通に登場する人物がいるのでほぼ確実かと

12 名前:とん:2006/11/24(金) 19:24
歌詞カードの風車のところで少年と少女の後ろの方に
紅い髪をした誰かがいるように見えるのですが、
気のせいでしょうか?
もしかしたら見えざる腕の赤髪ローランと関係あるのかも・・・

13 名前:ふーじん:2006/11/24(金) 20:54
>とん さん
フードを被った人影のようにも、ロウソクのような炎のようにも、
なかなか判断がつかないですねぇ。

14 名前:ゆず:2006/11/24(金) 22:36
>とんさん
私は赤髪のローランだと思ってます。
緋色の風車=赤髪のローランが人を殺していく姿の比喩なのではないでしょうかね?

15 名前:みつば:2006/11/24(金) 23:44
>5>6
曲中の台詞は
「待って、ローランサン」って聞こえませんか?
そうしたら見えざる腕にもつながるんだけど・・・
考えすぎ?>>>56

16 名前:yuo:2006/11/25(土) 00:02
ホントですね・・・!
当方、ボイスキャンセル機能とかついてませんので確信は出来ませんが。

確かに「待って、ローランサン」と聞こえますね。
これで見えざる腕に繋がるわけですが

ということは、

「廻る廻る〈緋色の風車〉〜」
→剣を振り回し、焼き尽くす如く蛮行を『送る』赤髪ローラン

「踊る踊る〈緋色の風車〉〜」
→成長したローランサンに復讐され、凍える如き死を『迎える』赤髪ローラン

ということなのでしょうか。
一応、納得は出来るような気がするのですが。

それにしても今回はPVで結構ヒントが与えられてますね。
・・・でも『少年』があのローランサンに成長したって想像すると・・・OTZ

17 名前:みつば:2006/11/25(土) 00:24
>yuoさん
パソコンでボリュームコントロールパネルを開き→
マスタ音量で左右のスピーカーから聞こえる音量調整すれば台詞がそこそこハッキリ聞こえるようになりますよ。
「助け(待っ)て、ローラン○○(トもしくはサン)」って聴こえるのですが、
私も少年が成長して赤髪もしくは金髪になったと思うと個人的には…其処にロマンが無くなるのですが…

18 名前:Amu:2006/11/25(土) 01:06
>とんさん
Gefenbauerがブックレットの男でないでしょうか?
ロウソクのような頭の下は鎧のように見えなくもないし
呪われし〜でちらっとGefenbauer(?)の名が出ているようだし……
聖戦と同じ時間、との考えると
戦場からRose女王やAlvarezは去っているのだから
名前がわかっていて、その場に残っていたのはGefenbauerかと

以下妄想
実際には少年が少女の手を引き連れて逃げているんだけど
Gefenbauer視点から見ると
AlvarezがCharlotte(Rose女王)を引いて逃げているように見えませんかね?
Alvarezとlotteは旧知の仲だし、子供の体で表現しても比喩的にはOKな気が……
ってことで二重の意味を持ったイラストだったら良いなw

19 名前:Amu:2006/11/25(土) 01:18
って、これはあくまで
呪われし〜の冒頭部の発言が【お前こそな、Gefenbauer】だったらの話ですが
どうやら他の名前にも聞こえているようですし……

どうにもはっきりと聞き取れない……

20 名前:うすき:2006/11/25(土) 02:09
はじめまして。
少年と剣バージョンのを聴きなおし、改めてRoman版を聴きなおしたんですが。
そうしたら何故か、後半に追加されたじまんぐさんの一節が妙に気にかかりました。

狂おしい《季節》(とき)を経て...少年の《時》は流転する...

というアレです。
この、少年=ローランサンと仮定した場合の仮説ですが。
『呪われた宝石』の冒頭でちょろっと名前が出てきたりしてるので、時差系列の乱れも絡め考えたのですが……
憎悪(狂おしい季節)で黒い剣/黒いちから(yokopecoに在る少年と剣のイラストはこのタイトルとなってました)を執った少年。
しかし、その『力』によって、彼はイェルバー青年(ロマ男)や双子さんやクロニカ様や仮面の男のような、『地平線』におけるイレギュラーな存在となってしまった(少年の時は流転する)んではないでしょうか。
自在に時を巡り、存在を不滅とするようなモノに。
『見えざる腕』にて、金髪ローランと紅髪ローランが丁度鉢合わせたところで紅ローランを殺してみせるタイミングの良さ。
これにて、彼は金髪ローランにその後の生き方を考えさせる契機を与えたんじゃないでしょうか。
また、その時間を無視した存在ゆえ明らかに時間的に矛盾が生じるはずの『呪われし宝石』のほうに現れたり、果ては異世界の騎士になっちゃったりしたんじゃないか、と。
そうして結果的に、彼が最も最初に抱いた願いである
「もし生まれ変わったら……君の傍で共に散ろう」
を叶えることも出来ず、少年は悲哀とともに黒い剣を片手に延々と現世を彷徨う……などと、考えたのですが。

妄想全開長文乱文にて失礼しました。

21 名前:うすき:2006/11/25(土) 02:12
しまった、20の文中、『呪われた宝石』ではなく、『呪われし宝石』でした。
連続カキコ失礼しましたー

22 名前:y:2006/11/25(土) 17:27
初カキコ失礼します。私は
『天使の彫像』の子供=『緋色の風車』の少年=『見えざる腕』のローランサン
だと考えました。根拠としてはまず『天使〜』と『緋色〜』には
風車(実物の)が出てくること、『天使〜』の「君の手が今〜」の
部分と『緋色〜』の僕は一番大切な〜」の部分のキーワードが似ている等です。

そして『緋色の風車』で少年たちを襲ったのが『見えざる腕』の赤髪ローランとすれば
ローランサンが成長した少年だとも考えられます。
まぁ完全な妄想なんですけど、『天使の彫像』の少年は今際の際の父親に会い和解する
→父親の居た風車小屋に住み少女と仲良くなる→赤ローランに襲われ少女死亡→ローランサンとして
復讐→柱の影の少年が……みたいな憎しみの連鎖を風車に喩えて、て流れかなと。

でもこれだと『天使の彫像』の父親の姓がローランなのが謎ですね…

23 名前:黒兎:2006/11/25(土) 19:30
呪われた宝石のはじめは、『ゲーフェン』ではなく、『イヴェール』ですね。
私もはじめゲーフェンバウアーに聞こえたのですが…よくよく聴いてみると発音が短いです。

24 名前:ARAQ:2006/11/25(土) 21:18
>yさん
同志発見!
自分も『天使』のほうのスレで同じようなこと書き込んでます。
姓については特に問題ないのでは?
というか個人的にはローラン「サン(son)」の親はローランであるほうがしっくりきます。
や、英語とかフランス語とかの違いは言葉遊びの前ではあまり問題ではないのですよ・・・きっと、たぶん。

25 名前:Yuo:2006/11/26(日) 02:08
「呪われし宝石」のイントロの科白はイヴェール(この人方々で名前が変わるんですけど;発音上なモノなんでしょうけど・・・イヴェールですよね?)とローランサンのものだと思われます。

「緋色の風車」が赤ローランだとすると、赤ローランがいつ頃「隻腕にして隻眼」になったとのが気になってきますね。
>22、24
「天使」のイントロで「平和とともに姿を現した〜」とありますよね。
だとすると、赤ローランは戦乱が終わった後も盗賊のようなことをしていたということでしょうか。

>『天使〜』の「君の手が今〜」の部分と『緋色〜』の僕は一番大切な〜」の部分のキーワードが似ている等です。
ならば、逆説的には「緋色」→「天使」の順序でも成り立つのでは?
自らは「緋色」で少女の手を離してしまったからこそ「君の手が〜」なのでは。
でもそうなると「天使」のオーギュストがローランサンになっちゃうんですよね;;

最後の科白が「逃げて、ローランサン」に聴こえてきた・・OTZ

26 名前:セレス:2006/11/26(日) 16:50
>>8 さん

この場合はLunaでは無く普通にフランス語で月を意味する、
Lune「リュヌ」を持ってくると、結構しっくり来ると思いました。

27 名前::2006/11/26(日) 20:39
はじめまして。
三曲に跨る事なので何処に書いて良いのかと迷いましたが此処に失礼します。
私も『天使の彫像』→『緋色の風車』→『見えざる腕』の繋がりに賛同していますが
Augusteの子供は風車の少女でないかと思いました。

そう思う理由としては

『天使』での「もういいよ、パパ」という台詞と少女の声が出演リストから見るに一緒だという事。
ブックレット表紙の天使の像が女性に見える事。
一番大切な《宝物》が(Augustが言っていた)宝石だと仮定した場合、態々少女の手をつかむ理由が無いこと。

最後のは個人的に大切な《宝物》は少女だと思っているので微妙ですし決定打には欠ける事ばかりですが……
「これ(宝石)は二人の宝物ね」という風にしていた可能性もあるかなーと。
それにこれならLaurantとLaurencinのジレンマに掛からなくて良いかと思いました。
唯、Laurant家の息子だからLaurencinという名前を(そう付ける事があるのかは知りませんが)修道院で名付けられたとしたら
それはそれでジレンマがなくなるんですよね……

実際に少女の台詞が私の耳ではただの苦しむ声にしか聴こえないので
『見えざる腕』への繋がりはブックレット表紙頼りになってしまってます。

長文失礼致しました。

28 名前:ゆず:2006/11/26(日) 21:28
私も、緋色の風車の少年の《宝物》は少女だと思いたいのですが
「持って逃げようと → 君の手を掴んだ」の表現が気になるんですよね・・・
この表現だと、少女の手の中に宝物があるような感じがして。
少女=宝物には感じられないのですよね・・・
もし少年の《宝物》が、例の宝石(少女が持っている)だとしたら・・・
最初の語りに、宝石を『幸せ』と謳うならば〜というのも入ってますよね。
まぁ、それだと最後の「君の傍で共に散ろう」あたりの説明が上手くできないのですが^^;

少女のセリフは、「逃げて・・・」はなんとか聞き取れたのですが、
その後は上手く聞き取れませんでした・・・なんか、息を呑む声みたいに聞こえます;;

29 名前:ARAQ:2006/11/26(日) 23:33
自分はこの曲の《宝物》=「少女」で
この曲のじまんぐ語りの「宝石」と『天使』のAugustの言う「宝石」は
ともに「幸せ」的な意味のものだと思うのですがどうでしょう?
この曲に『殺戮の女王』が無いといけないということはないと思うのですが・・・
まあ、あったほうが面白いですけどw

30 名前:大黒:2006/11/27(月) 00:28
はじめまして
私も少女の台詞がはっきりと聞き取れませんでした。というか単に息を呑む音に聞こえるんですが
ナレーションのガラス細工・宝石はいずれも少女の比喩だと思います
この歌に関しては殺戮の女王は関係ないのではないでしょうか
個人的に気になるのは曲中の『不意に君の肢体が宙に浮かんだ→』ですね
素直に考えれば槍や剣で串刺しにされたと考えるのが妥当でしょうけどその前に強く抱き合っていたとあるのでこの説を採るとなぜ少年だけ助かったのかの説明に窮してしまいます
それと少年=ローランサン説ですけど、もしそんな復讐の念に駆られるような性格なら最後に
『もし生まれ変わったら 小さな花を咲かせよう…』
『ごめんね…次は逃げずに 君の傍で共に散ろう』
などと殊勝というのはおかしいですがセンチメンタルな事をいうのかと疑問です
確かに大切な宝物を守れなかった無念はあるでしょうけど、少年はそのまま静かに過ごしたと思います

31 名前::2006/11/27(月) 03:18
>>30 大黒さん
はっきりとではないですが少女の台詞は「待って…まっ……」と聞こえますね。
(でもスピーカで聴くとどことなく「待って…ローラン(サン?)…」or「逃げて…」にも聞こえる不思議)

"不意に君の肢体が〜"のところは、馬が駆けてくる音の後に何かを(布生地を…)掴み上げるような音が入っていますし、
少年と少女は完全に隠れているつもりでも少女だけ僅かでも見えていたという可能性もあると思います(明るい生地の服を着ていたなら尚更)。
なぜすぐ殺さなかったのかは色々思うところがありますが…。

少年=Laurencin説
"もし生まれ変わったら〜" "ごめんね…次は〜"の部分ですが、少なくともまだ生きている「現在」はそれを果たせないから、
この生は復讐を糧に生きていくことを決めた、とも考えられないでしょうか…正気を保つ術として。

32 名前:yuo:2006/11/27(月) 21:42
>>30
だからそのあたりは少女が「殺戮の女王」を持っておりそれを奪うのが目的だったから、と考えれば一先ず納得がいくのでは?
そもそも、村を襲っただけの盗賊(「何が起こったのかわからなかった」の時点で戦乱も少なくなった時代だと考察。=盗賊)であったのなら、何故逃げ出した少年と少女を追ったのかが合点がいきません。
さらに、終盤で「不意に君の体が宙に浮かんだ」「怯え縋るような目が逃げ出した僕の背中に焼きついた」とありますが少女を殺したにしろ捕まえたにしろ、その時点で少年を追うことをやめています。つまり盗賊(=赤ローラン?)の狙いは最初から少女にあったということではないでしょうか。
そして「殺戮の女王」を手に入れた赤ローランだったが、その魔力のせいで片手片目を失った、と考えれば一応の辻褄はあうと思います。
ただし、冒頭のじまんぐの語り、「天使」での『宝石』は幸せを喩えたものだと思います。「緋色」のほうはそれと殺戮の女王をかけたのかと。

>>少年=Laurencin説
ブックレットで「少年は剣を」の少年が持っている剣とローランサンらしき人物の持っている剣が同じ、というのが結構強い論拠だと思うのですが。
論点となっている「もし生まれ変わったら」「ごめんね」の部分は霧さんと大体同じ意見。
さらに実も蓋も無いもないことを言いますが「緋色」は「少年は剣を」のtrack2であり、その時点では最後のじまんぐの語り、少女の科白は含まれていませんでした。
辻褄を合わせようとした結果、微妙に矛盾を生む歌詞になってしまったのかな、と考えました。ほら、天才にも失敗はあr(ぐしゃっ

さらに少年がローランサンだとするならば、「呪われし宝石」の冒頭でイヴェールとローランサンが出ているヒントになるのでは、と思います。
採掘者であるにも関わらず、鉱山管理者に殺され妹に「宝石」を届けられなかったイヴェール。
一番大切だった「宝物」が大切にしていた「宝石」を護りきれずに奪われてしまったローランサン。
その利害の一致からも二人が「宝石」を奪いにいった、と。時の流れにも縛られず。

33 名前:大黒:2006/11/27(月) 22:45
>>31 霧さん
確かに布地を掴んだ音にも聞こえなくはないですね
『怯え縋るような瞳』としてるところからもこの時点ではまだ少女は生きてると考える方が自然かもしれません
>少年=Laurencin説
復讐の念で正気を保つ…ですか。聖戦と死神のゲーフェンバウアーみたいなものですね
という事は村(?)を襲ったのは赤ローランという事になるんでしょうか
呪われし宝石の冒頭でローランサンの名前が出てきてるという事は少年は年数を経て復讐のためなら手段を選ばなくなったという事でしょうか
狂0105しい《季節》を経て…少年の《時》は流転するというのはそのあたりの時の経過を表してるのかなと思います


>>31yuoさん
少女が殺戮の女王を持ってたとすると時系列的には呪われし宝石は緋色の風車の前でないといけませんよね
しかし呪われし宝石の冒頭で『ヘマすんじゃねえぞ、ローランサン』とでてますし歌詞の中にも『失敗をすれば刑罰 命を懸けた任務』とあるようにかなり組織だった一味だと思われます
具体的な年齢は出てませんが少年と呼ばれるような年頃の男の子が盗賊行為を働くでしょうか

34 名前:ARAQ:2006/11/27(月) 23:10
>yuo
戦乱の少なくなった時代ではないんじゃないでしょうか?
聖戦が終わるのはAlvarezの死から5年経ってから。
『見えざる腕』にて金髪Laurantが赤髪Laurantに腕を切られる時には
まだAlvarezは生きてます。
金髪Laurantが赤髪Laurantに復讐するのに『緋色』の少年が『腕』の
Laurencinになれるほどの時間的余裕はないと思います。
「何が起こったのかわからなかった」のはこの村が戦乱の中心から
それなりに離れていたとかなんとか・・・まあ、理由は色々想像できますけど、
戦乱の少なくなった時代ではなく、戦乱が広がる直前のほうが
あってるんじゃないですかね?

35 名前:Yuo:2006/11/28(火) 23:02
>>ARAQさん
ああ成る程。戦前というのは考えていませんでした。
この板の上のほうに「天使」→「緋色」→「腕」と繋がるのではないか、という考察があったので考えが及びませんでした。
「何が起こったかわからなかった」も戦乱が終わった後よりは始まる前、というニュアンスがありますし。私の完全な失念ですOTZ

>>大黒さん
えーと、それはどうでしょう。
「緋色」で(殺されたor奪われた)少女の持っていた宝石を奪われた→「宝石」でそれを奪い返しにいった。
これでも時系列的に成立するのでは?
「腕」でのローランサンの声は比較的若いので「腕」と「宝石」のどちらが先なのかは定かではありませんが。
ただ「宝石」での考察にもあるようにどうもこの二つのRomanは時代がかけ離れているようです。私個人としては同一人物としてのローランサン、のほうがRomanがあるよなぁとか思うのですがw
なお「宝石」でローランサンは捕まってるっぽいのでその後に少女と追いかけられるのも赤ローランに復讐するのも不可能かと思われます。
「失敗すれば刑罰 命を懸けた任務」→これはニュアンス的には組織を感じさせますが別にローランサン&イヴェールの共同犯でも成立する文章だと思います。

そういえば「少年は剣を」の裏表紙にはクロニカ様がいますよね。
これは「ごめんね 次は逃げずに 君の傍で共に散ろう」を暗に否定しているのではないでしょうか。
歴史は改竄を赦さない、ですから・・・。

36 名前:綾太郎:2006/11/29(水) 00:10
こんばんわ、初書き込みです。
暗黙の了解だったら申し訳ありませんが、少年の村が襲われた時代は
聖戦と死神の第二楽章・帝国暦元年では、と愚考しました。
歌詞でも「邪教の使徒は根絶やしにしろ」といってますし、奇襲ということもあるので
何が起こったのか分からないのも無理がないかと…
あと少年だけが逃げ延びられたのは、ちょうどその時Alvarez将軍が裏切りその伝令が伝わって
動揺した隙を突いて逃げたのかも…?
何しろ一村人を殺すより、逃げた裏切り者を追うほうが重要ですし…とか思ったり…?
こう考えると急な目標変更で見逃されて、捕まった少女が生きてることを願うばかりです(笑

そして、この年代から聖戦が終わるまで9年位あるので、少年が青年になるのには十分な時間かと…?


以上、説得力に欠けますが乱文失礼しました。

37 名前:ARAQ:2006/11/29(水) 00:29
>yuoさん
二人のLaurencinが同一人物でなくてもある種の「Roman」は語れますよ。
総合考察のほうに自分の「Roman」を載せてみたんで見てみてください。
『緋色』で宝石奪われ説でやってみましたんで。

38 名前:大黒:2006/11/29(水) 00:56
>>35yuoさん
うーん、その説も考えてないわけではないんですけどどういう経路で孤児(?)の少女が殺戮の女王のような高価な宝石を手に入れる事が出来たのかなという疑問にぶつかってしまうんですよ
それなら時系列も整理できるし楽なんですけどね
yuoさんの案を取ると時系列は
緋色の風車

見えざる腕

呪われし宝石
となりますね。このどこでイヴェールと知り合ったのかが興味深いです
それに見えざる腕のPVを見てるとローランサンはいきなり柱の陰から出てきて赤ローランを刺し殺してます
もし宝石を奪われたのならまずどこへやったのかまだ自分で持ってるのか尋問するのではないでしょうか?

39 名前::2006/11/29(水) 15:42
思いつきだけで失礼。
「緋色」「花」「少女」などの単語から「Lost」の「緋色の花」を思い浮かべたのですが・・・
「不意に君の肢体が宙に浮かんだ」=斬りつけられたか、槍で突かれたか弓で射られたか、とにかく攻撃された。
最終的に致命傷とはならずなんとか生き長らえたこの歌の少女が「緋色の花」の少女に繋がる・・・というのは無根拠過ぎか。

40 名前:mont:2006/11/29(水) 17:17
問題の少女の声を抽出してみました。
前半は3音、母音に注意して聞くと「iee」
後半は2音、TやSの発音をするときに出る空気の抜ける音が聞こえる。
「逃げて...タン」と聴こえるのですが、辻褄を合わせて考えると
「タン」ではなく「サン」、更にこの「サン」はローランサンの「サン」なのではないかと。

狂おしい... → 仇の身内により今度は逆に少年が復讐される暗示?
灼けつく刻 → 少年が復讐に燃える日々
凍える瞬間 → 死の瞬間(死因は少年への復讐者によるもの?)

その流れから、少年が今際の時に言った最期の台詞が
「嗚呼〜散ろう・・・」
であると考えれば、辻褄が合うような気がしたり。

抽出音ですが拙かったら消してください
ttp://www8.axfc.net/uploader/16/so/N16_6188.zip.html
Keyword:roman 消去Pass:roman

長々と失礼しました。

41 名前:Yuo:2006/11/29(水) 22:03
>>ARAQさん
総合考察、興味深く読ませていただきました。
理論的な「Roman」ですね(笑)多々辻褄があってると思いました。
ARAQさんの考察を踏まえて、考察を再考しようと思います。
ただ、ARAQさんのローラン風車説でいくと「腕」は大量のローランが揃ったことになりますねww合計四人・・・多くも無いか;;

_   ∩
(†゚∀゚)彡 ローランローラン
  ⊂彡

>>大黒さん
んー、そうですね。
今無理やり捻りだした苦しい考察としては、「宝石」で語られる「狡猾な少女」。彼女の正体ってまだ明かされてませんよね?
これが「緋色」での少女なのではっ!?苦しいです。誰か打破する反論をください(死

PVについては然程考察に入れてません。
ローランサンの復讐に使ってる黒剣を例の剣ではありませんし。第一、少年があんなローランサンに成長したかと思うと嫌過ぎr(ぶんぐしゃ

42 名前:tatsu:2006/11/30(木) 04:59
『見えざる腕』の『アルバレス将軍に続け』の台詞から緋色の風車で行われたのは戦争との説があるようですが、一方的な『聖戦』は愚かな蛮行には違いないと思うのですが『欲望が溢れるままに』というフレーズと戦争はイメージがどうしても合致しません。
よって盗賊団のようなものに襲われたと自分は推察しています。
で、それが赤髪Laurentの憎憎しさが上がっていい感じ(?)です。
ちなみに少女の最後の呟き=少年の名前がローランサンであったとしても、見えざる腕のローランサンと=とは限らないんですよね。
盗賊団まがいのことをしていればたくさんの人に憎まれていておかしくないですし。

また、楯か剣かの問い、狂おしい季節から狂気に走ったとの見方が多数あるのですが、ならば何故彼は『共に散る』ことを望んだんでしょうか。
剣を選んだにしても楯を選んだにしても『散る』というのは敗北・死というイメージがあるのですが彼は結局のところどちらも選ばなかったのでしょうか。
逃げずに打ち勝って、いずれ一緒に散るというには省略のしすぎだと思うのでその場で一緒に殺されようって意志だと思うのですが、だとすれと『少年は剣を取らなかった』と、シングルの意には反してしまうのですが。
これは嘘?

ちなみに流転の意味は
1 移り変わってやむことがないこと。「万物は―する」
2 仏語。六道・四生の迷いの生死を繰り返すこと。生まれ変わり死に変わって迷いの世界をさすらうこと。「―三界中」
2の意味とするなら迷った末の選択という意味ですかね。

ちなみにジャケ絵では夜側にあるにもかかわらずRomanの呟きは紫陽花、生のイメージです。
この食い違いも一つの疑問です。

43 名前::2006/11/30(木) 06:19
攻め込まれた側からすれば相手にどんな理由が在ろうとも「欲望が溢れ出すままに」ととらえるのではないでしょうか。
また、戦争故に(殺戮などの)欲望をむき出しにしたのかもしれません。
かのゲーフェンバウアーも「欲望のまま」に「武器を持たぬ者」を手にかけようとしていますし。

盾か剣かについては力及ばずとも剣を取って「緋色の風車」に挑もう、という意味だととらえていたのですが・・・
「散る」事前提は後ろ向き過ぎなのかなぁ・・・?

44 名前::2006/11/30(木) 19:23
ジャケットを見てて思ったのですが、夜側・『緋色の風車』のイラストにあたるところに
少年と少女以外にも一人、人物が描かれていますよね。
赤い髪のようですし「腕」の赤髪Laurant?(でもどことなく女性にも見えるような…)
やはり赤髪Laurantと考えるのが妥当でしょうか。

45 名前:glare:2006/11/30(木) 20:23
聴いてたらだんだん少女の声が「ローラン…(サン?)っ…」にも
聴こえてきました…。
んー耳鼻科行き?;orz
3通りにも4通りにも聴こえてきて未だにハッキリしません…。

46 名前::2006/12/01(金) 00:45
「緋色の風車」「呪われし宝石」等が同時系列であると仮定した場合
赤髪ローランの蛮行により故郷を失い身内の居なくなった少年が
生きるための方法で「盗賊団に拾わる(た?)」という
選択肢のひとつがあっても自然な流れとも思えます。

「緋色の風車」時の<少年>がどの位の年齢だったのかは不明ですが
戦乱の時代で戦災孤児がくいぶちにありつく方法は限られてそう…

47 名前:大黒:2006/12/01(金) 01:00
>>46庵さん
なるほど、その発想を今まで忘れてました
仮に『天使の彫像』のオーギュストが父親であったとしても少年と呼ばれる年齢で彫像を作っていくのは困難でしょうし
孤児が盗賊団に拾われるのも1つの筋が通ってますね
そして少年は盗賊として時を過ごし赤ローランの居場所を突き止め親の仇を討ったという感じでしょうか
その時点で盗賊団を抜けなかったのは何か事情があったのかな?
それとも呪われし宝石で出てくるHiverお兄様は同じ名前の他人で彼こそ殺戮の女王を世に放つ役目を背負った本物のHiverだったのかも
そう考えると物語が膨らみますね

48 名前:だすとボックス:2006/12/01(金) 20:01
何が起こったのか〜について
上記で白様がのべていますが
私は虐殺だと思っています。
それならば何が〜や
少女が殺され少年が逃げられた理由
欲望の〜の説明がつくかと…。
ただ虐殺の場合戦争が絡んでない場合か
戦争の発端になったものならば
何が起こったのか分からなかったつじつまも合うかと

余談になりますが
私は少年剣の方でずっとそう考えてました。(ぁ
何が襲ったのか分からなかった
は異世界…つまり先に終端の王の手下達が
緋色の少年のいる世界へゲートを開き襲う。
何が襲ったのかは異凝の形をしていたから…
その後少年は騎士団にはいり騎士となり
終端の王を少年(ハクア・ルキウス説の)と共に倒すみたいな
妄想を繰り広げ(以下略)
余談の方が長いのは気のせいです(え

まあサンホラはりょ(伏)の言っていたように
正解…もとい解釈は無限にあるものなので
自分の気に入った答えを選べばよいかと(何まとめてんだよ
この妄想も無数の解釈のうちと言うことで(笑

49 名前:だすとボックス:2006/12/01(金) 20:22
゜凵B←二回も投稿文を消してしまった人
まとめた癖に連投すみません(本当にな

書き忘れた事が…
少女の叫び声(?)について
私も「待って…まt」に聞こえます。
途切れたのはここで殺されたからだと…

それと緋色の風車の少女=緋色の花の少女説に賛同です。
少女は死んだあと森をさ迷い侵入者を殺す(?)
少年に殺された事を「赦さない」と言いながらも
少年を信じて…

それではいろいろと失礼致しました

50 名前::2006/12/01(金) 20:58
逃げて ローラン○ って言ってますね
ローランの後には明らかに1語しか発していないので、
ローラントではないかと思われます。

51 名前:むりゃん:2006/12/01(金) 21:00
はじめまして。少年は剣も盾も選ばなかった説をとる一人です。
少年は、見捨てて逃げた自分を何よりも恨んでいると、私は推測しております。自分の身しか守れない盾よりも、相手を殺す剣よりも、まず、もっと欲しい力があるのではと考えました。
「花」は勇気の象徴ではないでしょうか? 守る盾も、殺す剣も選ばなかったから、「散ろう」と言っているのではないでしょうか。戦いに使う「力」を欲さなかったから。
彼女を守る事が出来なくても、今度は君を見捨てて逃げないから。そんな勇気という「力」を少年は欲したのでは……。
この「風車」の歌は、聴いた瞬間シングルとは切り離さなくては、全体と繋がらないと思ったので(なにせ、これは「剣を〜〜」のシングルではないのですし)剣をとらない選択肢もいいと思っています。
乱文、長文失礼いたしました。

52 名前:中垣内:2006/12/02(土) 01:27
はじめまして、聖戦と緋色の風車は関係ある説を支持する一人です。
ちょっとまとまった考えが出来たのでこの流れなら言える!と思い書き込ませていただきました。
 
 
事実1@貴石の盗賊の片割れの名前はローランサン
事実2@赤髪のローランを殺した男の名前はローランサン
事実3@見えざる腕の風車は赤髪のローランが武器を奮う様子

事実1と2から仮に【宝石のローランサンが腕のローランサン】とする(仮定1)
(ただし今回のアルバムにおいて【ローラン】が多数存在するように、ローランサンも複数居る可能性は捨てきれない)
 
また事実3から緋色の風車とは赤髪のローランのことを示しているとする(仮定2)

事実4@貴石の盗賊の片割れはゲーフェンバウアーである
(ただしこの事実は歌詞に表記されていない耳だけによる曖昧な情報である。また、その声から片割れはジャケットの男性である、との意見も多い。これを事実4’とする)
事実5@聖戦と死神、においてゲーフェンバウアーはベルガの死神の死神であると自称しており、またそれを実行に移した
事実6@ゲーフェンバウアーは聖戦と死神で死んでいる
事実4、5、6から宝石は聖戦以前の出来事だと推測される(仮定3)
仮定1、3より、時間の流れは貴石→聖戦、緋色→腕、貴石→腕である(仮定4)

事実7@アルベルジュの故郷ベルガは聖戦と死神の時点では既に滅びている
事実8@アルベルジュは故郷に大事な女性がいた
事実9@緋色の風車は村(集落?)が滅ぼされる歌でありその中で一人の少女が殺害されている(と思われる)
事実10@見えざる腕は戦乱の落ち着いた後の出来事であり、赤髪のローランはその中で殺されている
事実11@聖戦と死神は戦乱の最中から落ち着くまでに至る歌である

事実9、10、11仮定1、4より時間の流れは貴石→緋色→聖戦→腕である(仮定4’)

事実7、8と事実9の状況は酷似しており、また仮定4’から時系列的にも矛盾はないと言える

以上のことから緋色の風車は聖戦と死神に関わるいくつかの物語の一つであり、
聖戦と死神で殺されたアーベルジュの過去であり走馬灯であると言える
 
 
妄想、長文失礼いたしました

53 名前:ミナミ:2006/12/02(土) 13:24
中垣内さんの考え、私と似ている所が多かったです。私は聖戦との繋がりを特に主張はしていませんでしたが、妄想を始めました。
ただ、私は腕と緋色は同時進行だと考えています。
宝石→緋色→聖戦の流れは私と同じです。
根拠のある文章に自信がないので、多くは語れません。
半分以上同じ考えであることが嬉しかったんです。

54 名前:Yuo:2006/12/02(土) 21:40
ただ今、私見纏め中・・・近日中に長文でお邪魔するかと。

今、気づいたことなんですが。
シングルの緋色とRomnの緋色。多々アレンジが見られるのですが、

「不意に君の体が宙に〜」の後、シングルでは刃SE(刃物が突き刺さるような音)が入りますが、Romanでは布SE(布地を掴むような音)にアレンジされています。
これはストーリーが少女が殺される→連れ去られるに変更された証明ではないでしょうか。・・・まあ、その後に殺されたかどうかは知りませんが。
「少女が殺戮の女王を持っていた説」が否定される場合、何故盗賊団(赤ローラン?)が少女のみを狙い、またその場で殺さず掴みあげるようなことをしたのかの説明が欲しいです。

55 名前:大黒:2006/12/02(土) 22:10
>>51むりゃんさん
はじめまして。私は剣をとった説を支持してます
まず前提として少年=ローランサンがあるという事を理解ください
この考えで行くと緋色の風車が赤ローランである場合ローランサンは異国の酒場で数年後(ここは少年が「男」に変わってるところから時間が経過したと考えます)少女の仇を討ったと思えるからです
『花』というのは幸せな未来の象徴ではないでしょうか
今度生まれ変わった時は二人で幸せな時を過ごし、そして最愛の人に看取られて散ってゆきたい。そんな少年の切ない願望が秘められた歌詞だと思います

>>52中垣内さん
はじめまして
アーベルジュの走馬灯ですか。これは新鮮な説ですね
しかし聖戦と死神や約束の丘でアーベルジュの恋人は生きている事が暗示されてます
これは少女が殺害されるという説とは多少矛盾するのではないでしょうか
また事実4’もHiver説が多く耳コピだけである事からここで事実とするにはやや根拠が弱いと思います

>>54Yuoさん
私見楽しみにしてます
うーん、私にはどっちも布地を掴むような音に聞こえますね
まあ耳で入ってくる情報なので人それぞれ違ってくるかもしれませんが
「少女が殺戮の女王を持っていた説」これについては肯定も否定もしません
ただどういう経緯で少女のもとにたどり着いたのかという説明が欲しいなぁとは思いますが
仮に持ってなかったとして赤ローランは単純に少女を襲うもっと平たく言ってしまえば強姦する目的だったのかもしれませんね
私は戦場での行動原理は詳しくないですが襲撃した村で女をレイプするなんて恐らく珍しくなかったでしょうし

56 名前:こな:2006/12/02(土) 22:31
みなさん布をつかむような音、なんですねー。
私はむしろ矢が刺さったような音に聞こえたんですが。

二人手をつないで逃走中、後ろから放たれた矢に少女が射抜かれ宙を舞った。
少年は倒れた少女を置いて逃げ出した…

みたいなシーンが浮かんだんで。
聖戦の方にもローザが馬に乗った騎士から撃たれる場面があったことですし。

57 名前::2006/12/02(土) 22:39
一応自分は「少女は殺された」(もしくは致命傷に見えるほどの怪我を負った)と思っていますが「少女が殺されない」かつ「殺戮の女王を持っていなかった」場合の理由を考えてみました。
この場合、「少女」そのものに価値が出て来ると思います。
そこから考えてみました。

「少女」は何かやんごとなき家柄のお嬢様だったのではないでしょうか。
それが何らかの(恐らく戦争に関する)理由で地方の村にあずけられていた。
それをかぎつけた敵軍(もしくは何らかの一勢力)が人質などの交渉材料として少女を狙ったと考えました。

もう一つ、「少女」の片親がやはりやんごとなき家柄の出身で、身分の低い相手と駆け落ちして現在の村へ流れ着いた。
親(少女にとっての祖父)は怒り狂ってその存在を探し、我が子をたぶらかした下々の下郎(一緒くた)を皆殺しにして少女だけ連れ帰った、というのも考えましたがそこまでするかなぁ、とも思いました。
この辺りの考えは「天秤」や「葡萄酒」などの影響が出てますね・・・

「少年」についてはどちらの場合も目標である「少女」を確保した後なので「小僧一匹逃がしたところでどうと言うことはない」ということで見逃してもらえたのでしょう。


と、こんな考察を出しては見ましたがやはり自分は「少女」は斬られたという考えです。
あまり良い音源ではないせいか、耳のせいか「布をつかむ音」が良く聞き取れないもので・・・(実は「少女の叫び声」も聞き取れてません・・・)

58 名前::2006/12/02(土) 23:00
ローランの血脈(?)は呪われているのか、
男ローランの妻は高確率で子を産むと同時に死んでいると思われる節がありますね。

「焔」、「天使の彫像」、「黄昏の賢者&11文字の伝言」の子の母親
「星屑の革紐」<二人(父娘)と一匹、母親の描写が無い。この父が「腕」の金髪ローランであると仮定すると上の条件の可能性もある。
…と、これは「緋色の風車」とはまたそれた話ですが〜


「風車」>「腕」のその後、曲には無い妄想話になってしまって申し訳ないのですが
「風車」で(生きていると仮定)連れ去られた少女が、「腕」の赤髪ローランの息子の母親になってしまっていて上の条件にあてはまり産後死亡。

復讐が復讐を呼ぶ負の連鎖で、ローランサンは赤髪ローランによって奪われた大切な少女の息子に復讐されるとか哀しみの浪漫。

59 名前:大黒:2006/12/02(土) 23:29
>>58庵さん
「焔」の母親は生きてるのではないでしょうか
「焔」で送られたのは『小さな棺の揺り篭で目覚めぬ君』で『誰かが綴った此の詩を生まれぬ君』に送ってます
以上の点から「焔」で死んだのは母親ではなく子供のほうと考えられますがいかがでしょう?

60 名前:中垣内:2006/12/02(土) 23:58
>>53ミナミさん
わー、ありがとうございます!
同じような事を考えていた人が居てくれて嬉しいです!
 
>>55大黒さん
翌日見返してみたら断定系を使いまくりで自分で書いておきながら自分で驚きました・・
あ、恋人生きてたんですね!実はメジャー以降にSHを知った身でして
エリ前以前はあまり詳しくなかったりします・・・申し訳ない
ご意見、ありがとうございました!よーしまた妄想だー

61 名前:むりゃん:2006/12/03(日) 00:05
はじめまして大黒さん。私が、剣を取らなかった説をとったのは、『これは、今は繋がらないロマン』ではないかと言う前提があってのことなのです。
私の中では、「少年≠ローランサン」なのです。名前が同じだからと言って、理由があるからと言って同じ人物とは、どうも私には考えづらいのです。腕が不自由だからと言って、このアルバムには、話が繋がっているように感じさせる単語や、言葉が出てきます。ので、逆転の発想。「全部を繋げない」をやると、そういう答えになりました。
あまり、根拠の無い話ですみません。ただ、どうも、人の人生に他人の人生を持ってきているような気がしてならないのです。

62 名前::2006/12/03(日) 00:06
>>59大黒さん
なるほど…読み返してみましたら「焔」は、子供が死産でその棺の前で母親が<詩>を綴っていますね
焔の方の考察がおろそかでしたー

63 名前:Yuo:2006/12/03(日) 00:19
さすが土曜の夜・・・更新が早い。

シングルとRomanの違いはイヤホンで聞くと結構、明確にわかりますよ。
MDやMP3プレイヤーで聞くよりもPCで直接聴いたほうが聴き取り易いようです。
56こなさん が言うようにシングルでは矢らしき音、Romanでは布音+少女の叫び っぽいようです。(メッセで友人達に意見を募った結果ですが・・)

「朝と夜の物語」でラストのほうの叫び声のSEはどの曲のかな、と思ってたら「緋色」だったんですね;;
当方、耳があまりよろしくないです。

64 名前:yomogi:2006/12/03(日) 11:27
激しく流れをぶった切ってしまうんですが、
笑ってこんな妄想もあるのねーっと思ってくだされば幸いです(><;

私は歌詞を見ずにこの曲を聴いた時、
雷神の系譜を思い出しました。
無論、アルバム曲の前後とかをまったく考えてません(爆)


>運命に翻弄される弱者の立場にいた少年は
雷神の少年は生まれつき雷神の力が弱くていじめられてましたよね。

>やがて力を欲するだろう...
彼女は一族で一番力の強い男へ嫁ぐ事は掟だった。

黒の教団が攻めてきた時にも欲しかったのだろうと。

>何が起こったのか よく解らなかった
突然、雷神の力を解き放った少年はそりゃわからないわなぁと(笑)

>泣き叫ぶ狂乱の和音 灼けた屍肉の風味...
敵も味方も関係なく雷が落ちたんだろうと。
雷くらえば焼けるだろうなと。

>此処に居ては危ない
黒の教団は諦めないで報復するだろうし、
味方も関係なくやってしまったらそこには居れませんよね?

>君の手を掴んで逃げた
長の娘さんと逃げたかなぁと(〃▽〃)

>不意に宙に浮かんだ
盗賊かなんかに襲われて、長の娘さんが拉致られて
少年は逃げ出した?

>もし生まれ変わったら
ずっと後悔を抱えたままでいた。


雷神の系譜をみると、
邪心を倒した後って、忘れたって誤魔化してるんですよね。
もし緋色の風車が雷神の系譜の後の話ならば、
そりゃ孫には話せないというか、語りたくない話ではないかなと。

以上、戯言でした(*ノノ)

もう一つ戯言を加えると、
森で抱き合った時妊娠してたら雷神の系譜は途絶えてないなと(爆)

65 名前:yanagi:2006/12/04(月) 09:30
私的考察だと、これはバラッドとルーナの物語ではないかなと思ってもみたり。
友人と考察していて気がつかされたのですが、
詩人バラッドの悲劇では「今は亡き彼女と過ごした日々」とあり、
彼がルーナの恋人であるなら少々妙な文章です。
もしここでバラッドとルーナが離れ離れになった物語であるなら……。
少年が取った「剣」とは、戦乱の弾圧に負けない精神なのかもしれません。

……ロマンです(´¬`) ロマン満々です。自己完結失礼しました。

66 名前:あや:2006/12/04(月) 18:31
こんばんわです。
勝手に私的妄想を綴らせて頂きます。

私は緋色の少年は剣をとったと思います。
だけど中垣内さんの意見にも半分賛成です(何
緋色の少年=腕のローランサンであってもなくてもどっちでもいい考えです(ぇ〜
《宝物》(少女と仮定)を奪われた少年はやはり剣を取り復讐に及んだと思います。
そして「もし生まれ変わったら〜」あたりのくだり、こんな事思う少年が復讐に及ぶだろうか?
と言う疑問に関してなんですが。
狂0105しい《季節》を経て…少年の《時》は流転する…
じまんぐさんの追加された語りが気になったんですが。
少年は憎悪と後悔の念に苛まれ、復讐に及んだ。
そして時は流転し、少年は復讐される立場になったと。  

〜灼けつく《刻》を送って  
〜凍える《瞬間》を迎えて…
で灼けつくような復讐の輪廻の刻を刻み、
やがて少年は凍える=死の瞬間を迎える

その今際の時の想いが「もし生まれ変わったら〜」なのではないでしょうか?
灼けつくような想いに身を焦がして生きていても
やっぱり死ぬ間際には愛しい者への懺悔と言うか自責の念というかの方が強かったんじゃないかなぁと。
まぁここでこの少年の仇を討とうとするものがいないと風車が止まっちゃうんですが・・・
時代背景が似た感じ(?)なので少年=腕のローランサンでも
いい気がするんですが。

今回のアルバムの一つのテーマになっている(?)二つの風車を
復讐と憎悪の応酬・生と死の輪廻と仮定すると
腕のローランサンと関係なくとも、やっぱり少年は復讐に及び
復讐されたんだと思います。。。

67 名前:むりゃん:2006/12/04(月) 20:03
流れを切ってしまって申し訳ありません。
ここで、ちょっと一つ疑問なのですが、少女は少年をどう思っているのでしょうか。
もし、自分を見捨てた愛しい男を恨んでいるならば、彼の復讐が自己満足に見えます。もし、自分を殺した奴を憎んでいるならば、来世で共に生きる幸せも受け取ってくれると思います。が、どうでしょう?
殺されるかもしれない。いや、自分は女だから陵辱の後に殺されるかもしれない。そんな状況を助けて欲しかったのに、見捨てた男を少女はどう思うか。
復讐をとげても、とげなくても、ここを考えると話の見方が変わると思います。
『腕』のローランサンが、少年と私の中で結びつかないのは、少女は少年を恨んでいるのでは、と考えてしまうからです。そういう考えの元で、『腕』のローランサンの去り際の笑い声と、『風車』の「共に散ろう」等の台詞を関連付けると、自己満足に見えてしまうのです。
少女は、彼をどう思っているのでしょうか?

68 名前:大黒:2006/12/05(火) 00:41
>>65yanagiさん
確かにありますね。じゃあルーナってどういう存在なんだろう
私はてっきりルーナがバラッドの恋人だと思ってましたが…あれ?
まあこの話はスレ違いになるのでこの辺で

>>66あやさん
狂0105しい《季節》を経て…少年の《時》は流転する…
私はこの狂0105しいというところに少年が復讐の念をつのらせ赤ローランへの憎悪を蓄えていた時間を感じます
そして赤ローランへの復讐を果たした後少年はどうなったのか
これは歌詞で書かれてない以上推測より想像になってしまいますが
おそらく少女の墓に敵討ちの報告をした後自ら命を絶ったのではないでしょうか
『嗚呼…もし生まれ変わったら 小さな花を咲かせよう…』
『ごめんね…次は逃げずに 君の傍で共に散ろう……』
生まれ変わった来世でこそ幸せの小さな花を咲かせ、お互いいとしい人に看取られて散っていけるように
などと愚考してみましたがどうでしょう

>>67むりゃんさん
うーん、どうなんでしょうねぇ
私は両思いとはいかないまでも憎からずお互いを思いあってたと解釈してますが
その方が腕や最後の共に散ろうとの繋がりが(私の中で)いいので

69 名前: :2006/12/05(火) 04:28
何故06.緋色の風車だけアレンジなんでしょうか…

70 名前:むりゃん:2006/12/05(火) 23:05
>>68大黒さん
思いあっていただけに、少年の裏切りを憎む事にもなり、少年に自分を裏切らせた奴を恨む事にもなり……。見捨てられる前は、お互いに大切な想いがあった、とわたしも思います。見捨てて逃げ出した少年を見た後、彼女は少年をどう思ったのでしょうか……。私にとってはそこが問題です。可愛さあまって憎さ百倍か……、それとも……。
本当に、彼女の思いは少年の解釈を色々にしそうです。

>>69
『風車』だけアレンジなのか。私は『少年は剣を…』の関連の削除したいのでは?というを唱えてみたいと思います。あれは、二つの別世界の物語の中に挟まれています。そのまま全部を関連して持って来ると、純粋なサンホラの世界と齟齬が生じるのでは……。だから、別物として聞いてもらえるようにアレンジを……。
と考えたのですが……。

71 名前:大黒:2006/12/06(水) 00:27
>>70むりゃんさん
難しいですね。まあそう簡単に答えを出させてくれないからサンホラの考察はこんなに楽しく盛り上がれるんですが
『怯え縋るような瞳が←逃げ出した僕の背中に灼きついた』
という一文から推測すると少女は少年の助けを待っていたというか助けてくれるものと思っていたようにも考えられます
この場合少女は逃げ出した少年の事をよくは思わないでしょうね
でもそれだと自分の説が崩壊するのでもう1方の視点から
『怯え縋るような瞳が←逃げ出した僕の背中に灼きついた』
のところにかぶせるように「逃げて・・・???」という台詞が入ります
そこを聞き取ると少女は少年だけは助けたかったように思えます
となると少年が逃げ出せたのを見て少女は一安心(というのも変な言い方ですが)したでしょう
この場合は少女も少年を恨んだり憎んだりする事なく死んでいったと思います
この2つのうちどちらをとるかは…もう聞いてる人に任せるしかないのかも^^;

>>69
エリ組でも前のアルバムに収録されてた『Ark』と『Yield』がアレンジを変えて入ってます
私はCD全体での統一性を図ると同時に前の作品を買ってくれた人も楽しめるようにしようという領主様の遊び心を感じますがどうでしょう

72 名前:むりゃん:2006/12/06(水) 23:57
>>71大黒さん
確かに。「簡単に出ない答え」これがあれから止められません(笑)

私には、「まって、ま……」と聴こえる箇所ですね……。イヤホンを買い換えて、じっくり聴く必要がありますね(『黄昏』の賢者を探す男の足音の前の「ウィーン」は空耳なのかもずっと気になって……(スレ違いすみません))。
けれど、「逃げて」と言われて逃げた後、背中にやきつくほどの視線が来るのですから……。うーん……。
少年に助かって欲しいと思いながらも、本心では助けて欲しかった気もします。複雑な心境かもしれませんね。

73 名前:大黒:2006/12/07(木) 00:25
>>72むりゃんさん
「逃げて」といった後の視線は少年が振り返らずに逃げていけてるかどうかを見届ける視線という事でどうでしょう?
ここで足を止めてしまっては少年まで殺されるので自然と強い視線になったという事で
怯え縋るような瞳というのは捕まえられた後で状況がはっきりと掴めずに混乱した少女の気持ちが出てるのだと思います

74 名前:Inari:2006/12/07(木) 20:36
はじめまして。(この掲示板に書き込むのははじめてです)
>>67むりゃんさん
すごく興味深い意見だと思いました。
そーいえば、大部分が少年の一人称で書かれているけれど、
少女の側の気持ちについては何も言及されていないんですよね。

わたしは、少女は少年を恨んで死んでいったと思います
彼女は怯えきっていて、縋る様な眼で少年を見た。
それなのに彼は自分を置いて逃げてしまった。
何が起こったのかわからないような混乱の中で、
自分の手を掴んでくれ、精神的支柱となってくれた唯一の人が、
いざとなったらその手を自分から放したのだから。

少年にしたら、命は惜しいでしょうから、
卑怯だと分かっていても、そういう風に体が動いてしまったのかもしれません。

だけど少女からすれば、それが自分への裏切りであることには変わらない。
どんなにふたりが好き合っていても、
そのことに関しては赦さなかったと思いますよ。



ところで、もし少年=ローランサンだったとしたら、
そのことも判っていて、復讐に及んだのではないでしょうか。
(因みに自分は、『腕』のローランサン=『風車』の少年≠『少年は剣を…』の少年 と考えています)

彼女が自分を恨んで死んだことに、変わりないことは判っていた。
赦されることなどもう望めない。それでもそうせずにはいられなくなった。
大切なものを(少女の命も、さらには自分を好いてくれていた彼女の気持ちまでも)
失って、残されたのは後悔と自責と、彼女を殺した男への空虚な憎悪。復讐だけだったから。

復讐を遂げ、走り去るローランサンの高笑いはなんだかみじめな笑いに聞こえます
あれは実はとても乾いた笑いで、その後は虚脱状態のまま生涯、
赤毛のローランみたいに飲んだくれてひどい暮らしをしたのかなぁ…とか思ったりもします。

そして死ぬ間際(鳶色の子供に殺される間際?)にも、
まだ彼女を見捨てて逃げたことを悔やんだまま逝く…といいなと思います。
でも心のどこかでは、来世で結ばれることを望みながら。
(“もし生まれ変わったら…”。これだとあんまり図々しいかな;)

えー、ローランサン好きが高じてこうなってしまった妄想半分なんですが(…
そういう解釈をする人もいるんだー、と思っていただければ幸いです。
貴重な書き込みが読めて嬉しかったです。ありがとうございました。

75 名前:大黒:2006/12/07(木) 22:50
>>74Inariさん
はじめまして
うーん、私は少女は少年を恨まずに死んでいった派なのですがどうなのかなぁ
皆さんの考えを見てると恨んで死んでいった派が多いので不安になります
『怯え縋るような瞳』をしていても彼女は少年まで巻き添えにする事は望まなかったのではないでしょうか
はた目には醜い裏切り行為かもしれませんが彼女の中ではしっかりと整理というか覚悟は出来いたと思います
もし少年を恨むような事があればその後でしょう
逃げ出した少年が自分を助けるために救援を連れて戻ってくると思ってたのに二度と姿を現す事はなかった
それが少女には許せなかったのではないかと思います
その後、少年=ローランサンは成長しても自責の念と少女を自分から奪った者達への恨みだけは忘れなかったと思います
そして復讐を果たして彼女の墓前にその事を報告してその後は誰も行方を知らない…
こんなストーリーを考えてみましたがどうでしょう

76 名前:むりゃん:2006/12/07(木) 23:42
>>大黒さん
ああ、自分を心配する気持ちがこもった視線を、自らの罪悪感がゆがめて伝えてしまった、と……。恐怖の只中においてきてしまったのだから、そういうこともありえるでしょうね。
でも、彼女のなかで、自分の運命に対する整理が出来ていたかは、なんとも言いがたい感じです。
うーん。「待って」か、「逃げて」かはっきり聴こえたら……。


>>74Inariさん
私も妄想半分です……。復讐しての高笑いが虚しく聴こえたから、私は、「剣を取らない」を選んだともいえます。剣をとり、復讐を果たしても、少女が少年を恨んでいるのなら、彼の「生まれ変わったら」が酷く自己満足に聴こえて嫌だった、と言う事が妄想の元です。
それなら、「次は勇気を持って、勝てなくても、君の側から離れない」の方が自分的にはカッコよかったのですね……。剣を取ったのなら、『次は逃げずに、共に散ろう』なあたりに違和感を覚えてしまうのです。力を欲し、剣を得たならば、それで戦って守るからでいいのではないのか……、と。ので、武力を欲さなかったというイメージをここに持ちました。
でも、少女の憎しみを分っていて、それでも、って事も確かにありえますね……。

77 名前:あむ:2006/12/08(金) 23:21
この曲と関連がどれほどあるか知らないが3rdのlostにも「緋色の花」って曲があって
そこでは「花」になったらしい少女が「森」に来る兵士を殺していくという話が展開されている
紅玉の笑い=赤い宝石の笑いのような表現もあるから関連性があるようにも取れる

78 名前:Inari:2006/12/09(土) 00:14
>>大黒さん
レスありがとうございます。
少女の気持ちについては、記述がないので想像で書くしかなかった…んですが
(ちなみに私は、彼女の最後の台詞は考察の参考に入れておりません。
人により違って聞こえるようですし、どうやってもはっきりとは聞き取れない仕様みたいなので。)

その説でいくと、少女は少年を恨んでおらず、まず逃げ切ってくれることを願っていたけれど、
少年のほうは多少なり恨まれたと思っている(自責の念を抱いている)ことになるのでしょうか。
(「僕の背中にやき付いた」は彼の、少女に対するうしろめたい感情の表現ということ?)
それはそれで通じそうですね。自分の意見とは別に、概ね同意できます。


>>むりゃんさん
レスありがとうございます。
あっ…自己満足なのは復讐そのものではなくて、「生まれ変わったら」のほうでしたか。
それへの反論は今の所見つからないなぁ。(自分でも「図々しいかなぁ」と書いてしまった通りで。)
復讐に及んだことに関しては>>74で書いた通り、独り善がりと判っていてそうした、と思うんですが。

それに、「盾か、それとも剣か」。この問いに対する答えとして、
「共に散ろう=剣も盾も棄て、せめて君と共に逝こう」 があるのだとしたら、
確かに少年はローランサンではありえなくなりますね…。(あの人はずばり「剣」を引っ提げて出てくるわけなので)
・・・正直、それでも合点がいってしまうような気もしてきました。
「連結なし」という考え方はある意味一番スマートなやりかたに思えます

ただ、自分の中でどうしても引っかかるのは、
そうすると『見えざる腕』の中でのローランサンの位置づけが微妙な感じになることです。
「金髪のローラン」と同じく「赤髪のローラン」を恨んでいた「誰か」ぐらいの扱いで、
「金髪のローラン」を復讐劇の舞台から引き摺り下ろす役割を負っていたに過ぎないのでしょうか。
にも関わらずわざわざ名前がついていたりするのが奇妙で引っかかるんですよ。
やっぱり彼にもそれなりの背景が用意されていたほうが自然な気がするので、
個人的には『腕』のローランサンの正体は風車の少年、と思いたいです。

79 名前:AK:2006/12/09(土) 00:33
「待って」なのか「逃げて」なのか凄い気になるw

少年は一人逃げる時少なからず罪悪感があったから少女の最期を
『怯え縋るような瞳』で「待って…!」と言ってるように聞こえ
少女は少年に生きて欲しかったから最期に
ある種の決意を込めた瞳で「逃げて…!」と言った。

私個人は少女は恨みまでは行かなくてもとても悲しい思いを訴えたんだろうと思うのですが…。

80 名前:大黒:2006/12/09(土) 01:12
>>76むりゃんさん
少年は一種の恐慌状態に陥ってたと考えられますからね
罪悪感と自責の念にさいなまれ加害妄想的なきもちでいてもおかしくないと思います
その結果が少女の視線をゆがめてしまった事に集約されるのではないでしょうか

>>78Inariさん
私も少女の気持ちについては想像を働かせて書いてます
というか一切の記述がないのだから全ては想像の域を出ないんでよね。これいっちゃおしまいですが(笑)
私の少女から少年に対する思いはInariさんので概ね合ってます
少なくとも《宝物》といわれるくらいですからお互いにそれなりの仲だったんでしょうし
「盾か、それとも剣か」の問いかけでは私緋色の少年=見えざる腕のローランサンという立場をとってるので剣を取ったと思います
マキシの時になかった『狂0105しい《季節》を経て…少年の《時》は流転する…』という歌詞。これが鍵を握ってると思います
『狂0105しい』という事は少年は普通の精神状態ではいられなかったと推測されます。恐らく自責の念とともに少女を奪ったものへの憎しみを募らせていったのではないでしょうか
そして見えざる腕で異国の酒場でついに仇である赤ローランを見つけ復讐を果たしたと
『灼けつく《刻》』というのは少年が成長していく中で彼の心を支配する負の感情を現してるのではないでしょうか
そして、『凍える《瞬間》』というのは全てが終わった時、つまり復讐の完了を意味してると思います
その後、見えざる腕に出てくる鳶色の瞳の少年によって殺されるのか自らで命を絶つのか天寿を全うするのかは解りませんが
『嗚呼…もし生まれ変わったら 小さな花を咲かせよう…』
『ごめんね…次は逃げずに 君の傍で共に散ろう』
というのは来世でこそ幸せな暮らしを手に入れようという少年の願望の現われだと思います

81 名前:むりゃん:2006/12/09(土) 20:51
>>78Inariさん
復讐を果たすことも、来世での事を語るのも、憎まれているとしたら、憎まれていると思い込んでいたとしたら、結構自己満足なところがあったように聞こえてしまいます……。
確かに、『風車』でのローランサンの役割は大きいですね。名前が出てきますものね。でも、私は彼に伏兵的印象しか持ち合わせておりませんでした……。隠れている分印象が大きい存在……。
私は、『崩れ落ちた〜〜』から後のそれぞれの名前が出るところで、一種のショックを受けました。理由を上手くかけないのですが、名前が似ているじゃないですか、ローランとローランサン。これでローランサンの名前が、イヴェールだったとして、私は「ああ……!!」とは思えなかったと思います。名前の類似は、「同じ立場の人間がまだ多くいる」、みたいな印象を深くするための技術みたいなものだと思っていました。わたしの中では、違和感は無く……。
このアルバムは全体的にあちこち、「ここで繋がらない!?」みたいな気にさせられてムズムズしますね。『迷わぬように……』歌われれば歌われるほど迷うロマン……。

>>79AKさん
すごく気になりますよね。これ一つで大きく話が変わりそうな……。どっちにとるかで、二通りの世界展開がなされる。ロマンは二つあって、どっちをとるかでゴールが変わるのですかね……。
私も恨んでいなくとも、きっとすごく悲しかったと思います。

>>80大黒さん
『狂0105しい〜〜』の解釈は、私も後悔や自責やらでまともな精神状態でないままでの人生を現していると思います。『流転』は、私は「生から死へと変わる」だと思っています。
生と死のサイクル。苦しみの生、解放の死。『灼けつく《刻》』は「後悔の人生」。『凍える《瞬間》』は死の瞬間、と私は解釈しています。
『嗚呼…もし生まれ変わったら~~』からの言葉が、来世での幸せを誓う言葉として、ずっと引っかかるのは『逃げずに』なのですが……。彼は復讐を行ったか否か……。

82 名前:大黒:2006/12/09(土) 22:28
>>79AKさん
聞く人それぞれで違いますからねぇ…私も気になるところです
でもAKさんの解釈ならどっちにでも対応できますね
もしかして両方に聞こえるようにしたのはそういう少女の気持ちを表現するためだったのかも

>>81むりゃんさん
流転が生と死のサイクルだったとして、もし少年が復讐を果たせないまま死んでいったのだとしたらそこは解放の死ではなく後悔の死になるのではないでしょうか
復讐を果たせていたとしても解放ではなく得る物が何もない虚無の死になってた可能性もありますが
もし死が解放であるなら緋色の少年=ローランサンは復讐をしていたと思います
『逃げずに』というのは今世で逃げてしまった事への謝罪と来世では逃げないという決意の現われだと思います

83 名前:判らない…:2006/12/09(土) 22:33
どうしても、少女の声が聞き取れないどころか、存在すらも
よくわからない。
……もうちょっと、はっきりしてたらなぁ…

84 名前:むりゃん:2006/12/09(土) 23:08
>>82大黒さん
後悔の死でいいと思います。解放は、「生」からです。「後悔」にはかかっていないのです(はっきりしておらずすみません)。
来世で逃げないと誓っていると、私もそう思います。ただ、私はこの言葉に、「やり直したい」みたいな気持ちを取ったのです。

85 名前:大黒:2006/12/10(日) 01:59
>>83判らない…さん
4:13〜4:30あたりで少女の台詞(?)がありますよ

>>84むりゃんさん
苦しみの生からの解放でしたか
それだと復讐が成功したとしても1つの苦しみからは解放されるかもしれませんね
「やり直し」は復讐が成功したとしても成り立つのではないでしょうか
むしろ復讐しないで「やり直し」たとしても何らかの未練が残ると思いますがどうでしょう

86 名前:むりゃん:2006/12/10(日) 13:44
復讐を果たしても、逃げた罪悪感からは逃れられないと思います。
彼の大きな過ちは「彼女を置いて逃げた事」だと私は思っております。わたしは、「逃げた」ことをやり直したいのだと思っています。復讐を果たしても、逃げた限り、逃げたと思い込んでいる限り、なにからも逃れられないと私は思います。これだと、復讐を果たしても、自己満足にもならないかもしれません。だから、「次は逃げない」と言っているのだと思います。
のですが……。

87 名前:大黒:2006/12/10(日) 23:44
>>86むりゃんさん
私も復讐を果たしたからといって罪悪感が消えるとは思ってません
そもそも自分が逃げ出したのが少女が殺された原因みたいなものですから
私も彼女を置き去りにした事は彼の過ちの1つだと思います。そしてその後救援を誰にも求めなかった事も
復讐を成し遂げたからといって時が過去に戻ってもう1度人生をやり直せるわけじゃないですからね
でも自己満足でも彼が精神の均衡を保つためには復讐心というのは必要だったのかもしれませんね

88 名前:TYU:2006/12/13(水) 21:46
こんばんは。
先程、ボーカルの声を消すソフト(Vectorにて入手)でボーカルの声を消した後、音楽をゆっくり聴けるソフト(vectorにて入手)で聴いてみたのですが、やはり私も「待って・・・まっ・・・」と聞こえます。
Vectorで入手したものは、(ソフトの名前なら出していいんでしょうか?だめだったらごめんなさい;)
「Hayaemon」と「DARU/PITCH-SHIFTER!」というものです。
もしよかったら、みなさんも 「DARU/PITCH-SHIFTER!」でボーカルの音声を消してから「Hayaemon」で再生速度を遅くして聴いてみて下さい。

89 名前:レゼン:2006/12/16(土) 18:57
はじめまして。

私には少女の声は「待って・・・助けて・・・」って聞こえました。
『怯え縋るような瞳』で少年に助けを求めたが少年は。。。

だけど少年の事は恨んではいないと思います。
悲しい、とは思ったはずですが。。。

90 名前:コダマ:2006/12/21(木) 03:15
この曲の被害者=ローランサンみたいな説が多いので言いにくいなー…。
自分の中では少年=アルヴァレスであり、惨劇の被害にあった村は彼の故郷Belgaであると考えます。

以下に理由を述べますが多分にクロセカの内容に抵触しますのでまだ聴いてない方はご注意下さい。

 クロセカにおいてアルヴァレスの少年時代が語られているのは"アーベルジュの戦い"と"約束の丘"の2曲です。実際の推移においては"約束の丘"⇒"アーベルジュの戦い"だと思います。
もしかしたら夕日の丘での誓いから間もなく戦いに向かったとも考えられます。
アルヴァレスの故国BelgaはPreuzehnに滅ぼされます。彼の初陣であるハズの故郷を守る戦い、敵Preuzehn軍5千対Belgaの兵士たちとの戦は無惨な敗北に終わったものと考えられるのが妥当でしょう。
Welkenraedtの森に張られた防衛線を破った敵軍はおそらくアルヴァレスの故郷を襲ったハズです。

 アルヴァレスの故郷は老若男女関係なく皆殺し……『緋色の風車』の比喩はその殺戮の行為のみならずそこに在った風車の炎上といった情景にもあるのかもしれません。
戦場で辛うじて生き残ったアルヴァレスはPreuzehn軍が突破した後のWelkenraedtの森を抜け、Charlotteを守ろうと故郷へ戻ったと思います。惨劇の中、運よく再会できた二人はまたWelkenraedtの森へと逃げます。
 戦場というのはやはり通常の判断力、状況把握などが効かないものだと思います。ましてや敗北の衝撃の中、故郷に起きている惨劇なんて認めることさえ難しいでしょう。その惨劇を見てアルヴァレスは「これが果たして人間のなした行為なのか」と疑ったのかもしれません。
Welkenraedtの森へと逃げたのは理由を付けるとするならPreuzehn軍の進攻方向とは違うから安全だと思ったのでしょう。単に一番安心の出来る森へと隠れるのが安全かと思ったのかもしれません。

森の中へと逃げ込んだ2人に起こった結末はお聴きの通りです。
 自分の中では赤髪のローランがCharlotteを奪って去る⇔アルヴァレス逃亡 …なんて救いの無い展開を考えています。
残酷ですが、故郷で起きた惨劇・恋人の喪失という『運命に翻弄された』少年アルヴァレスは世界を憎み呪い、身を寄せたFlandreにて『狂おしい《季節》』を経て『少年の時は流転』し、『より強大な力で全てを平らげる』<銀色の死神>と化す。
アルヴァレスが何故あれ程故郷を求め、Charlotteの影を何処かに見出そうとしていたのかも理解できる気がします。そして"聖戦と死神"のGefenbauerとの因縁に繋がるのだと思います。

歌詞の始めにある『其の宝石』は朱石の首飾りだと思います。アルヴァレスが恋人Charlotteに再会を懸けて送ったその宝石は呪われし宝石だと思います。
この宝石を持つCharlotteを赤ローランがさらうor殺害し宝石を所持する事によって赤ローランは金ローランと戦った戦場でも金ローランの片腕(右腕?)を刈り生き残ることが出来たのかもしれません。呪われし宝石は人々の死を招くものとするならば戦場はうってつけの場ではないでしょうか。
流石に時が経つと赤ローランは見る影も無く朽ちていったようですが。

…というコトでこの曲の個人的解釈は【アルヴァレス将軍の忘れられない過去】です。
 アルバム全体を通して筋が通らない可能性もありますが、この曲単体においてはとりあえずの筋は通ったので投稿しました。
長文失礼しました。

91 名前:ルオン:2006/12/22(金) 13:47
こちらでははじめまして。
曲を聴いていてふと思いついたとこがありましたので、書き込んでみようと思います。

それは《緋色の風車》=少年、《血色の風車》=襲った人物
というものです。
さらに、少年=『腕』のローランサン、襲った人物=『腕』の赤ローラン
としますと、最後の部分は灼けつく剣=黒き剣により、『腕』で赤ローランを殺した少年と、それによって凍える瞬間=死を迎えた赤ローランとも思えました。
他の部分はまったく考慮しない思いつきなのですけど;
皆様の参考になれば幸いです。

>>90 コダマさん
 私もはじめて聴いたとき「この少年はアルヴァレスか!?」と思ったので、なかなか素敵な考察だと、興味深く読ませていただきました。『腕』でアルヴァレスも出てきていることですし・・・馬のいななきなどもあるので、時代としても間違いではなさそうですし。
 上記の意見を述べておきながらなんですが、私個人としてはコダマさんの考察が気に入りましたw聖戦と死神が好きだからというのもありますけれど…
 朱石=「殺戮の女王」と考えれば、悲劇の関連も理解できる気がしますし、『約束の丘』で「誓った」くらいですから「一番大切なもの=シャルロッテ本人であり、または宝石を証とした絆」なのかも知れないですし……
 シャルロッテが連れ去られたとき、アルヴァレスが逃げた、というのは確かに救いの無い展開ですけど、そのほうが逆に現実としてはありえる展開のように感じました。そして、だからこそ、復讐に奔ったり、シャルロッテに固執するのでしょう。
 悲劇の現実味、Romanのほかの曲にいくらかクロセカっぽい雰囲気があること、『殺戮の女王』に当たるものの存在、アルヴァレスから赤ローランなどへの悲劇の連鎖を考えると、かなりありえそうな考察に思えました。
 ひとつ気になるのは、どうやってシャルロッテの手に朱石が渡ったのか、ということなんですが、もし彼女がRomanの中でよく出てくるローランの苗字を持っていたりするならなんだか納得できそうな気がします(ローランの家系と殺戮の女王は呪いで結びついていると、私は考えているので…)。

92 名前:大黒:2006/12/22(金) 22:09
>>90コダマさん
初めまして
緋色の少年=アルヴァレス説、興味深く読ませていただきました
私は『約束の丘』と『アーベルジュの戦い』は少年時代の歌ではないと思ってます
まず、『約束の丘』では
「何があろうと僕は必ず 君の元へ帰って来るよ」
と歌ってるところからこれは戦場へ赴く前の歌であると推測出来ます。恐らくですがここから『聖戦と死神』に繋がっていくのではないでしょうか
そして『アーベルジュの戦い』では
『幼き日の思い出よ』
とあるように少年時代の歌というよりも英雄アーベルジュの少年時代〜英雄と呼ばれるまでの回想の歌ではないでしょうか
『緋色の風車』の『其の宝石』というのはその前で歌われてるのが硝子細工であるところから繊細な、とても壊れやすい何かを象徴していると思います
例えば少年と少女の幸せな時間のような…
それに朱石の首飾りが殺戮の女王であるとの考えですが
『呪われし宝石』の歌詞中に
『特典は予約済みの鬼籍』とあるように手にした者は例外なく殺されていると推測されます
コダマさんは朱石の首飾りを持っていたシャルロッテは殺されたと考えてるようですが
それを奪った赤ローランは逆に殺戮の女王に守られて片手だけで済んだと考えてるように見受けられます
それでは『予約済みの鬼籍』に入る事にはならず矛盾が生じてくると思います
そう考えるとこの曲はアーベルジュではなく無力な少年が大事な人を奪われ己の無力さを痛感し『狂0105しい《季節》を経て』復讐心を募らせていく歌だと思います
なんだか救いも何もない解釈ですが殺戮の女王が絡んでるとしたらこのくらいでちょうどいい気がします

>>91ルオンさん
《緋色の風車》=少年、《血色の風車》=襲った人物という見方は面白いですね
そうなると後半の
『灼けつく《刻》』と『凍える《瞬間》』はどう解釈しましょう?
『聖戦と死神』と『緋色の風車』、『見えざる腕』がほぼ同じ時系列にあるというのは同意です。そうでないと『見えざる腕』の「アルヴァレス将軍に続けー!」の説明がつきませんから
『約束の丘』の解釈は前述の通りなのでここでは置きます
ただ仮に『緋色の風車』がアーベルジュの曲だったとして復讐に奔るなら何も帝国の騎士団に入らず自分1人で赤ローランを探したほうが効率もいいし束縛も少ないと思うのですがどうでしょう
私は世界観的には繋がってても主要な登場人物の過去を歌った歌はないという考えです
お2方の意見に色々と反論しましたが参考の一助になれば幸いです

93 名前:ルオン:2006/12/23(土) 19:58
>>92大黒さん >>90コダマさん
少年=アルヴァレス説ですが。
個人的には指示したい気分いっぱいなんですけど、考え直したら、どうも生まれる私の中の矛盾が在りました。
それは「朱石に誓ったアルヴァレスは少年じゃない」ということです。
『約束の丘』の中で「帰ってくる」という表現があることから、彼はどこかに行くようです。それは恐らく騎士隊に所属するためとかそういうことで、そのまま彼は帰ってこられない、もしくは帰ってきたとしても目の前でシャルロッテが殺される、などなどが待ち受けているんでしょう。つまり、『風車』の少年と、アルヴァレスが朱石に誓ったことを考えると時間がいまいち整合しないんですよね……残念ながら……。
硝子細工とかに関しては、大黒さんとほぼ同じ考えに至るかなぁと思います。
『緋色=少年』『血色=襲撃者』だとして。
『灼けつく《刻》』に関しては『刻』というのは「刻む」ともよめ、切刻むことを指すと考えれば、少年=ローランサンなら、彼は『腕』で襲撃者=赤ローランだとすれば、彼を刺しています。刻むとは違いますが;もしくは、《刻》は「刻一刻と変化する」というような言葉に使われる時間を表す言葉ですから、赤ローランに出会い、灼けつくほどに復讐したい衝動に駆られる瞬間(変化する刻)を迎えたローランサンというなら、ぴったりな言葉だとも思えます。
『凍える《瞬間》』に関しては、時間が凍える、止まる、つまり死を表していると思いました。なら、まさしく、ローランサンに刺されて赤ローランは時間が凍える瞬間を迎えているように思うのです。
もし、アーベルジュが少年だったとして困る解釈が此処にもあるんですが、『腕』が聖戦の後のローランたちの歌だとするならば、この頃、アーベルジュは死んでいるかすでにブリタニアにいて、ローザの元で「復讐を繰り返さない」って教えられて過ごしている気がするというのもあるんですよね。
『刻』『瞬間』に関してはこんな解釈でいかがでしょう?

94 名前:匿名:2006/12/23(土) 22:12
ものすごく関係ない話なのですが…

『DANCE MASTER 〜踊るムーランルージュ笑店街〜』

というタイトルの映画があるそうです。
踊るムーランルージュって……
関係あるのか!?
あったらイヤだな。

95 名前:大黒:2006/12/23(土) 22:20
>>93ルオンさん
私も「朱石に誓ったアルヴァレスは少年じゃない」という考えですよ
そう書いたつもりだったけど言葉が足りなかったかな?
『灼けつく《刻》』と『凍える《瞬間》』の解釈はいいですね。私も同意したいと思います

あと、>>90のコダマさんへの追加レス
腕を切り落とされた後、赤ローランは確かにローランサンに殺されてるのでこれをもって『予約済みの鬼籍』に入ったと考える事が出来るかもしれません
しかし、具体的な時間は解りませんが赤ローランが殺戮の女王を奪ってから結構な時間が経ってると思われるのでやはり殺戮の女王の呪いによって殺されたと考えるには苦しいのではないでしょうか

96 名前:ルオン:2006/12/23(土) 23:59
>>95 大黒さん
いえ〜大黒さんの表現で解りましたよ。ただ、私としても考えを一度書きまとめておきたかっただけですので〜。
《刻》《瞬間》の解釈、同意していただけた様で何よりです。

97 名前:コダマ:2006/12/26(火) 03:34
まず最初に。
>>94 匿名さん
ムーランルージュというのはフランス語で「赤色の風車」という意味だそうです。ルージュが多分赤色、ひいては緋色なのかな?
近年では映画の題名にもなりましたし。まぁ直接的な関係は無いので安心してください(笑)

>>91 >>93 ルオンさん >>92 >>95 大黒さん
一時でも共感して頂いて光栄です(笑) もちろん、仰られている通り矛盾が生じるところも多々ある訳です。
果たしてシャルロッテと誓いを交わしたアルヴァレスは少年ではないのか?
これに関しては、歌詞における表現のとらえ方の違いになります。…ここからはまたしてもクロセカメインになってしまいます。ご注意をば(一応告知)
 どうしてもこの説を立てるとクロセカが必要なのです…。く…『Chronicle2nd』まだ発売してましたよ!(実はロマ以後に買いました)

歌詞カードをお持ち下さい(何だこれ)
まず、『アーベルジュの戦い』にある"最初の惨劇"…自分はこれをアルヴァレスの祖国の崩壊でなく彼の故郷の崩壊と考えています。
確かにこの歌は英雄アーベルジュの少年時代〜英雄と呼ばれるまでの回想の歌なんですけど、この"最初の惨劇"というフレーズ以降でアーベルジュの過去へ展開すると考えました。
「若者よ臆するな〜」の言葉通りアルヴァレスはこの時はまだ将軍ではないと受け取れます。ただ、青年なのか少年なのかわからない訳です。
大辞林というか辞書的には、日本の少年法で行けば満20歳未満の者であり一般には15,6歳までが当てはまるようです。辞書をカサに取れば昔は15,6の年頃の男子も戦場に送り出さねばならない時代もあったのですからギリギリ無理はないハズです。
ゆえに、最初の惨劇=アルヴァレスの初陣と考えても大丈夫だと思います。

歌詞表現のとらえ方の何処に違いが出るかというと、"幼き日の思い出よ〜戦場へ"の所でしょうか。この台詞をアーベルジュが戦場に向かっていく場面と考えるか、また新兵であるアルヴァレスが戦場へ向かう姿と考えるか、もしくは別の何かと考えるかで矛盾の生まれ具合が違うと思います。
自分は『少年は戦場へ向かった』と考えたわけです。『少年は(成長し騎士となって)戦場へ向かった』ではありません。

"最初の惨劇"・"若者よ臆するな〜食い止めろ"からの途方もない類推(妄想ともいう)ですが、アルヴァレスは騎士としての将来がありつつも15,6歳の頃に"故郷"がプロイツェン軍の侵攻を受け、それを守るための戦いに止む無く駆り出されたのではないかと考えたのです。
故郷、ひいては祖国を守るためその故郷で集められるだけの兵をかき集めての戦いに。で、戦いの前である夕刻にアルヴァレスはシャルロッテに戦いからの帰還を夕陽の下に誓います。アルヴァレスが持つ朱石の首飾りをシャルロッテに架けて。
泣き虫だった少年は約束を交わし恋人と故郷を守るという戦士としての誇り 信念を胸に故郷を守るための戦い…迫り来る5千の敵軍をWelkenraedtの森で迎え撃つ戦いに向うわけです。
結果は、先述の通りです。
※参考に各所の位置イメージを…。 プロイツェン軍→Welkenraedtの森←ベルガ軍(アルヴァレス含)⇔アルヴァレスの故郷(シャルロッテ含)

以降は変更点と細かいフレーズの解釈。

変更点で言えば、『緋色の風車』における"加害者"ですが、自分は誰でもよかったんです。ただ、書き込みの段階では赤ローランだと思ったわけで。そうですね、違いますかね。
…赤ローランの父かもしれない(離れろ)ゲーフェンバウアーの父かもしれない…そうか!(オイー…)
騒乱以後存在が不明になる朱石ですが、プロイツェン軍の戦利品として各地を転々としたのかもしれません。まぁただ朱石≠呪われし宝石かもしれませんし宙に浮きますね、この話。

"其の宝石"=一番大切な<<宝物>>だと思います。弱者である少年の小さな掌には連れ出した繊細な少女の手が乗せられていたのだと思います。

…というコトで少年=アルヴァレス説やってきたんですけど確証もないし矛盾も無い訳ではない(助けて…の台詞次第によっては水泡に帰す,宝石が殺戮の女王だと結構アルバム全体の筋は通るんだけどこの説が浮く)ので、一旦皆さんの心の中に留めておかれまして少年=ローランサン?説の方も考えていきたいと思います。
それぞれ『Roman』の解答篇が発売されない限り確証はなく可能性の域を出ないので色んな想像をしていきたいと思います。

98 名前:葉橋:2006/12/27(水) 21:31
はじめまして。私の考察は少し皆さんの物とは違うようでして・・・;;

私は聖戦ではなく黒の囁きや黒の魔獣に目を向けてみました。
クロニカが言っている「彼」と「彼女」はルキアの親のルキウスとイリアだと解釈しています。
「反逆者」「逃亡者」とノアに言われていたものですから、黒の教団を出て行ったのだと思います。
他にも、逃げ出そうと思った仲間が何人かいたのじゃないでしょうか?
逃げ出そうと言い始めたのがルキウスだとし、手を引いた大切な人はイリア。
逃げた途中に『風車』があり、そこで黒の教団に追いつかれて「殺される」or「連れ戻される」。
森に逃げ込んだ二人でしたが、イリアだけが黒の教団に捕獲させれてしまうとします。
ルキウスは逃げてしまうとします。
ちょっとお話が変わってしまいますが・・・
その時、イリアには、もうお腹にルキアを授かっていて動きにくい状態だとしたら掴まりやすいと思います。
教団に戻されルキアを産むとします。(ここで「11文字の伝言」につながったりしそうです。
「物心ついた時 母は既にいなかった」
11文字の伝言につながるとしたら、「愚かな母の最期の願い」といって死んでしまうとしたら、
ルキアが産まれてから死んでしまうという事で当てはまります。
「生まれてくる前に 父も既にいなかった」
ルキウスがルキアが産まれてくる前に逃げてしまったわけですから、いるわけがありません。
そして、ルキアも黒の教団から出て行ってしまおうとします。
ここで、「11文字の伝言」の「どんな苦難が訪れても立ち向かいなさい」。
偶然なのか、ルキアはノア・黒の魔獣に立ち向かいます。

話がずれてしまってスイマセン;;無理やりですが、こんな事も考えられないかなと思っています。
妄想長文失礼しました。

99 名前:コダマ:2006/12/28(木) 17:28
>>98 葉橋さん
裏切り者の追手に黒の教団が…!!怖い怖い。馬に乗ってくるんですよ!?(KKKみたいだ)
想像すると凄いんですけど。…そうですね、クロセカとしては在り得るとおもいます。
以下、クロセカちょっと入ります。

確認事項…ルキウス:反逆者 イリア:逃亡者 2人はルキアの両親、ですよね?
反逆者として仲間とともに立ち上がったルキウスが失敗し逃亡した果てでの物語でしたら何となく解るような気がします。
黒の教団に連れ戻され失意のうちに亡くなったイリアが産まれてくる子に最後の願いを託したというのも有りだと思います。
クロニカが言っている「彼」と「彼女」が2人の事だとしてもそれは解釈の一つだと思います。
こじつければ"キミが生まれてくる世界"もイリアの記憶なのかもしれませんし。

ただ、『Roman』およびこの曲自体にはちょっと繋がらないと思います。
確かに葉橋さんの想像をかき立てるような場面は挿入されているのですが、この曲の主役となるのはある"少年"です。
もちろん基本道徳の問題を抜きにしてしまえば在り…なのでしょう。(金八先生やら先日までやってたドラマ然り)
しかしこの少年がルキウスだとして彼を『運命に翻弄される弱者』と例えるでしょうか。
"翻弄"というよりかは、やはりノアに言われたように"反逆"といった言葉が当てはまると思います。
 また曲の半ばで"何が起こったのかよく解らなかった"というフレーズがありますが、想像だに出来ない奇襲か…
理由が不明な奇襲のどちらかの場合に発せられるフレーズです。
前者ならまだ納得はいきますが、後者であれば解らない筈が無いだろうと言う所でしょう…彼は襲撃を受けるに足る反逆を犯したのですから。
その次の"何が襲ったのか〜"という台詞で後者である事が決定づけられますから、これは何を錯乱しているんだってコトになりませんか?

他の繋がらない理由として、少年が『風車』での過去を経て『力』を欲し何処かへ向かうという点です。
彼の人生はここが終着点ではなく、まだこの先へと繋がっていくような描写がされていることから、
やはり反逆者としてその人生を終えたルキウスとこの少年は別人ではないかと思います。

考えうる事項なのですが違うのかなーと思ってしまいました。
でも、クロセカに灯される詩なのだろうという事は同意です!

100 名前:naga:2007/01/03(水) 00:00
>>98
追っ手が黒の教団員で、少年がルキウス
この可能性は正直言ってかなり低いと思います

まず少年がルキウスでない理由ですが、"奴ら"の襲撃に対し
「何が起こっているのかよく判らない」といっている点
少年が逃亡者であるなら当然追っ手の事も考慮するはずで、最初にその可能性を考えるはずです

次に追っ手が黒の教団員でない理由
"奴ら"は「欲望があふれるままに追ってくる」点です
預言書のために自らの命も世界も投げ出す教団員だとしたら逆に欲望などは無いはずです

134KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50 read.htmlに切り替える

名前: E-mail(省略可)

img0ch(CGI)/3.1